情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

ブラウザの表示内容をアドオン無しでXPS/PDF(電子ペーパー)で保管する(1)

2012-04-05 07:08:22 | 中小企業のIT戦略
匠技術研究所
ブラウザの表示内容をアドオン無しでXPS/PDF(電子ペーパー)で保管する(1)


こんにちは。匠技術研究所の谷山亮治です。
ブラウザの表示内容の保存にスクリーンキャプチャ(ショット)機能を利用の方も多いと思います。スクリーンキャプチャは画像ファイルが生成されるので、文字データーは消えてしまいます。文字も画像として見えているだけです。また、ブラウザの見えない範囲を含めてキャプチャするには、ブラウザ画面キャプチャ用のアドオン機能をブラウザにインストールして使う必要があります。これがまた、いろいろなアドオンがあるので、どれを選ぶべきか迷います。またブラウザの製品毎に違いがでるので、操作の一貫性はありません。しかしながら、ちゃんとキャプチャできると全ての情報が残ります。

ブラウザにスクリーンキャプチャアドオンをインストールしていない場合でも、ブラウザの内容を電子ペーパー的に保存できると便利です。ブラウザが表示している内容を、PDFファイルに変換できればことは済みます。Office 2010ではPDFファイルへの出力機能がついたのでとても便利になりました。同じようにブラウザからPDFで表示内容を保存できればとても便利ですし、文字データーを失わないので、検索ができるようになります。

ブラウザの表示内容をPDFファイルで出力するアドオンは様々あるようですが、私は使ったことがありません。私の場合、パソコンを何台も使うので環境を揃えることが難しいのです。

Windows 7にはプリンタとして「Microsoft XPS Document Writer」がインストールされています。「こりゃ何だ?」と思う方がほとんどでしょう。要は電子ペーパーの配布フォーマットAdobe PDFと同様の考え方でMicrosoftが開発した電子パーパーです。Microsoft XPSはMicrosoftが提唱して公的な機関から規格として認定された電子文書フォーマットで、いろいろなプラットフォーム上で同じ表現ができるようになります。電子文書の仕様は公開されているので、だれでも互換性のあるソフトを作ることができます。

WindowsではXPSプリンタでXPSファイルを生成するので、ブラウザの内容をXPSファイルに出力(印刷)することにしました。操作はブラウザの印刷機能で先のXPSプリンターを選ぶだけです。とても簡単。XPSもPDFも目的は同じですから、相互に変換することもできる可能性大です。

次回に続きます。



このブログの「Chrome」に関する記事
公衆無線LANとモバイル無線LAN(Wi-Fi)はどちらを選ぶか(1)
公衆無線LANとモバイル無線LAN(Wi-Fi)はどちらを選ぶか(2)
公衆無線LANとモバイル無線LAN(Wi-Fi)はどちらを選ぶか(3)
このブログの「モバイル」を含む記事一覧
このブログの「Xi」を含む記事一覧
このブログの「RTX810」を含む記事一覧

匠技術研究所お問い合わせフォーム



ヤマハルーターRTX810自力でVPNセミナーのご案内
ヤマハルーター新製品RTX810を使って自力でVPNを構築する方向けのセミナーです。直近では2012年4月27日(金)に開講します!。

ヤマハルーターで挑戦 企業ネットをじぶんで作ろう
谷山 亮治
日経BP社



「伝わる君 携帯会議」導入前お試しできます


企業・団体のオープンソース活用のご相談はこちら
匠技術研究所はこちら

RTXVPN「どこでもネット!」へ
OpenOffice.orgをダウンロードMozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

コメント   この記事についてブログを書く
« 4月4日(水)のつぶやき | トップ | 4月5日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中小企業のIT戦略」カテゴリの最新記事