居酒屋 たこしげ

 いらっしゃいませ  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブーくん

2006年03月31日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は前日の疲れが取れず、気だるさを残したままの出勤でした。

到着。そこそこ繁盛しているにもかかわらず、「一服していいよ」 のおおみぞさんの厚意に甘える。一服後、着替えて厨房へ。

みやんとケンカ娘来店中。

彼と別れてケンカ相手を失った娘、「次はケンカなしで」 の言葉に信憑性はない。彼女は男女間に刺激を求めすぎる節ありである。今年で30才、そろそろね・・・。

他のお客さんは一見さん、マジメに仕事に取り組む。

注文をこなし、洗い物、また注文で洗い物と忙しく動く。

夜中になり、少し落ち着く。

かわい娘ちゃん、母親を連れ来店。

かわいらしいお母さんの様子を伺いながらのおしゃべりであったが、なんとなく手応えありで失礼な発言も盛り込み全開での接客。次回は是非、話題の弟の来店を望む。

山芋が大好きな娘たち来店中。

前夜に続いての来店であるが、「とろろやき」 3人前を始め、「やまいもばいにく」 「やまいもたんざく」 「やまいもからあげ」 などのご注文。おかげで山芋が会話の突破口になるが、片方の娘は4月からタレントとして上京するとの事。まだ最終芸名は決まっていないとの事であったが、「山芋」 を冠に用いるのも1つの手である。

忙しかった3月、さて4月はどうであるか・・・、閉店。


「いのる」

2006年03月30日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は暖かいほうのダウンジャケットでの出勤でした。

到着。ぼちぼちの状況、着替えて厨房へ。

悶々娘、元彼と来店。

「MOTHER 2」 のエンディングを無事迎えることができた彼女。来月20日の 「MOTHER 3」 の発売になんとか間に合ったようである。きっと今回も糸井氏の抜群のセンスが散りばめられた、素晴らしい作品になっている事であろう。

梅田組、後輩のbase組たちを連れ来店。

隣席のかわいい娘たちに興奮気味の彼たち。彼女たちを意識した会話に終始するが、反応なし。これは僕らもよく用いる戦略で、特定のお客さんに話しかけているようで、周囲のお客さんたちもターゲットにする方法である。周囲が笑えば、そこへつけ入り会話を始められるのである。しかし、彼らのそれは、僕らよりもヒドイ仕上がりでスベりっぱなしであった。

その後、来店が続き満席に。

向こうのカウンターに中年男女4人組来店。

40代半ばと思われるグループ、とにかく愛想が抜群である。この層は僕らよりも年輩という理由からか、偉そうに上からモノを言う方たちが多く見られるが、彼らは完璧である。しかし、残念なことにたぶん同業者であろう。すべての大人がこのような姿勢であれば、恒久平和も夢ではないだろう。

そのまま夜中へ。

近所のお鮨屋さん夫婦来店。

職人さんには珍しいおしゃれさんな彼。しかし、顔が 「がきデカ」 な分、注目は薄いかもしれない。かわいいチョイスも残念である。

休日をエンジョイ、ベロベロのおおみぞさん、みやんと来店。

カラオケに4時間も費やした後の来店、かなりのアルコール量でゴキゲンなおおみぞさんたち。この2人のカラオケ風景を是非一度、VTRで見てみたい。歌詞以外も、きっと間違いだらけであるに違いない。

その後も来店が続き、年齢も影響、クタクタに。

最後に残った音響さんのお話にギブ・アップ寸前の閉店。


魔法

2006年03月29日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は本日から続く寒波の予報に、真冬並みの装備での出勤でした。

