YAMAHA XS250SPL

1980年製バイクXS250スペシャル(4A8)の維持、他車種部品流用等。ブログ開始2009年11月1日。

キャブ交換

2020年09月18日 20時11分11秒 | バイク
2020.9.18
最近また、キャブのバキュームピストンが張り付き気味なのでキャブ本体を交換する事にした。

キャブを外す為フロート室から右キャブはドレーンからガソリンを抜く。



30ccに届かないぐらい、思っていたより少ない。




左キャブはスクリューボルトから漏れ出したので液体ガスケットを再塗布の為ボルトからガソリンを抜き取り。



こちらも少なく35cc程。


スクリューボルトに液体ガスケットが残っていない。



キャブレター取り外し。










部屋に持ち込んでキャブのバキュームピストンを確認すると左は少し上がった位置で、
右は下がったままの位置で両方のバキュームピストンが固着していた。
調子が悪いはずだ、5速でピークが80kmだった。



手前のヤフオクキャブに部品を移設して交換。
元々のキャブ本体にヤフオクのフロートボウルを使用していた模様。元キャブのフロートボウルは破断して使えない。



フロートボウルは使いまわしの為、左のスクリューボルトに液体ガスケットを再塗布した。





フロートとガスケットを元キャブから移設。



ストックのヤフオクキャブに付けていた手前GSXカタナのエアースクリューをXS250純正品と入れ替える。



ヤフオクのキャブレターに組み上げ完了。
ストックのヤフオクのキャブに入れ替えていた元キャブのダイアフラムのバキュームピストンは
今の所、動きが良いのでそのまま使用する。



スクリューボルトに液体ガスケットを盛り直したので一晩部屋に置く。



コメント   この記事についてブログを書く
« 液体ガスケット再塗布 | トップ | XS250キャブ交換後 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バイク」カテゴリの最新記事