えつこのマンマダイアリー

♪東京の田舎でのスローライフ...病気とも仲良く...ありのままに、ユーモラスに......♪

本日の一品(163) ~そば粉のクレープ 「ガレット」 ~

2018年11月11日 | 本日の一品

 本日の一品は、そば粉のクレープ、「ガレット」です。2018年9月末~10月初めに島根に旅行した折り、出雲大社の山門の目の前にある「出雲そば 田中屋」で求めてきた「田中屋のガレットミックス」(↑ トップ画像)を使いました。 

 まず、ガレットについてWikipediaより引用します:
 copy-------------------------------------------------
  フランス北西部の郷土料理である料理・菓子の名称。「円く薄いもの」を意味するが、
 特にそば粉のガレットを指すことも多い。 (略) 
  中央にエメンタールチーズ、生ハム、卵を置いたものは「ガレット・コンプレット」
 (galette complète) と呼ばれる。 
 -------------------------------------------------copy

  くだんの田中屋のサイトに、基本のガレット(コンプレット)のレシピがありますが、ここにも貼りつけます:
       (拡大してご覧ください)
     
 また、この作り方の動画がこちらで見られます。

 

 基本のガレットの他に、こんなのも紹介されています(↓)。 

      
 キーマカレーのガレット          スモークサーモンとクリームチーズのガレットロール
       (オフィシャルサイトよりお借りしました。大きくなりません)

 

 まず生地を作り…
   
    3時間寝かせました。

 コンプレットを作ります。
   
  #3 白身を広げ、チーズを加えたところ。
     ハムが好きではない but 生ハムは好きなので、Wikipediaに従い、生ハムを採用しました。
     すぐ火が通ってしまうので、中に包まず、上に載せることにしました(一般的にもそうするようです)。
 

 できあがりはこちら:
    
 ガレットにもう少し焦げ目をつけてもよかったですね(^^; でも、美味しいです。

 

 次に……
       
 たまたま前日に作っていたキーマカレー(夫製)の残りがあったので、これも採用…(*^_^*)
 夫も私も、こちらの方が気に入りました。

 

 2枚ずつ4枚焼いてもまだ余った&食べ切れないので、翌日まで残りの生地を寝かせ…(くだんのサイトにも「冷蔵庫で1日ねかせると一層おいしく仕上がります」とあります)
 今度は和甘味で食べることに……
          
 ゆであずき(缶詰)・生クリーム(7分立て)を載せ、抹茶を振りかけました。熱々のうちに載せたら、生クリームがあっという間に融けちゃった(^^;

 この甘味バージョンを食べて初めて気づいたのですが、このミックスは結構塩が効いているようです。おかず用に配合されているのかもしれません。甘味には少し効き過ぎかも?

 

 結局、ミックス150gから、直径28cm(鍋底22cm)のフライパンで6枚のガレットが作れました。想像以上にモチモチしているので、薄目に焼いても大丈夫です。見た目より食べごたえがあり、2枚で満腹になりました。

 

  我が稲城市には、ガレット専門店「カフェ・ロスアード」が昨年オープンしました。クレープ専門店をフランス語で“クレープリー”というのですね。多摩地域初のクレープリーだそうです。まだ行けておりません(駐車場がないのです(^_^;)が、かつて住んでいた街の近くですし、ぜひ行ってみたいお店です。ご近所の方、ぜひ足を運んでみてください。

 

                                             

 

 こちらはおまけ…

     
 くだんの「田中屋」の店内とランチに食したメニューです。

 

    
 出雲市内で撮ったそば畑…ちょうどコサギがいました(右)。台風24号が通過した翌日(10月1日)のことでした。

 

 クレープ大好き&ごちそうさまでした(*^_^*)のtakuetsu@管理人

 

 

『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋のフラワーミニアレンジ ... | トップ | 秋のガーデニング2018 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本日の一品」カテゴリの最新記事