居酒屋 たこしげ

 いらっしゃいませ  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダイナミック

2007年08月31日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はきちんと起きれての出勤でした。

到着。ひまそうな状況にカウンターで一服後に厨房へ。

マメな娘たち来店中。

その昔、ディスコ全盛時代にボディコン・ワンレンで踊り狂っていたそうな彼女たち。恥ずかしい過去であるため、画像・映像ともに見せてはくれない。

みやん来店。

自分からはほとんど発言しないみやん。周囲のお話を聞き、ただ笑うだけである。しりとりですら言葉が出てこないみやんは、命令系統に問題があるかアホかのどちらかである。

夜中へ。

早い時間とは対照的な賑わいを見せる。

水景に心を奪われつつも問題のない対応で動く。

5時過ぎにすべてのお客さん退店後、ばっちりきまったレイアウトに満足の閉店。


もう、夏も終わりです。

2007年08月30日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はピンクのポロシャツ姿での出勤でした。

ちなみに、ピンクのポロシャツは同じモノを2枚所有している。来店中のお客さん&おおみぞさん・谷口さんには 「また、同じシャツ・・・」 と思われるかもしれないが、実はもう片方だったりするわけで・・・。まぁ、どうでもよい話しではある。

到着。「ひま」 を絵に描いたような状況、お客さん2組。カウンターで一服後に厨房へ。

厨房に入るも仕事がなく、水槽へ導入したばかりのサンゴたち、コケ取り部隊のレタススラッグと呼ばれるウミウシの一種の調子&働きぶりをチェック。

デパ地下娘たち来店中。

おみやげに彼女たちが作ったいなり寿司をいただく。ノーマル・わさび・しその3種類であるが、苦手なしいたけの風味がきついノーマルを除けば大変おいしくいただけた。行列をなすいなり寿司との事であったが、ある程度は納得できた。

夜中へ。

笑い飯・西田、千鳥・大くんなど5人での来店。

ゴージャスラインの酒類などを呑んでくれ、ありがたいお会計1万円也。

別で中山功太、後輩と来店。

「ハゲ」 疑惑が浮上している中山功太。思い切って丸坊主を勧めるが、「ぜっぺきなんで・・・」 とよくある言い訳。頭の形やオデコの具合など、やってしまえばまったく気にならない仕上がりになるのであるが・・・。

酔っ払った飛田娘来店。

「○○は・・・」 と自分の事ばかり話す彼女。いつもはうっとうしく思えるこの醜態も、昨夜はヒドすぎて笑けてしまう。隣席で黙って聞かされていたお客さんは後半白目をむいていた。

閉店。


空間も良いのだが・・・

2007年08月29日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は再入荷した 「はっちゃんラーメン」 を積み込んでの出勤でした。

到着。そこそこの賑わい、着替えて厨房へ。

修理で済んだ製氷機も無事に稼働している。市販のロックアイスは確かにカッコよいが、ここはお客さんに我慢してもらいたい部分である。

とりあえず一服。届いた Hanako WEST に目を通す。

たむらけんじのページにたこしげが使われている。これが予想以上にうれしい記事で、たむらの最高の笑顔がこちらまでしあわせにしてくれた。ありがとう、たむら!ありがとう、マガジンハウス!である。 

同級生のブゼットという洋服ブランドを手がけるすずちゃん来店。

真っ黒に日焼けし、学生時代からは想像もつかないほどの太りよう。学生時代はおしゃれな服装にケント・ギルバートに似ている端正な顔立ちからモテモテの彼であったが、「タバコをやめたから・・・」 と当人は言い訳するが、ただの中年太りの醜い姿に。ハゲ頭をむき出しにしたまま日々波乗りに興じているようで、頭部もチョコボールのような姿に。

