居酒屋 たこしげ

 いらっしゃいませ  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コイケヤ カラムーチョ (黄金一味 味) おすすめです♪

2009年10月31日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は遅出。遅すぎる出勤でした。

到着。すでに閉店時間を迎えている、大荷物を降ろしカウンターで一服後に厨房へ。

谷口さんに昨夜の状況を聞きながら、片付け&仕込み。

昨日ここに記述するのを忘れたのであるが、前夜、ノンスタイル・石田が珍しく1人で来店。

いろいろとおしゃべりしていると、演歌歌手のジェロと仲良くしている事が判明。その関係から演歌歌手の人たちとばかり遊んでいるという。おもしろさはさておき、かわいげのある石田は演歌歌手のお姉さんたちにもたいそうかわいがられている様子。一緒にカラオケなどへも向かうらしく、『うまい?』 と尋ねると、『当たり前でしょ!』 と返ってきた。演歌歌手の知り合いとしゃべったのは初めてで、ちょっとうらやましく、そして新鮮であった。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


来週から寒くなるそうですよ

2009年10月30日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は少しゆとりを持っての出勤でした。

到着。そこそこの状況、着替えて厨房へ。

姉御肌の娘たち来店中。

1人の娘が物凄く背が高い、聞けばモデルをやっているとの事。世の中からちやほやされるであろうモデル、しかし、僕は媚びることなく 「老けている」 を4度告げた。

古着屋の娘たち来店中。

えらいさんの男性の話を聞き涙ぐむ娘。怒られているのか、感動しているのかはハッキリとはしなかったが、とにかく泣いている。30歳を過ぎた彼女であるが、ピンポンパンのお姉さんのようなニット帽のおかげで、その涙はそんなに重い印象を与えなかった。

夜中へ。

念願の陸亀飼育を始めた娘、1人で来店。

アルバイト先の上司ともめたとの事。いろいろ話を聞いていると、いつのまにか泣いている彼女。しかも、店内には僕と彼女しかいない。泣いている間、他に誰も来なくてよかった、もし来られたら間違いなく別れ話をしていると勘違いされたに違いない。

サバンナ・高橋、ミサイルマン・西代たちを連れ来店。

退店後に 『金龍ラーメン』 と 『かすうどん』 、どちらを食べて帰るか悩む高橋。後輩2人が互いの魅力についてプレゼンテーションするが、結局決まらず。しかも、話は思わぬ方向に逸れ、『ハイボール』 をたこしげも扱うべきと、いつものように流行モノが大好きな高橋が上からモノを言ってくる。

「マスターはお酒を呑めへんから、わからへんねん」 と主張する高橋であるが、『ハイボール』 の存在も、流行っていることも承知である。承知の上で出した結論が 「今、このご時世に 『ハイボール』 を注文する人のセンスに、まったく同調するつもりはない」 である。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


わからない事は恥ずかしがらずに人に尋ねよう

2009年10月29日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はのんびりとした出勤でした。

到着。落ち着いた店内、カウンターで一服後に厨房へ。

アニメおたくなセクキャバ嬢、お客さんの男性と来店中。

『銀魂』 大好きな彼女、買ったばかりのアニメ版のDVDを見せてもらう。ちなみに僕はコミック派なのであるが、木村くんはアニメ派、そして昨夜の彼女は 『どちらも♪』 との事であった。

チヂミトサカ群を修正。

キレイなパープルがダメになったようである。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


「相棒」 の録画を忘れずに♪

2009年10月28日 | インポート

昨夜はミネラルウォーターを積み込んでの出勤でした。

到着。そこそこの賑わい、着替えて厨房へ。

おしりな娘たち来店中。

先日、1人200円というお客さん単価最低記録を作った彼女たち。「この間はごめんね♪」 の言葉とともに2人でお会計7500円也。先日はブサイクに見えた彼女であったが、昨夜はかわいすぎた。

