情報技術の四方山話

ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Ubuntu Server 16.04 LTSのインストール直後の状態

2016-05-27 06:31:24 | Linux
匠技術研究所
Ubuntu Server 16.04 LTSのインストール直後の状態


いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
Linuxを使って様々なデバイスを作っています。今回は2016年4月にリリースされた、Ubuntu Server 16.04 LTSの起動直後の様子です。ハードウエアにはIntel NUCを使っています。

■Intel NUCへのインストール
最近の機種と最新のOSの組み合わせだからでしょうか、すんなりインストールできました。
Ubuntu上でインストール用USB作成アプリで、Boot可能なUSBメモリを作り、それからのインストールです。

■OSの情報
$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description: Ubuntu 16.04 LTS
Release: 16.04
Codename: xenial

$ uname -a
Linux itun01 4.4.0-22-generic #40-Ubuntu SMP Thu May 12 22:03:46 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

■メモリーの消費量
僅か73Mです!これはアプリケーションがほとんど動いていない状態です。
比較に、OSをアップデートした直後の状態を見ると、約30M増えています。
デスクトップ系Ubuntuの起動直後では、300M程度使います。それに比べると充分に少ないことが判ります。
RAMを8G実装し、SWAP無し稼働を期待しています。

■■起動直後
$ free
total used free shared buff/cache available
Mem: 8093888 73376 7848080 9300 172432 7954200
Swap: 1872892 0 1872892

■■アップデート完了直後
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade -y
$ sudo apt-get install nano screen
$ free
total used free shared buff/cache available
Mem: 8093892 110324 6940836 9352 1042732 7903808
Swap: 1872892 0 1872892

■システムに必要なディスク領域
このシステムはコンパクトなLinuxサーバーなので8GのSSDです。
その上に手動でパーティションを切り、ファイルシステムをXFSにして起動しています。
システム領域は5G弱です。スワップ領域は別に2G弱あります。
データー領域は外付けのUSB3-SSDを使います。

■■OS領域
$ df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
udev 4027952 0 4027952 0% /dev
tmpfs 809392 9196 800196 2% /run
/dev/sda1 5848064 1824356 4023708 32% /
tmpfs 4046944 0 4046944 0% /dev/shm
tmpfs 5120 0 5120 0% /run/lock
tmpfs 4046944 0 4046944 0% /sys/fs/cgroup
tmpfs 809392 0 809392 0% /run/user/1000

■■swap領域
$ cat /proc/swaps
Filename Type Size Used Priority
/dev/sda2 partition 1872892 0 -1

『サーバー』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 5月25日(水)のつぶやき | トップ | ZFS on Ubuntu 16.04 LTSがリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事