到着。天候のわりにそこそこのお客さんの入り、一服なしで着替えて厨房へ。

実家がミナミの男女4人組来店中。

それぞれが別のグループを形成しよく来てくれる彼たち、昨夜は幼なじみのメンバーでの来店。メンバーの1人に変わった男の子がいるため、他のメンバーでその子をイジる図式。熱心に宗教を信仰し、大学で野菜の研究に精を出す彼。見かけからはまったくのモテない君である事は察しがつく。しかし、本人曰く結構モテるそうで、キザな台詞を並べ女性遍歴を語る彼。メガネを替えて少しはマシになった彼であるが、たぶん嘘が半分以上を占める告白であるだろう。

騒がしい娘たち5人組来店中。

騒がしいのはまったく構わないが、行儀の悪い彼女たち。推定される年齢も20代後半、子育ても視野に入れての行動・言動を望む。退店した彼女たちのカウンターは、男の子のお客さんたちでもめったにないほどの醜状。キレイに片付けてくれるお客さんが多いため、一際目立つ、女の子として見た場合のマイナスポイントである。

夜中になり、活気付き満席。

和歌山県から来店の娘たち。

先日、家族で初来店してくれた娘。昨夜は友人と車を飛ばしてわざわざたこしげに。距離ではないが、頭が下がる思いである。もちろんウーロン茶での宴。

不思議少女、小悪魔娘来店。

どこかしら胡散臭い不思議少女、原因は眉毛ではないか?との意見が噴出、眉毛を整える。しかし、まだ胡散臭さは完全には消え去らないでいる。その後、身体が弱い小悪魔娘の大胆発言で盛り上がる。カタカナと漢字ではまったく意味が違ってくるとの再認識。

強面ディレクター、仲良しクラブママと来店。

ベロベロクラブママ、珍答を繰り返す。口元もだらしなく、男たちを手玉に取るいつもの姿が影を潜める。

「1人です」 の意味を持つ、指を1本掲げながら木村君来店。

前日の取材での行き違いを説明、詫びる。昨夜は酔いも手伝い、僕の話に大袈裟なリアクションに徹するバージョンの木村君であった。

送られてきた 「もちはだ新聞・創刊号」 に目をやりながらの閉店。


LOVE定額

2006年03月28日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はいつもよりは早め、しかし、予定よりも遅れた出勤でした。

到着。厨房ののれんが外され、変な感じ。一服後に厨房へ。

昨夜はフジテレビのちょっとした取材、グルメリポーターの彦麻呂さんという方が来店。

しかし、テレビカメラの取材ではなくデジタルカメラでの写真撮影という事で、おおみぞさんに任せていたので彦麻呂さんに遭遇できずじまい。数人の芸人も協力してくれ無事に撮影は終了し、残すは僕の写真撮影だとか。ちなみに彦麻呂さんをまったく存じ上げない僕は、あまり興味のない出来事でもあった。

メッセンジャー・黒田、梅田組を伴い来店中。

てっきり撮影に呼ばれたのかと思ったが、まったく関係のない来店であるという。早い時刻の来店であり、お酒も少なめマジメなお笑い談義に興ずる黒田であった。

みやん、悶々娘と合流中。

珍しく元気のないみやん、どうやら悩みがあるようだ。下着屋さんの店長としてがんばる、最近やさしい悶々娘は、みやんの話を親身になって聞いてあげていた。最終結論はリーダーのおおみぞさんを含み、お酒でも飲みながらあせらずにじっくり出せばよいであろう。

ダラダラと忙しさが続き夜中へ。

かわい娘ちゃんフニャフニャ娘と来店中。

彼と付き合って3ヶ月を無事に迎えた、かわい娘ちゃん。以前と変わらぬ頻繁の来店に、ナイスカップルの称号を。

マジメそうな娘たち来店。

標準語で話す彼女たちに話しかける。やはりわざわざ東京から、ブログを見ての来店であるとの事。もちろんお笑い芸人に興味がある彼女たち、笑顔で話に聞き入ってくれるその姿に、こちらも上機嫌でしゃべり倒した。