そのまま夜中へ。

夜中も結構な賑わい。

千鳥・大くん、ダイアン・津田と来店中。

お会計時にいつもポケットからお札を出し支払う大くん。財布を持たない主義者なのであろうが、島育ちが強調されて世間受けは良いように思う。

かわいい夫婦来店中。

何度か旦那さんは来てくれているそうなのだが、初めておしゃべり。かわいらしすぎる夫婦で、他の注文を放置してまでもおしゃべり。

「ぐらたん」 を忘れられていた娘たち来店中。

「ぐらたん、まだですか?」  「あっ、忘れてる。どうしよう、今からでもいい?」  「はい♪」  とかわいらしく笑顔で許してくれる彼女たち。たこしげは女の子のお客さんが8-9割なのであるが、女の子はみんなやさしいので大好きである。

閉店間際にラガーマンの男の子1人で来店。

「マスター彼女できました♪」 との報告を受ける。男前でかわいらしさも併せ持つ彼、フラダンスが踊れるそうな彼女、2人での来店が待ち遠しい。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


肩こりを我慢するか、不思議ちゃん扱いを我慢するか

2009年10月27日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はちょっと余裕を持っての出勤でした。

到着。賑やかな店内、カウンターで一服後に厨房へ。

賑やかなメンバー、木村くん、シンクタンク・タンク、りあるキッズ・ゆうき来店中。

ケラケラ笑いあう彼たち、どうやら若い女の子と出会うためにはどうすればよいかをみんなで考え中。出会うためにどこへ向かうか意見を出し合う彼たち。卓球Bar やダーツBar 、ボウリング場やカラオケにドンキホーテ、びっくりドンキーも候補に挙がったが、「ハンバーグなんて今は食べられヘン」 とのおっさんサイドから反対意見が飛び出し却下。「とりあえず行こう♪」 と夜の街に繰り出した小さいおっさんとデブと子供の3人組であった。

夜中へ。

おもしろい過去のあるホステスたち来店。

初老の男性に求愛され、幸せを感じる娘。付き合うのはいいが、もうおもしろい結末は回避して欲しい。

悶々・妹、後輩と来店中。

のんだくれコンビ、案の定、閉店時間までのんだくれる。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


『わかってる感』 はかわいらしさの妨げになる

2009年10月26日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は雨の中の出勤でした。

到着。結構忙しかった様子、谷口さんの労をねぎらいカウンターで一服後に厨房へ。

中川家・剛、アジアン・隅田、天津・向、ソラシド・本坊と来店中。

かなりベロベロの剛、いつもの 『見知らぬ人への肩もみ』 も披露されていたようである。

その後も雨の中、2組の来店。

閉店時間までヘンな元気で動く。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


赤飯好きの自分に気付く

2009年10月25日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は 「もう無理!」 の悲鳴を受けての出勤でした。

到着。見事に満席、着替えて厨房へ。

おおみぞさんの指示で注文をこなすも、大量の料理と頭の回転がうまくいかず気が狂う。

おおみぞさんを送り出し、正気に戻り、落ち着いてこなす。

なんとか一服。

大学生っぽい男の子たち来店中。

「芸人さんとかよく来られるんですか?」 の問いかけに、「そうですねぇ・・・」 と来店中の中川家・剛を指差す。こういったお客さんが来られている時に、芸人さんが来てくれるのはなんともありがたい。

偶然にも千鳥・大くん、ダイアン・津田も来店で、更に新顔のお客さんたちを満足させられる。

夜中へ。

お客さんの来店が途切れないありがたい状況、なんとかがんばる。

スポーツ新聞記者の男の子、空手の師範代、バレーボール選手と来店。

初対面の2人の紹介を受ける。イケメンのバレーボール選手、共通の知人がいた師範代、初対面であったが楽しくおしゃべり。

阪神娘たち来店中。

久しぶりの早い時間からの来店、時間の経過と共に酔いもまわり、みんなで 「竹内まりや」 を歌いだす始末。

小声の娘たち来店中。

コンパ帰りの来店。コンパがおもしろくなかったので、おもしろい中年男性に会いに来てくれたようである。たぶん、ぐっすりと寝られたことであろう。

おもしろい過去を持つホステスたち来店中。

2品も忘れていたのに、「手があいたらでいいよ♪」 とやさしい心遣い。幼少時から親にも甘やかされ、大人になってからも周囲の人やお客さんたちにも甘やかされ、 「そりゃダメ人間になるわね」 な幸せな人生である。

新人の娘たち来店中。

好きな芸人さんに対する思いを熱く語る彼女たち。決してバカにすることもなく、かといって熱く語ることもせず適当にしゃべる。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