ひまな夜中。

すずちゃんと彼が電話で呼び出した悶々・妹とテレビの 「ミナミの帝王」 を観賞。

人やモノをバカにする事が大好きなすずちゃん♪ 例外ではなくオープニングからバカにするが、どっぷりとハマり午前4時前までがっちり観賞。

誰もいなくなった4時過ぎ、コケ掃除を始めようとするが、カリスマ社員、木村君、$10・白川、中山功太と来店。

「もう終わりですか?」 「いいよ、別に」 と会話を経て、飲み物だけを出しコケ掃除で放置。

救世主になりうる予感、コケ取り部隊を求め熱帯魚店へ。

お店にいらっしゃった社長さんと談笑。船場の沖縄料理店が4mの水槽を導入予定、費用はざっと1000万円だとか。

儲かったらいつか・・・の思いが過ぎりながらの閉店。 


レタススラッグ

2007年08月28日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はちょっと寝坊、「満席~!」 の報せに大慌てでの出勤でした。

到着。パーティースペースまで見事に満席、着替えて厨房へ。

くたくたのおおみぞさん、指示に従い残っている注文群をこなす。

愛娘・ひよこのお迎え時間ギリギリまでがんばってくれたおおみぞさん上がる。

後は遅れた分まで取り返す勢いで、文句も言わずに動く。

夜中へ。

木村祐一氏、松尾貴史氏と来店中。

惜しげもなくその話芸を繰り広げ、お客さんたちを楽しませてくれる両氏。やはり若手たちにはない余裕と知性が感じられる勉強になった夜。

その後も来店中の滋賀娘たち、ハレンチ娘たち、ショーパブ嬢たちと談笑しながらにこやかに仕事。

ダウンライト数の半減、ペンダントライトのワット数半減で、より落ち着いた大人の店へ。

コケ対策の救世主になるか・・・、期待の閉店。


落ちる

2007年08月27日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はのんびりとした出勤でした。

到着。「ひま」 との報せであったが、連絡後に数組来てくれたようで結構な賑わい。着替えて厨房へ。

前夜の疲れか、夏バテ気味なのかカラダがだるい。常連さんのお客さんが数多く見られ、ここは甘え、愛想を振りまくことなく仕事をこなす。

首に違和感を感じる娘たち来店中。

先日、セレブな娘におねだりした 「ボローニャ」 の食パンを預かっていたので渡す。彼女たちは 「ボローニャ」 の食パンを食べたことがないという事から、このプレゼントが実現したわけである。そう、「ボローニャ」 の食パンはおいしすぎるのである。

「競馬ダイジェスト」 で結果確認。

馬インフルエンザで開催が中止されていた競馬であるが、そこは儲け主義のJRA、長期間休んでいるひまもなくの見切り発車であろう。

前夜に続き、千原ジュニア、野性爆弾・城野、遅れて合流のブラックマヨネーズ・小杉と来店。

ジュニアの 「店内が明るすぎる」 との指摘を受け、通路のダウンライトを消してムーディーな営業。しかし、明るさに慣れているため、しっくりこず。自分自身の中で協議の結果、ダウンライトの点灯を半分、カウンターのペンダントライトのワット数も半分に減らす事を決意。

夜中になるも常連さんたちの来店で、ダラダラと賑わいを見せる。

後はコケ掃除とプチレイアウト変更を経ての閉店。


ネジレカラマツ

2007年08月26日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は土曜日。しかし、まったく起きれず寝坊しての出勤でした。

到着。パーティースペースまで満席、急いで厨房へ。

おおみぞさんに労いの言葉をかけて、指示通りに動く。

お客さんの来店が途切れずうれしい悲鳴。悶々・姉に缶コーヒーを買いに行かせやっとこさで一服。

しかも、製氷機の調子が悪くまったく氷ができない状況。これまた悶々・姉に氷を買いに行かせなんとか場をしのぐ。

華丸君、たむけんとムーディー・勝山の相方と来店。

今秋に2号店を南船場にオープンする事になった 「炭火焼肉・たむら」。たこしげの隣が空き店舗になっているので、コチラにオープンしてくれたら便乗できたのに・・・・。

夜中になるも満席のまま。

常連さんの中に一見さんたちも見られるありがたい状況が続く。

千原ジュニア、後輩たちを連れ新店・初来店。

キレイになった店内、ゴージャスな水槽、感じの良いお客さんたちなど、すべての面で褒められる。退店時に玄関まで見送るも、照れてしまうほどの賛辞を浴びる。

その後も動き、ひまが出来たら洗い物&仕込みとがんばる。

入荷したサンゴを求め熱帯魚店へ向かうため、ほぼ休まず動いての閉店。


toto BIG

2007年08月25日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は遅出、いつもよりは早めの出勤でした。

