情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

description:設定に覚え書きを記入する

2008-03-03 22:14:54 | ヤマハルータ
[コマンド]
description

[要旨]
設定の中に、覚え書きを記入する。文字コードをルータ側、端末側共にSJISにすることで、日本語での記述も可能。システム全体、各LAN、各PP、各tuunelに覚え書きを記入することができる。

[ヤマハルータのヘルプ]

# description ?
入力形式: description ID 説明
ID = 1-21474836
   説明: システムの説明を設定します
このコマンドの後に'lan1', 'lan2', 'lan3', 'lan1.1', 'lan1.2', 'lan1.3','lan1.4', 'lan1/1', 'lan1/2', 'lan1/3', 'lan1/4', 'lan1/5', 'lan1/6', 'lan1/7', 'lan1/8', 'lan2/1', 'lan2/2', 'lan2/3', 'lan2/4', 'lan2/5', 'lan2/6', 'lan2/7', 'lan2/8', 'lan3/1', 'lan3/2', 'lan3/3', 'lan3/4', 'lan3/5', 'lan3/6', 'lan3/7', 'lan3/8', 'pp'または'tunnel'を続けると別のコマンドになります

[設定]
空白を含む文字列の場合は「"(ダブルクオート)」で囲むことで文字列の記述ができる。
ルータの文字コードをsjisに設定し、端末側もSJISで入力することで日本語文字列の記述ができる。

1.システム全体
# description 100 "Takumi RTX1500 for Internet gateway"
# description 201 "匠技術研究所インターネットゲートウエイ"

# no description 100

2.LANインターフェイス
# description lan1 '匠技術研究所社内ネットワーク:基幹外向けデフォゲ'
# no description lan1

3.PPとtuunelインターフェイス
#pp select 1
pp1# description pp "TEPCO光(so-net ID):動的IP:2005年開通"
pp1# show config pp 1
description pp "TEPCO光(so-net ID):動的IP:2005年開通"
...

# pp select 1
# no description pp

(*)tuunelインターフェイスも同様。

[留意点]
日本語で設定した場合、console char asciiとしても、show config等で日本語文字コードのまま出力されるので、表示が乱れる。

[匠の特記]
1.設定中に覚え書きが書けることは、とても便利。

2.console char asciiの場合は"*** SJIS code ***"等と表示し、乱れを回避すべき。または、descriptionの表示を抑制するshow config ascii-onlyがあっても良い。show descriptionで覚え書きだけ抽出出力する機能は必須。

3.覚え書きのコマンドにしては長い。"REM"等短いコマンド名かつ大文字の方が良かった。大文字だと目視でも該当行がさがしやすい。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ヤマハルーターの機能と設定... | トップ | 「通信シート」が発表される »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヤマハルータ」カテゴリの最新記事