Frontier

よく歩き、よく眠り、そしてよく撮る毎日。生きてる限りは『フロンティアスピリット』で!いつまでも明るく元気に・・・

ほぼ 満開ということにしよう!

2020年05月23日 | Weblog
 別子銅山記念館は別子銅山の意義を後世に伝えようと昭和50年(1975)に開館した。いわゆる“半地下構造”の建物。
    
 鉱山の坑内をイメージしてもらおうと珍しい構造になっていて、屋根全体に1万本、周辺部には3000本のサツキが植えられている。
 23日夕方、屋根を見に行って来たがサツキの屋根がほぼ満開になっていた。
銅山が開坑された5月にちなんで5月=サツキということで記念館周辺にサツキが植栽されていて圧巻だ。
   
   
 記念館は残念ながらコロナウイルス感染拡大防止のため休館中だが、開坑以来の歴史、地質鉱床、生活風俗、技術に関する貴重な資料が展示されている。
   
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 油断大敵 | トップ | 一足早い夏の日曜日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。