たかしの啄木歌碑礼賛

啄木の歌碑並びにぶらり旅等を掲載いたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

好摩駅の啄木歌碑

2011-05-17 | 啄木歌碑
盛岡市玉山区の姫神山(1124m)の山開きは15日行われました。また、この日は玉山区のIGRいわて銀河鉄道好摩駅の東西自由通路の開通と新駅舎落成記念式が行われた。以前ホームに置かれていた啄木歌碑は新しい駅舎の中に移され、駅を利用するお客さんに親しまれるのでしょう。







霧ふかき好摩の原の
 停車場の
 朝の虫こそすずろなりけれ

 啄木





歌碑は 黒っぽい板に、白色の塗料で歌を書いたものです。この歌は雑誌スバル「秋のなかばに歌える」に掲載(明治43年11月号)されている。なお、「霧深き・・・」として東京朝日新聞「手帳の中より」にも発表(明治43年8月11日)した。

渋民には現在は渋民駅があるが、啄木の頃にはなかったので、啄木の育った宝徳寺から5km先の好摩駅を利用していた。文学を志して上京するとき、挫折して故郷へ帰るときなど啄木は何度も好摩駅に立ったのでしょう。啄木が最後に好摩駅に立ったのは、明治40年5月4日、渋民村を追われ、函館に旅立った時です。 





好摩駅の東西連絡通路。歌碑は二階の切符購入室にある。




姫神山



宝徳寺の門前から見た岩手山




啄木の歌には姫神山は出てきません。啄木の思い出の山は岩手山だったのですね。たしかに、啄木が育った宝徳寺の門で毎日見る岩手山は綺麗で、頭に沁みこんでいるのでしょう。

啄木が現在の玉山区で生活したのは次のようになっている。啄木は日戸村の常光寺で明治19年2月に生まれ、明治20年3月に父一禎が渋民村宝徳寺住職に任ぜられ渋民村に一家で移った、渋民村には同村の宝徳寺に明治20年の3月から盛岡中学を退学し、上京する明治35年10月までと、上京後体調を崩し戻ってきた明治37年2月から再び上京した明治37年10月まで住んでいた。結婚後は明治39年3月から北海道に旅たった明治40年5月までで、合わせて18年6か月になる。

なお、玉山村は、明治22年4月に日戸村と合併、その後明治29年に渋民村と合併し新しい玉山村になる。その後、平成18年1月、盛岡市に編入合併のうえ廃止された。旧村域には合併特例法に基づく地域自治区が平成28年3月31日を期限として設置され、地名にも玉山区が使われている。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 御衣黄桜 | トップ | 春を告げぬ岩手山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

啄木歌碑」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事