YAMAHA XS250SPL

1980年製バイクXS250スペシャル(4A8)の維持、他車種部品流用等。ブログ開始2009年11月1日。

再発注の別の耐油シール届く

2018年02月25日 20時33分56秒 | バイク



2018.2.22
郵便局にて千葉のアマゾン返品係へ耐油では無かったシールテープを封筒で返送、送料¥120。



2018.2.22
耐油シールテープ ¥2499の物を発注。


2018.2.23
フューエルホースを輪切りの物でガソリン漏れは減っている感じ。






2018.2.24
スクリューボルトの周りは濡れてなく、ドレンの出口が湿っていたのでドレンから少量もれているかも。




2018.2.25日曜日
再発注の耐油シールテープ届く。





シールテープ取り付け準備。




フューエルホースを輪切りにして付けていたスクリューボルト。



シールテープ巻き付け。
この後、2倍程巻き足す。




触った素材感は前回の溶けたシールテープと大差なく、ちょっと心配。



左右取り付け。



シールテープの切れ端をガソリンに漬けてみる。




すぐに白いテープが透明になり、ダメかと思ったが透明のまま繊維は残っている。
思っているより、テープを多く巻かないといけない感じ。



溶けてしまうのか朝まで、ガソリンに着けておく事にした。



キャブ下にタオルを置いて漏れがないか一晩結果待ち。





2018.2.26 午前8時。



シールテープを巻かずにスクリューボルトだけの時と同じぐらいの漏れ状態。
次の休みまではボルトを増し締めするだけ。



一晩置いたガソリン漬けのシールテープ、溶けずに残っている。


2018.2.26
帰宅後、引っ張ってみたが千切れる様子もない。
シールテープの白い表面は溶けるようなので、シールテープを巻き直す時にテープをガソリンに潜らせながら、
テープが透明になった状態でボルトに巻き付ける予定。




2018.2.27朝
ボルト増し締め後。



前日と違い、少しだけ漏れている感じ、スクリューボルトの周りが湿っている程度で
これぐらいならば土曜日ぐらいまではこのままにしようと思う。



ジャンル:
維持
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シールテープNG 耐油性では... | トップ | 巻き直した耐油シールテープ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バイク」カテゴリの最新記事