情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Fedora、RHEL|CentOS 5|6の拡張機能配布先EPELリポジトリの追加

2014-03-11 20:23:19 | Linux
匠技術研究所
Fedora、RHEL|CentOS 5|6の拡張機能配布先EPELリポジトリの追加


こんにちは。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今日は、Fedora、RHEL|CentOS 5|6への拡張機能配布先EPELリポジトリの追加について紹介します。

EPEL=Extra Packages for Enterprise Linux

EPELはFedraから派生したRed Hat Enterprise Linux(RHEL)及びRHELから派生したCentOSやScientific Linuxなどを拡張する様々なツールを提供します。EPELはfedoraプロジェクトの傘下のボランティアによるプロジェクトです。

インストール内容と、標準リポリトジで足りないソフトウエアは、以下のコマンドを実行した上で、yumコマンドでインストールします。

# rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm

# rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm


コメント   この記事についてブログを書く
« 3月10日(月)のつぶやき | トップ | 3月11日(火)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux」カテゴリの最新記事