情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Linux/Ubuntu 18.04 LTSにWindows/PowerShellをインストール

2019-12-01 14:22:41 | 中小企業のIT戦略
いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山亮治です。
今日のお題は「Linux/Ubuntu 18.04 LTSにWindows/PowerShellをインストール」です。

PowerShellスクリプト開発を楽しんでいます。お客様のシステムとして実装中です。
PowerShellは、Windows発祥のShellで、現代的なScripting言語を備えます。Windows環境のみならず、macOSとLinuxでも使うことができます。
私の場合は、Linux上のPowerShellで概ねコーディングし、Windows上で微調整の上実装するようにしています。

Linux上でコーディングといっても、エディタはVS Codeを使い、Mocrosoft社が提供するPowerShellアドオンをインストールして開発するので、ほとんど相似の環境です。

Linux上でコーディングする場合は、Windows固有のコマンドレットを使うことが自然と制限され、移植できるコードになります。経験上、複数の環境で動くコードは、移植の段階で不具合が洗い出され、より良いコードになりますね。

■Ubuntu 18.04 LTSにPowerShellをインストール
手順通りですんなりインストールできます。

$ wget -q https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/packages-microsoft-prod.deb
$ sudo dpkg -i packages-microsoft-prod.deb
$ sudo apt-get update
$ sudo add-apt-repository universe
$ sudo apt-get install -y powershell
$ pwsh



コメント   この記事についてブログを書く
« Linux/wipefsでHDD/SDD等DISK... | トップ | Windows/PowerShellにはopens... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中小企業のIT戦略」カテゴリの最新記事