情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Raspberry Piの基本ソフトの種類を知る

2015-04-09 23:36:06 | オープンソース
匠技術研究所
いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今回は「Raspberry Piの基本ソフトの種類を知る」です。


私のRaspberry PiはRaspbianで動いています。Raspberry Piの公式配布OSは以下の通りです。

■公式パッケージ
1.RASPBIAN
Linux/Debianを移植したものです。

■非公式パッケージ
非公式パッケージはまだ使ったことがありません。が、いろいろとあります。以下は、公式ページで案内されているものですが、ほかにもあるはずです。

●Linux
SNAPPY UBUNTU CORE
OPENELEC(Open Embedded Linux Entertainment Centre)
OSMC(Open Source Media Centre)
PIDORA(Fedora Remix)

●非Linux
RISC OS

RISC OSの名前を聞いたことがあったので、改めて検索してみました。80年代からARM CPU上で使われていたRISC OSをRaspberry Piにポーティングしたものです。もともと資源の少ない歴史的なARM PC環境用の基本ソフトですから、現在のLinuxでも実現している、マルチタスク、マルチスレッド型ではなく、それ以前のアーキテクチャです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 4月7日(火)のつぶやき | トップ | 4月9日(木)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オープンソース」カテゴリの最新記事