情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

ヤマハルーターとLinux DNSを組み合わせた構築事例

2013-04-29 15:26:59 | ヤマハルータ
匠技術研究所
ヤマハルーターとLinux DNSを組み合わせた構築事例


こんにちは。匠技術研究所の谷山 亮治です。
匠技術研究所では、ヤマハルーター(他メーカーからの類似製品を含む)とLinuxを組み合わせてネットワークや、システムを構築しています。この写真の下段はNTTブランドのN1200をNTT東日本様が設置し、インターネットVPNを張ったものを、お客様のご希望で設定変更をしています。上段のヤマハRTX810は、一時的にデフォルトゲートウエイと仮設DNSとして設定しています。



左側のShuttle製PCは、弊社が持ち込んだLinux/SSDのDNSサーバーで、RTX810の仮DNSを移します。DNSのホスティングも提案したのですが、内部に設置することになりました。これまで利用していたフルサイズのタワー型DNS(Windows)は廃止し、このコンパクトなAtomベースのエコLinuxサーバーでの稼働になります。



匠技術研究所ではヤマハルーターの設定セミナーを開催しています。最新の情報を交えた設定技術セミナーです。
近日更新予定:ヤマハルーターRTX810自力でVPNセミナーのご案内
ヤマハルーターRTX810を使って自力でVPNを構築する方向けのセミナーです。2013年5月より内容を刷新しての開催となります。詳細は今しばらくお待ちください。セミナー後の個別相談も好評です!

匠技術研究所お問い合わせフォーム

ヤマハルーターで挑戦 企業ネットをじぶんで作ろう
谷山 亮治
日経BP社



「伝わる君 携帯会議」導入前お試しできます

企業・団体のオープンソース活用のご相談はこちら
匠技術研究所はこちら

RTXVPN「どこでもネット!」へ
OpenOffice.orgをダウンロードMozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

コメント   この記事についてブログを書く
« 4月28日(日)のつぶやき | トップ | モバイルPCを「休止」「スリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヤマハルータ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事