無理をしてでも、高い洋服を買いなさい

2009年10月24日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は遅出。のんびりとした出勤でした。

到着。落ち着いた状況、のんびりとカウンターで一服後に厨房へ。 

ショーパブ嬢たち来店中。

影のリーダーでもあるキャッシャー係の中年女性の姿も。店の若いスタッフからも絶大なる信頼を得ている彼女、「失礼やなぁ」 が口癖のかわいらしい中年女性である。

他2組のカップルも退店し、片付けに。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


髪型は変えれるうちに変えておこう

2009年10月23日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はギリギリでの出勤でした。

到着。誰もいない店内、すでに帰り支度を済ませたおおみぞさんにコーヒーを入れてもらう。

おおみぞさんを見送り、着替えて厨房へ。

ひまなまま夜中へ。

数組のお客さん来店、ダラダラと動く。

おしりな娘たち総勢8人で来店。

すでにベロベロ、ハナから売り上げ的には期待できなかったが、なんじゃこりゃの8人でお会計1600円也。

ガールズバーの面々来店中。

1人の娘の若い頃の画像を見て、みんなで笑う。昔の写真はみんなおもしろい。ちなみにオカマだった僕の写真はすべてこの世から抹殺した。

ちょっと水槽イジる。真っ白のバブルコーラルが欲しくなる、良いのを探し注文を入れよう。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


スナック菓子はゆずこしょうブーム

2009年10月22日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はのんびりとした出勤でした。

到着。賑やかな店内、カウンターでのんびりと一服。

竹若くん来店中。

会うのは久しぶりである。早い時間には、よく子供を連れたりして来てくれていたらしいのだが、顔を見るのは数ヶ月ぶりである。家族で上京を済ませたようで、こっちで仕事がある時はホテルに宿泊するらしく、これからは昔みたいにまた夜中に一緒に遊べる。

笑い飯・哲夫、千鳥・ノブ、トータルテンボス・藤田、鎌鼬・山内たちと来店中。

育毛剤により髪の毛があきらかに増えた藤田。「紹介しましょうか?」 と言われるも、「いまさらフサフサになっても・・・」 の理由からお断り。

天神橋五朗氏たちも来店中。

仲間がみんな帰り、残った天神橋氏とおしゃべり。酔っ払っているため、何度も同じ事を言わせるアホな編集長であった。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


BUCK-TICK はエライ

2009年10月21日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は鶏肉を積み込んでの出勤でした。

到着。落ち着いた状況、着替えて厨房へ。

結婚を控えるカップル来店中。

よく来てくれるカップルであるが、たぶん結婚後はそれもままならないだろう。「結婚しても来ますよ♪」 と数々のカップルがありがたい言葉をかけてくれたが、なかなかみんな難しいようである。営業面を考慮すれば 「結婚反対」 の姿勢を崩すわけにはいかない。

CAPCOMの男の子たち来店中。

口から鋭利なピアスが飛び出している後輩格の男の子。「あれやって♪」 の指示で突起物が口内に隠れたり、また出たり。あまりおもしろくないのであるが、いつもさせてしまう。

夜中へ。

長崎県の娘たち、群馬県の娘たち、東京都の娘たち、岡山県のカップルと、みんなユニコーン絡みのお客さん。お世辞ではなく、ユニコーン好きの人たちはちょっとシャレた、かわいらしい子が多いようである。

陸亀飼育を目論むカップル来店中。

冗談で提案した陸亀飼育に本格的に着手するもよう。ペットの入店は遠慮してもらっているが、陸亀の入店は拍手で迎えたい。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


「ググる」 という言葉を聞くとセンサーが反応する

2009年10月20日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はギリギリの出勤でした。

到着。落ち着いた店内、着替えて厨房へ。

おおみぞさんと交代で動く。

月曜日の常連さんたち来店中。

毎週必ず来てくれるありがたいお客さんたち。おもしろいおしゃべりで楽しませる。

方言の姉妹来店中。

長崎県からユニコーンを観に来たとの事。来店中のシャレた男の子たちも行ってきたようでユニコーン話。ちなみに僕は音楽をまったく聞かない、なのでユニコーンの曲も 『大迷惑』 しか知らない、しかも竹若くんがカラオケで歌っていた 『大迷惑』 しか聞いたことがない。

