情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Windows/PowerShellの開発環境はVisual Studio Codeから

2019-12-04 07:23:19 | システム開発
いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山亮治です。
今日のお題は「Windows/PowerShellの開発環境はVisual Studio Codeから」です。

ソフトウエアを開発する環境は、開発効率に大きな影響があります。まだ、Windows/PowerShellの開発は不慣れですが、VS Code + PowerShellアドオンでコードを書き、デバグしています。

もともと、PowerShell ISEという統合開発環境があり、Windowsで実行できます。Windows 7上にPowerShellとISEもインストールして使っています。
しかしながら、Windows 10上の最新のPowerShellではVS Code + PowerShellアドオンに移行しているようです。

VS Code + PowerShellアドオンであれば、Windows、macOS、Linuxでほぼ同じ環境になります。しかも、どのOSで書いても実行できます。

■Linux上でのPowerShell開発環境
Visual Studio CodeにMicrosoftが提供するPowerShell開発アドオンを追加。
左にはコマンドレット一覧、下にはPowerShellとbashが見えている。



コメント   この記事についてブログを書く
« Windows/PowerShellにはopens... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

システム開発」カテゴリの最新記事