到着。落ち着いた状況、カウンターでゆっくり一服後、着替えて厨房へ。

おおみぞさんとおしゃべりしながら、片付け&仕込み。

久しぶりにナポリタンを作り、鬼太郎を見ながらごはん。

ガラガラの長居競技場を背に、熱い織田裕二を見ながら閉店。


いとう

2007年08月24日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は突然の豪雨に雨ガッパ着用での出勤でした。

到着。そこそこの賑わい、カッパを干し着替えて厨房へ。

足が濡れていたのにもかかわらず、仕事用の靴下を強引に履かせる。結果、見事に破れる。破れたまま、みすぼらしいまま厨房へ。

おおみぞさんから紹介を受けた来店中の娘たちに挨拶。

神奈川県からはるばるブログを読み来てくれたとの事。更新は結構辛いが、こういった喜びのためがんばる事にしよう。

髪の毛が頭部に張り付いた娘たち来店中。

30歳を目前に控えた彼女たち。京都の鈴虫寺に 「彼ができますように・・・」 のお願いに行く予定との事。「誰かイイ人が居たら紹介してください」 との要請をいろんな娘たちから数多く受けるが、いかんせん客層による男の子のストックが少なすぎるのである。

2度目の娘、男の子を連れ来店中。

隣席に着席中の悶々姉妹、ケタはずれのケンカを繰り返すカップルたちと初対面ながらの談笑。控えめながらの社交性が好感を持て、みんなでワイワイ。

夜中へ。

関西遠征中の大学野球部の投手コーチ、またまた来店。

大阪最後の夜にふさわしいおもてなし。遠征の目的である戦績も良かったようで、満足そうな表情の彼。しかし、ひょんな事から彼の彼女のお話になり、あまり経験がないながらにもアドバイス。話はこうである、ほぼ休みナシで野球漬けの日々を送る彼、近県ながらも離れて暮らす彼女。会えるのは月1程度、こういったコミュニケーション不足から不安を抱く彼女に、マメな連絡を怠る彼。こんな理由から少し不協和音が芽生え始めているとの事。彼曰く、「浮気などするひまないし、ひまがあっても絶対しない男なんです」 との言葉には彼の人柄からも説得力はあるのだが、彼女の心配な気持ちもよくわかる。野球漬けの日々で疲れ果てた彼、彼女に求めるのは安らぎ&癒しだという。しかし、彼女の方からすれば会いたい思いを我慢する日々、電話やメール、たまに会った時などに癒しのみを求められても、不安が募り心底やさしくできる状況ではないことが想像できる。

野球に熱中する彼、確かに魅力的で彼女もそんな彼に魅かれた部分もあるだろう。彼のほうも、彼女が去ってしまうときっと淋しいと思うと言う。将来はどうなるかわからないが、彼が彼女の不安を少しでも和らげる努力、彼女の方も彼の状況を理解してあげる努力。双方ともこれに努めれば始まった時のような仲良しさが、また芽生えるような気がする。生物と付き合っていくのには、愛情と努力が必要とサンゴ飼育に精を出す僕は思うのである。

次回はカップルでの来店を心待ちにしている。ちなみに彼女の写真を拝見したが、とびきりの娘であった。

長々と閉店。


名物監督はだいたい黒い

2007年08月23日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は前日の高校野球決勝戦のテレビ観戦による寝不足での出勤でした。

到着。平日のわりに盛況、着替えて厨房へ。

残っている注文を谷口さんの指示に従いこなす。缶コーヒーを買いに行きたいが、外は豪雨で飲み物ナシで一服。

その後もお客さんが途切れず、テキパキ動く。

夜中になり、落ち着いた状況に。

新入荷のアルコール類を黒板に書く。

わさび焼酎・わさび、牛乳焼酎・牧場の夢、イチゴのお酒・あまおう、レモン梅酒、はちみつ梅酒の5品。

早速呑んでくれたお客さんの感想は、わさびはめちゃわさび、牧場の夢はフルーティー、あまおうは名前のわりにイマイチ、レモン梅酒はまさしくレモン梅酒、はちみつ梅酒はまだ注文ナシ。このようなお客さんたちの感想により残ったり、外されたりするのである。まったくお酒が呑めない僕は酒屋さんの説明や、インターネットのコメントなどを参考に購入するだけなのでお客さんたちの感想がとても気にかかる。