夜中へ。

珍しく通りがかりっぽい一見さん来店。

その後も通りがかりっぽい一見さん来店。

こんな日はこんなモノである。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


5-3-12 を10000円  5-12-3 を 5000円  3-5-12 を 5000円

2009年10月19日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はキチンと起きれての出勤でした。

到着。落ち着いた店内、着替えて厨房へ。

姉御肌の娘たち連夜の来店中。

前夜、ジャケットを忘れて帰ったのでそれを取りにと連夜の来店である。「懐具合は大丈夫なんで・・・」 とコチラの心配を打ち消してくれるが、この調子が続く限り心配は尽きないのである。

オシャレに夢中の娘たち来店中。

「おっさん、早い♪」 と珍しく遅刻ナシでの出勤を褒められる。褒められたお返しにと 「浜口京子」 に似ている事を告げると、本気で嫌がりちょっとヘンな空気に。

香川県人会の娘たち来店。

大阪在住の香川県人の娘宅へ、香川県から遊びに来た娘のコンビ。ヒップホップと洋楽を愛すらしい香川県在住の娘であるが、先日聞いた森山直太郎の曲に心を打たれたとの事。おそらく数日後には 「どうかしていた」 自分に気付くはずだろう。

「競馬ダイジェスト」 で結果確認。

ここ最近当たる予感があった。やっぱり当たった♪

夜中へ。

毎週日曜日の夜中に来てくれる娘たち来店。

初回は 「生意気?」 の疑いも持ったが、どこがどこがのかわいい娘たち。また楽しいお客さんが増えた。

和歌山ラーメン丸田屋・丸田くんたち御一行来店。

丸田くん、宮大工、地元のBar のマスター。体調不良で先に丸田くん退店も、残った2人のクリエイターたちと楽しくおしゃべり。目指す方向性は同じ、「愛」 である。

品川庄司・品川くん、千鳥・大くんたちと来店中。

「あと、誰が売れると思う?」 と聞かれれば、「千鳥!」 と答えるであろうほど、千鳥には期待している。大くんの全国区での歩むべき道を考える。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


カウチンを買う

2009年10月18日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は寝不足気味での出勤でした。

到着。そこそこの賑わい、着替えて厨房へ。

おおみぞさんの指示で注文をこなす。1時間後、とりあえず一服。

常連さんっぽい顔は少なく、これはこれでいい感じの土曜日。

おおみぞさん上がり、夜中へ。

姉御肌の娘たち来店中。

昨夜も大人数での来店、ありがたい事である。いつも彼女がお金を支払うので、大きなお世話かもしれないが彼女の懐が気にかかる。

眠気で白目をむく娘たち来店中。

隣席の小さい娘たちと初交流。しかし、交流が中断するとすぐにまた白目。

女と男・市川、スマイル・よしたかと来店。

よしたかから、NHKの漫才コンクールで優勝したとの報せを受ける。「いくら?」 の問いかけに、 「マスターはいつも賞金ばかり気にしますねぇ」 と指摘を受ける。おめでとう、50万円!

30歳の娘たち来店中。

パーティースペースに陣取った彼女たちと、カウンターを飛び越してのおしゃべり。将来はやっぱり結婚したいとの事で、お客さんから聞いた興味深いお話を披露。

とあるお客さんの母親が宗教マニアであったとの事。いろんな宗教団体に入信してはバリバリと活動し地位を上げ、自分なりに満足すると即退会。これを毎回繰り返し、ほとんどの宗教団体の教えを学んだという。そして、現在はすべての宗教に別れを告げ、『やっぱり女は料理と裁縫♪』 との最終結論に達し、日々家事に勤しんでいるとの事。

なかなか重い言葉である。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。


大人気 「生とろヨーグルト」 、本日入荷です♪

2009年10月17日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は遅出。のんびりとした出勤でした。

到着。お客さん1組の落ち着いた状況、缶コーヒーで一服後に厨房へ。

「マスター、もう終わり?」

「終わり♪」

「1杯だけ♪」

会話を経て、中山功太、銀シャリ・橋本、藤崎マーケット・藤原来店。

ベロベロの中山功太、うまいこと言い過ぎる橋本、「明日から変わります」 の藤原と楽しくおしゃべり。

今日も訪れてくれて、ありがとう。

閉店。