着物姿のクラブママと2人きり。

閉店時間を過ぎているにもかかわらず、のん気に飲むママ。この余裕は何処から来るのか・・・。

新しい携帯電話にほれぼれしながらの閉店。


11-14-13

2006年03月27日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜はまだ冬装束での出勤でした。

店の手前で後姿が貧乏そうな母娘を発見、よく見るとおおみぞさんとひよこである。母娘より先に到着、着替えて厨房へ。

おおみぞさんとひよこ、田舎顔の同級生と合流。

ひよこの誕生日プレゼントに田舎顔の彼、ひよこを連れドンキホーテに走る。変なぬいぐるみを抱えて、ひよこたちお帰り。テレビをほとんど見せないおおみぞさんの教育のため、ひよこの興味は動物たちにある。したがって、本物、もしくはぬいぐるみなどの動物モノに食いつくひよこ。

鼻に特徴のある娘たち来店中。

10年ほどの間、定期的に通ってくれる娘たち。転職を繰り返す彼女であるが、たこしげ好きは変わらないようで感謝。

たむらけんじ、世界の大林素子と社長さんを連れ来店。

とても気さくな大林さん、芸能界で成功するのもうなずける。あの愛想の良さは計算からは出ないであろう、ふとした表情にも彼女の素が垣間見れる。問題は背が大きすぎるところのみである。

夜中になり、ちょっと活気付く。

数回来店のある同業者っぽい男の子たち来店中。

おしゃれな焼酎の会話から、しゃれた店だと想像できる。「お休みはないんですか?」 の問いかけを口火に、初めてのおしゃべり。より通ってくれそうな手応えありである。

酔っ払った木村君来店。

素面時や嫁同伴時はクールな木村君であるが、酔っ払った木村君はヒドイ。おもしろくない事の連呼に再三の注意。「嫁に言うぞ」 の台詞に尻尾を巻いての退店。

日曜日恒例の腕組み娘、明菜似娘たち来店。

昨夜も彼女たちがハマっているボウリング談義。彼女たちの投球ホームを最新の携帯電話のムービー機能でチェック。投球ホームだけには納まらず、ボウリングに関するいろんな要素を、ボウリング用語をわざと用いての指導。しかし、僕の実力を知るメンバーが聞いたら、あざけ笑われる内容であっただろう。

右肩もほぼ完治、開幕近しで閉店。


FOMA ブーム

2006年03月26日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は土曜日、「満席やけど、ゆっくりでいいよ」 にちょっとだけ甘えての出勤でした。

到着。おおみぞさんの言葉に偽りあり、満席でそれも相当忙しそうである。どうやらブログによく記述される 「早く来て!」 が気を遣わせた原因であるようだ。着替えて厨房へ。

頭が働かない、かなりの注文の量、右肩の不調とうまく動けない。

なんとか一服。

みやん、悶々シスターズの常連たちに kimidori 娘を加えたゆかいな仲間たちが完成、来店中。

彼と別れた悶々シスターズであるが、姉の方は特にやさしくなったように思う。以前にも増して言動や仕草がいい感じにやさしくなっている。良い経験をしたようである。

30代のお笑いファン娘たち来店中。

昔からのファンであるようだが、通ってくれるようになったのは最近の事である。昨夜も家から梅田花月、そしてたこしげ、そして家へと長距離自転車移動。30才を超えてのこのバイタリティーには脱帽である。

看護士娘たち来店。

久しぶりの来店であるが、かなり太っている。形成外科の看護士という事で右肩の不調について尋ねるが、まったく役に立たず。お菓子ばかり食べて、仕事をしていない疑いありの娘である。