木村君来店中。

ご当地グルメの話をグルメぶる木村君から聞かせてもらう。食・笑・性に大変な興味を持っている木村君、性以外はとてもためになるお話を聞かせてもらえる。

明け方の雷雨の中の閉店。


テンポ

2007年08月22日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は大荷物での出勤でした。

到着。キムチ、焼酎、ポン酢を下ろしカウンターで一服。

結構な距離を自転車通勤する娘たち来店中。

30歳を過ぎている彼女であるが、かなりの距離を自転車で疾走する毎日。昨夜も仕事場から自転車での来店、そして帰宅も自転車。この夏はかなりキツイようである。

夜中へ。

上がったおおみぞさんと悶々・姉とサンテレビ 「パチンコファイトTV」 を観賞。

今週も木村君は見事なダメっぷりを披露。やはり彼にはおもしろ神様が憑いているようである。

クラブママ、大学の野球部のコーチと来店。

元プロ野球選手の彼、爽やか極まりない。真っ黒に日焼けした鍛え上げられたボディーに似つかない柔らかい物腰、女の子が放っておくわけはないであろう。

千鳥・大君、4人で来店。

先日沖縄の海で 「ニモの大群」 に魅了された大君。ニモの飼育を促されるが、ことごとく混泳に失敗している現時点ではまだ踏み切れないでいる。

閉店。


変わり種

2007年08月21日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はゆっくりとした出勤でした。

到着。結構な賑わい、ゆっくりついでにカウンターで一服後に厨房へ。

20歳の娘たち来店中。

純粋でかわいい娘たち。常にニコニコ、心が洗われる彼女たちである。

パーティースペースに百貨店のお惣菜コーナーの娘たち来店中。

旧店時からのお客さんであるが、会うのは久しぶり。仲良くしているといろんな名品がいただけるのでは?の思いも芽生え、丁寧に対応。

みやん来店中。

最近 mixi を始め、いろんな人との交流を深めているみやん。顔に不安を抱えるみやんにとってはプラスな交流である。

夜中へ。

上がったおおみぞとみやんだけの店内。

「キャッキャ、キャッキャ」 と盛り上がる2人を尻目に水槽のコケ掃除に勤しむ。

そのまま静かに閉店。


朝ドラ

2007年08月20日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はちょっと寝坊、慌てての出勤でした。

到着。賑わいを見せる店内、着替えて厨房へ。

競馬好きの男の子たち来店中。

例の 「馬インフルエンザ」 の発症により開催が中止されている競馬、残念であるが仕方のないことである。このまま競馬がなくなれば、僕や彼たちも結構お金が残るかもしれない。

78kgもあった娘、彼を同伴で来店中。

移転後、カップルでの来店がまた目立つようになった彼女。移転前はギクシャクした感じであったような印象を受けたが、それも無事解決したような仲良しぶり。たこしげ的にはこのまま結婚せずに、このような関係が続く事を望む。

久しぶりの娘たち来店中。

数年ぶりの来店・再会に盛り上がる。プロレス好きだった彼女たち、現在はもう卒業したそうである。大人になった彼女には驚きはしなかったが、当時よく一緒に来てくれていた娘が占い師になったとの報せにはビックリであった。

木村祐一氏、若手を連れ来店。

ドコモのCMが大好評の木村氏。「怖そうだが、ホントはやさしいのでは?」 という世間の声に応えるべく実証された秀逸なCM。そう、木村氏は若手をはじめ僕たちにも気を遣ってくれる、とてもやさしい人である。

夜中へ。

クラブママ、お客さんである童顔の社長さんと来店。

事業拡大を目指し、東京進出する社長さん。イケイケであるように見受けられたのであるが、不安だらけの東京進出との事。経営者として未熟な僕に相談してくれるも、未熟なゆえに力になれず。

