情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

「伝わる君050」でIP電話050外線直通iPad、iPod touchを開通

2012-02-20 23:50:11 | 通信ネットワーク
匠技術研究所
「伝わる君050」でIP電話050外線直通iPad、iPod touchを開通


こんにちは。匠技術研究所の谷山亮治です。
「伝わる君」という電話会議や伝言システムを提供していますが「伝わる君050モバイル」というモバイル電話サービスを使って、Wi-Fi版iPadとiPod touchに050電話番号を付け、電話にしました。

この050電話は普通のIP電話なので、外線発信も、外線からの着信も可能です。加えて、Fusion IP Phoneを基盤として使っているので、Fusion IP Phoneの無料通話対象050との通話は無料です。即ち、写真の2台間の通話は無料でできます。

このiPod,iPad touchは部屋の中のWi-Fiを経由してインターネットにつながっており、弊社のIP電話交換機を経由して通話します。弊社のIP電話交換機の利用料は月額300円(税抜)/番号。Fusion IP Phoneの利用料は最初の1番号は月額380円(税抜)、追加番号は100円(税抜)/番号からです。別途通話料金はFusion IP Phoneの料金設定に基づき請求されます。iPod touch/iPadにはIP電話クライアントアプリが必要です。登録手数料は3,000円(税抜)/番号です。

前回は、固定電話でしたが、このようにモバイル端末も050IP電話にすることができます。企業用途として提供を予定しています。

■設置した「伝わる君050モバイル」2台
左はiPad、右はiPod touch。共にWi-Fi版です。Wi-Fiさえあれば、050電話になります。一般的なヘッドフォンマイクやBluetoothヘッドフォンマイクを使えばとても明瞭な電話になりますし、本体のスピーカーとマイクを使えば、ハンズフリー電話や会議電話として使うことができます。尚、会議電話には大きな音がでるiPadの方が適しています。


(*)インターネット接続はベストエフォートサービスなので、充分な音声品質を確保するには光回線等、高速な接続回線をご利用ください。

引き続き「伝わる君050」の特徴を紹介していきます。


このブログの「伝わる君050」に関する記事
公衆無線LANとモバイル無線LAN(Wi-Fi)はどちらを選ぶか(1)
公衆無線LANとモバイル無線LAN(Wi-Fi)はどちらを選ぶか(2)
このブログの「モバイル」を含む記事一覧
このブログの「Xi」を含む記事一覧
このブログの「RTX810」を含む記事一覧

匠技術研究所お問い合わせフォーム



ヤマハルーターRTX810自力でVPNセミナーのご案内
ヤマハルーター新製品RTX810を使って自力でVPNを構築する方向けのセミナーです。直近では2012年3月9日(金)に開講します!。

ヤマハルーターで挑戦 企業ネットをじぶんで作ろう
谷山 亮治
日経BP社



「伝わる君 携帯会議」導入前お試しできます


企業・団体のオープンソース活用のご相談はこちら
匠技術研究所はこちら

RTXVPN「どこでもネット!」へ
OpenOffice.orgをダウンロードMozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

コメント   この記事についてブログを書く
« Windowsデスクトップのサポー... | トップ | 2月20日(月)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

通信ネットワーク」カテゴリの最新記事