YAMAHA XS250SPL

1980年製バイクXS250スペシャル(4A8)の維持、他車種部品流用等。ブログ開始2009年11月1日。

パワーが出ないと乗りにくい

2020年02月11日 21時43分25秒 | バイク
2020.2.6
会社への行き帰りで時々、パワーダウン。

2020.2.7
点検しなかった左キャブがおかしいのか、CRCをキャブピストンに吹き付ける。


2020.2.8
改善しないのでキャブを外して点検。




上部の穴に息を吹き付けると軽快にダイヤフラムピストンは持ち上がる。




良くなったつもりでいたが。



2020.2.10
会社への行き帰り時、パワーが出ず左のみマフラーから排気圧が正常で右マフラーからは半減していた。
出だしは自転車で漕ぎ出す感じで6速で50kmがやっとなレベル。

アクセルを回しても右キャブのダイヤフラムが上昇せず、ベンチュリーと言うのかピストンが下がった状態で
振動しているだけの様。

2020.2.11
二次エアーが酷くなり、負圧が生まれないのかと出社前にインシュレーター点検。



エンジンを掛け右のインシュレーターの裏を指で探るとクリップバンドで締め付ける辺りで風圧を感じる。



ガムテープで補修、濡れているで有ろう右プラグも清掃。



エンジンを掛けてみるとパワーが無い。
よく見ると右のプラグケーブルを外したままだった、昨日のパワーダウンと同じレベル。
ので、昨日は一日、右のプラグが失火していて片肺状態だった模様。



プラグケーブルを挿すと軽快に右マフラーから排気が出、アイドリングも安定した。



パワー回復。



行きも帰りも普通に動くだけで快適だ。








コメント   この記事についてブログを書く
« 繰り返す不調 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バイク」カテゴリの最新記事