風俗店の男性たち来店。

礼儀も正しく、いっぱい飲食してくれるありがたいお客さん。エッチな話が多いのが少々気になる部分であるが、昨夜はそれもなく楽しい宴。

換水とポンプの掃除でポリプ満開の水槽に満足の閉店。


馬場崎君

2007年08月19日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は目をきっちりと覚ましてからの出勤でした。

到着。そこそこの賑わい、着替えて厨房へ。

おおみぞさんの指示に従い注文をこなし一服。

背の高い姉妹来店中。

遠方わざわざ電車で時間をかけて来てくれる姉妹。落ち着いた姉と若い妹、若さゆえの気持ちをぶつける妹を温かく見守る姉である。

悶々・姉来店。

最近落ち込み気味であった彼女であるが、水着姿で自信を取り戻したのかゴキゲンである。この期間がしばらく続く事を願う。

ラッシュにはならないが、お客さんが途切れない土曜日。

12時を過ぎ、おおみぞさん上がり。

パーティースペースで冷麺とギョウザをうれしそうに平らげるおおみぞさん。「今度、儲かったら冷麺2つ頼んでもいい?」 と相変わらずかわいいおおみぞさんである。

そのままダラダラと夜中へ。

中山功太を筆頭にbase組4人で来店。

宴も終盤に差しかかった頃、ブラックマヨネーズ・小杉来店も芸人嫌いの小杉、合流せず。

後輩の分のお会計も持つ頼もしい先輩・小杉と、毎週バカにしているサンテレビ朝6:00から放映中の 「DIO」 を一緒に観賞&爆笑。まったくダメなMCの2人、意味不明のフィリピーナのやる気のないダンス、これらを毎週バカにしながら見ている。。ちなみに 「DIO」 とはダンス・イン・オオサカの略であるそうだ。

閉店。


揺れる

2007年08月18日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は遅出。遅すぎた出勤でした。

到着。ほぼ閉店時間、カウンターで一服後に着替えて厨房へ。

片付け&仕込みを経て、「ゲゲゲの鬼太郎」 を見ながらゴハン。

今日の鬼太郎はコメディータッチであり、旧作品を知る人々は受け付けないであろうが、結構毎回おもしろいのである。

今朝はトサカ2個体が届き導入。このまま行くと今月末でいっぱいになる勢いである。

閉店。


グリーンボタン

2007年08月17日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は少しゆっくりさせてもらっての出勤でした。

到着。お盆が終わった事を告げる落ち着いた状況、カウンターで一服後に厨房へ。

悶々・姉来店中。

30歳を過ぎ、ビキニ姿で海へ出向いたお話を聞く。真っ青な海をバックに写るその姿は、携帯電話の画像のサイズも幸いし、グラビアアイドルなみのショットに。

やさしくなった娘たち来店中。

こちらは正反対に年相応の京都へ出向いてきたという。鈴虫寺でありがたいお話も聞けたとの事。日々の生活、すべて気の問題。明日からがんばろうと思えればそれでヨシ、その延長線上に宗教というものが存在するのであろう。

夜中へ。

一変、カウンター満席に。

まだ途切れずパーティースペースも活用で、機敏に動く。

木村君、3夜連続の来店。

「3日連続でしょ? 嫁が韓国へ行っているんです。」 とうれしそうに話す木村君。当然もっと羽を伸ばしたいところであるが、そこはモテなさすぎる木村君、まっすぐに家路へと急ぐハメに。

5時過ぎまで宴は続く。

片付け&仕込みにとりかかり、水槽の換水作業に移る。

無事に新しい海水を入れポンプのスイッチを入れるがビクともせず。これに、あせりにあせり熱帯魚店へ電話。丁寧なアドバイスをいただくが、やってみるものもビクともせず。しばらくして熱帯魚店から先輩格のお兄さんが修理に来てくれ無事解決。ポンプの内部にカルシウムがこびりつき回転を妨げていたようだ。

ホッとしながら夕方まで作業の片付け、閉店。