情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Atom D2500用のIntel画像出力ドライバーはLinux Mint 15 64bitには無い

2013-11-25 12:07:35 | Linux/Ubuntu
匠技術研究所
Atom D2500用のIntel画像出力ドライバーはLinux Mint 15 64bitには無い


こんにちは。匠技術研究所の谷山 亮治です。
Linux Mint 15 64bitを日常業務用デスクトップにしようと試しています。ところが、Linux Mint 15はAtom D2500用のInetl Graphics Driver(IGD)をサポートしていません。IntelはD2500用のLinuxドライバーを提供していますが、Linux Mint 15 64bitのソフトウエア・リポジトリーには存在しないようです。

もっとも、デフォルトで入っている汎用ドライバーで一般的な解像度の範囲内で使うことはできます。ただ、汎用ドライバーでは近年当然になったFull HD規格に対応しておらず、高解像度で表示することができません。逆に不自由はその程度です。

Linux Mint 15 32bitであれば動くかもしれません。

誤解無きように整理すると、
Intel Atom 2500では、
1.Linux 64bit版のインストールは可能。
2.Linux 64bit版で高解像度画像出力ができない。
3.Linux 32bit版では高解像度画像出力ができるかも。

『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 11月23日(土)のつぶやき | トップ | 11月25日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux/Ubuntu」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事