情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Linux Mint 16 Petra Xfceのマルチメディア向けのチューニング-方針

2014-02-08 17:26:34 | Linux日本語デスクトップ
匠技術研究所
Linux Mint 16 Petra Xfceのマルチメディア向けのチューニング-方針


こんにちは。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今日は、使い始めたLinux Mint 16 Petra Xfceのマルチメディア向けのチューニングを行います。

日常の仕事のデスクトップPCとしてLinux Mint 16 Petra Xfceを使い始めました。快調に使っていますが、日常視聴するYutube等の描画の最適化と音声再生の最適化を行います。

デフォルトの状態ですが、これまでのLinux日本語デスクトップPCに比べ、この度使い始めたPCの方がハードウエア性能が向上しているので、チューニングなしでも良好に動いています。

方針としては、以下の2つのことを行います。

1)ビデオカードのドライバを変更する
Linux Mint 16に関わらず、Linuxデスクトップをインストールした後にビデオカードに適したLinuxのドライバーを適用します。ディスプレイの描画速度など描画性能が最適化されます。この作業は、マルチメディア化に限らず、必ず行ったほうが良いです。



2)Linuxカーネルをlow-latency版に変更する
Linuxカーネルは目的に応じて、いくつかの種類があります。マルチメディアの再生には、low-latency Kernelに変更することで、応答性が良くなります。画質の変化、音質の変化を体感できることがあります。

■主なハードウエア仕様
CPU:Intel(R) Core(TM) i5 CPU 670 @3.47GHz
RAM:12G
SSD:128G
ビデオカード: G94GL [Quadro FX 1800] / NVIDIA Corporation


コメント   この記事についてブログを書く
« 2月6日(木)のつぶやき | トップ | 2月8日(土)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux日本語デスクトップ」カテゴリの最新記事