そのままの勢いで夜中へ。

おおみぞさん上がるも、昨夜は香川さんの欠席もあり、恒例のスペイン料理ではなく、幼なじみの kimidori 娘と 「もつ鍋」 店へ。

テレビ前に競馬好きの男の子たち来店。

「お願いがあるんです」 と切り出され、「ドバイ・ワールドカップ」 を放映。競馬に詳しすぎる彼らの解説を聞きながら、一緒に観戦。

マメな娘、元彼と来店。

「ミスたこしげ」 にも選ばれそうな美しさを持つ彼女、最近はアーミーな感じ。これがまたいい感じであるが、おみやげにくれたヘンテコなシュークリームは減点対象である。

戻ってきたおおみぞさん、残っていたみやんと合流。

バイクでの帰宅を企み、スポーツドリンクで酔いをさますおおみぞさん。昨夜は 「夢」 をよく見るおおみぞさんの話に来客爆笑。やはり、おおみぞさんは 「おもしろ娘」 である。

グルメリポーターの来店予告に、 「?」 な閉店。


茶碗蒸し

2006年03月25日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は遅出、毎週の事であるが遅すぎる出勤でした。

到着。忙しかった様子、カウンターを片付けながら一服後に厨房へ。

キタ新地の飲み屋さんチーム来店中。

最初は苦手な軍団であったが、頻繁の来店に愛を感じる。これには応えずにいられない気持ちが作用し、結構お気に入りの軍団に。

Barをされている男性たち来店。

お客さんの紹介により時々来てくれるおしゃれさんたち。昨夜は店のお客さんらしき男性も同伴、話題が丸坊主へ移り丸坊主談義。理髪店で丸坊主をお願いしているという彼に、バリカンを勧める。昨今の 「おしゃれハゲ」 ブームで丸坊主特集の雑誌もあるらしい。ちなみに僕はおしゃれでも何でもなく、頭髪とヒゲが同じ3mmの長さになるよう刈っている。ヒゲが濃く見えるのは頭髪が少ないせいである。

草野球の開幕を危惧しながらの閉店。


コジマ

2006年03月24日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は少しだけ春の装いでの出勤でした。

到着。結構な賑わいを見せているが、おおみぞさんの厚意により、一服後に厨房へ。

筋を違えたのか、体勢により右肩に度々激痛が走る。

お笑いファン娘たち来店中。

来月から1年間、ワーキング・ホリデーを使いカナダへ旅立つ娘。昨夜が最後の来店であったが、1年間などすぐ経つが1年後のたこしげの存続は確約できない。

みやん来店中。

忙しい時のみやんの存在はありがたい、注文を運んでくれたり片付けたりしてくれる。しかし、ひまな時のみやんの存在は、ずっと笑ってばかりで、時には何故かイライラする場合もある。

かっこいいメガネに入札していたが、忙しさで気付いた時には他人に落札される。

「レンズをいいのにして、ちょっと色も入れようかなぁ」 などと、描いていた為、結構ショックであった。

夜中になり、ちょっと落ち着く店内。

洒落た娘たち4人組来店。

服装や言動から察しはついていたが、芸大生だとの事で納得。油絵と彫刻に勤しむ彼女たちであるが、やはり就職は違った道へ。芸術で食べていくのは相当大変な事なのだろう。

ブラックマヨネーズ・小杉、電話で状況伺いの後、来店。

たこしげの常連さんとの交流を好む小杉。昨夜も来店中の悶々娘、マメな娘、着物ママ、ブラジル帰りの阪大生、飛田娘とキティーちゃん娘たちと合流、楽しそうな小杉。携帯電話の新機種にも精通しているようで、機種変更を考える娘にも的確なアドバイス。もちろん、昨夜も自ら 「ごっつあんでーす」 とおごってもらい、ご満悦な小杉であった。

