情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

ヤマハルータRTXとスイッチSWXで二重化ネットワークを構築

2019-09-06 05:44:13 | ヤマハルータ
いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山です。
今日は「ヤマハルータRTXとスイッチSWXで二重化ネットワークを構築」です。

■二重化ネットワークの必要性
ビルの縦系、サーバー系など基幹の所は二重化したほうが障害耐性が高まります。二重化ネットワークは、運用設計をしっかりしないと、切り替わりを検知できません。

匠技術研究所では、企画、設計、実装、運用と保守まで、一貫して提供します。
プロバイダ接続の二重化、DHCPの二重化、RADIUSサーバ、Syslogサーバまで一貫した見通しの良いシステムをお客様と共に構築し、技術研修を通して、お客様への技術移転も行います。

運用のための各種サーバー類は、Linux上の仮想サーバーで構築。クラウド化も、容易な設計です。

ネットワークは簡明であることが一番です。


RTX1210, SWX3500, SWX2100,箱だけRTX830

コメント   この記事についてブログを書く
« Microsoft Edge/Chromium版の... | トップ | ヤマハルーターでのDNSキャッ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヤマハルータ」カテゴリの最新記事