YAMAHA XS250SPL

1980年製バイクXS250スペシャル(4A8)の維持、他車種部品流用等。ブログ開始2009年11月1日。

インシュレーター取り外し

2020年05月10日 13時53分39秒 | バイク
2020.5.9
インシュレーターの様子を見る為、キャブレターから取り外し。





35年間で初めて外すインシュレーター。





ゴムで覆われているべき所が剥げている様子。



ついでにキャブ下の融着テープを巻き直す。



インシュレーター清掃及び融着テープを巻き直す。。





ガスケットシートを売ってなくて、液体ガスケットを塗布してインシュレーター取り付け。



キャブの取り付け。



エンジンを掛けるとまったく変化無く、アクセルを開けても回転数は上がらない。



タンクを外して液体ガスケットを塗ってみた。





やはり改善されず、近所迷惑になるので暖気完了までは雨の為確認出来ず、
昨日の様に復活できるのかも解らない。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2000回転で頭打ち | トップ | 見当違い »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヤマハGX)
2020-05-11 00:21:47
メンテナンス、大変ですね。お疲れ様です。
バキュームピストンの固着は無し、インシュレーター付近の二次エアーも修理したのにエンジン回転数が上がらないとなると…
メインジェットは詰まりでしょうか?でもあんなに大きな穴が詰まるとは考え難いとすると、ダイヤフラムの穴空き、若しくはダイヤフラムカバーとキャブレターボディの接合面からの負圧漏れ、油面が低い等、でしょうか?とても気になります。
Unknown (XS250)
2020-05-11 09:08:33
おはようございます。
昨日、解決しました。今晩ブログアップします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バイク」カテゴリの最新記事