電波が悪すぎるたこしげ厨房をも変えてしまったFOMA、ストレスを感じなくなった閉店。


四十肩

2006年03月23日 | 日記・エッセイ・コラム

最初に、22日分はサーバーメンテナンスの為、更新できなかった事をお伝えします。

昨夜は 「ずっと、待ってやるよ」 の報せに、雨の中、急ぎ気味での出勤でした。

到着。雨カッパを干して、着替えて厨房へ。

トータルテンボス・藤田、base組と待ちくたびれながら来店中。

どうやらかなりの時間待ってくれていたようで、恐縮である。東京組であるにもかかわらず、来阪の際は必ず来店してくれる藤田はかわいい奴である。

雨も関係か、めちゃひま。

夜中になるも、めちゃひま。

昨夜から出勤、クラブママ気合の着物姿での来店。

両親に犬をプレゼントした親孝行のママ。犬種はチワワとダックスフンドが混ざった雑種、しかし、15万円もしたそう。雑種の中でもかわいい犬たちは 「ミックス」 と呼ばれ結構な高値を付けるらしい。ちなみに、おおみぞさん家の偽ビーグルは5万円である。

メッセンジャー・黒田、ダメなbase組を連れ来店。

彼がダメすぎて、かわいがっている黒田。昨夜も黒田と一緒にダメな彼をイジる。たこしげ野球チームに所属する彼であるが、今季は野球でもイジってあげよう。

野球大好きの男性たち来店。

頻繁の来店に感謝である。息子さんが所属する少年野球チームの指導もされているという、野球大好きの男性。彼の野球に対する愛にはかなわないが、少しなら知識もあるのでずっと野球のお話。魔球を教えてもらえたラッキーな夜。

黒田の 「半分だけ入れて」 の攻撃に、遅れた閉店。


3軒回る

2006年03月21日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は祝日前、「同級生来てるよ」 の報せに急いでの出勤でした。

到着。満席の状況に着替えて厨房へ。

少し前に満席になったようで、多くの注文をおおみぞさんの指示通りにこなす。

モード学園時代の同級生たち来店。

神戸でカフェなる流行の喫茶店を経営する彼、赤字だらけの経営に笑う他ない。おまけに結婚で悩んでいると持ちかけられるが、彼女には別に本命の彼がいるそうである。「なんじゃそら」 な数年ぶりの再会であった。

保母娘たち来店中。

毎週土曜日に来店してくれるが、昨夜は祝日前で納得。もうすぐ春休み、新学期のクラス替えが楽しみという。生徒同様、先生たちもドキドキするようである。

レコード会社の娘、先輩と来店中。

先輩と紹介され事なきを得たが、一見、彼女の母親と間違えるほどの老け具合である。35才との事であるが45才にも見える、老けすぎた娘。昨今年齢のわりに若く見える人が増えている中、珍しい存在である。彼女も交えその理由を考えるが、一向に見当たらず。おもしろく元気な彼女は、「老けていたっていいじゃない」 と思わせる存在でもあった。

夜中になるが、お客さんあまり動かず満席のまま。

一見さんの娘たち来店中。

隣席のおもしろい子のおかげでお酒もすすむ。笑わされたり怒られたりしながら、楽しい初来店になったようである。

名古屋からお笑いファン娘たち来店。

以前にお願いしていた 「ひつまぶし」 を忘れず律儀におみやげとしての持参に感謝である。ごちそうさま。

70年代美容師、友人たちと来店。

栗坊のような髪型で異彩を放つ娘。意味不明な発言を繰り出す酒癖を持つ彼女であるが、定量オーバーの昨夜も訳のわからない返答を続ける。

その後も忙しさが続き、注文・洗い物・おしゃべりと忙しく繰り返す。

連夜の飛田娘、明菜似娘、腕組み娘たちと談笑後の閉店。


茶と青

2006年03月20日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は WBC 「日本ー韓国」 戦を見届けての就寝、寝不足気味での出勤でした。

到着。満席だったようで、カウンターにまだ多量の片付け物。着替えて厨房へ。

向こうのカウンターに懐かしい娘たち来店中。

10年ほど前からのお客さん、「わんちゃん」 と呼ばれていた娘である。犬の仕事に携わっていたため、そう呼ばれていた娘だが、正式名は犬に顔面を噛まれた経緯から 「わんちゃん噛まれ」 であったような気がする。呼び名が長すぎるので 「わんちゃん」 と短縮されたと記憶する。若い頃は他の居酒屋で靴を失くしたり、奇妙な福袋を買ったりなどの奇行が目立ったが、聞けば彼女も32才、アホっぽさは残るが立派な大人になったようである。現在の彼女、ドッグ・カフェと呼ばれる愛犬連れでお茶が楽しめる喫茶店を経営しているという。そんなものこの世に必要なのか?の疑問は残るが、お好きな方はどうぞ。 http://www.wasabee-cafe.com/

わんわんランドを退職した娘たち来店。

昨夜のたこしげ、わんわんだらけである。昨今のわんちゃんブーム、僕は見事に乗り遅れている。おおみぞさんは雑種の疑いがかけられているビーグル犬、谷口さんはイタリアン・グレーハウンドという変わった犬たち数匹とそれぞれ暮らしている。ブルテリアは飼ってみたい気もするが・・・。

夜中になり、落ち着いた感じ。

しかし、2時をまわり一転、忙しい方の日曜日夜中、満席に。

見慣れた顔が並び、ダラダラと注文をこなせるありがたい展開。

マメな娘、元彼と来店。

昔はのんびりとした日々を過ごしていた彼、今は一転、忙しすぎる日々をおくっているようである。昔の彼からは想像もつかないがんばりに、只々脱帽である。

飛田娘、幼稚園娘と来店中。

新コンビ結成である。本気になれば結構強力なコンビになるであろう彼女たち。

明菜似娘、腕組み娘と来店中。

突如ボウリングにハマりだした腕組み娘。マイボール、マイシューズの購入も検討中であるとの事。たこしげボウリング大会を休止してからかなりの月日が流れるが、60-80のスコアではまだまだ僕らの敵ではない。昨夜は上記述の新コンビとの交流戦がほぼ確定、緊張感のある女の戦いになるか、はたまたセクシーボウリングになるかのどちらかであろう。

片付けの山と祝日前の仕込みに、万全を期しての閉店。


起死回生

2006年03月19日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は雨の中、ゆっくりとした出勤でした。

到着。土曜日のわりには落ち着いた店内。顔を拭い着替えて厨房へ。

奈良から素朴な男の子たち来店中。

忙しい最中、なんだかんだと話しかけてくる男の子たち。野球部出身者特有の男の子臭さ満開の彼らであるが、素朴な街で育ったせいか、かわいらしい感じのみの印象。

mixi でたこしげコミュニティーを管理する娘たち来店。

彼女の独自の判断での活動には感謝する。一体どんな内容なのか、気になるところではあるが、mixi 自体に参加する気はまだ起こらない。

夜中になり、少し活気付く。

毎週恒例のスペイン料理店へ、香川さん来店。

昨夜は主役のおおみぞさんに加え休職中のクラブママ、みやんを加えた豪華なメンバー。おしゃれしてのお出かけ。

一見さん3人娘来店中。

先日のテレビ、このブログをきっかけに来店。「出会いがない」 とぼやく娘たちに、ちょっといい話。初対面に力が入り、他のお客さんたちを放置してのおしゃべり。

サバンナ・高橋、全国区base組たちを連れ来店。

昨夜も行儀の良い態度でお酒を楽しむ高橋。前回のはしゃぎっぷりを詫びる姿にこちらも恐縮。

阪神娘たち、かわい娘ちゃん、フニャフニャ娘たちの定例会。

昨夜は隣席に来店中の首が短いような気がする娘、眉毛が太すぎる娘も合流の大宴会。同年代の彼女たち、いろんな話題で意気投合。今後の定例会、メンバー増も考えられる展開である。

差し入れのパンで中途半端な満腹感、片づけが捗る閉店。


きのくに子どもの村学園

2006年03月18日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は遅出。本日の雨予報に準備万端での出勤でした。

到着。落ち着いてはいるが、忙しかった空気が漂っている。一服後に厨房へ。

メッセンジャー・黒田、ベロベロでの来店。

「久しぶりに飲んだ」 という黒田である。そう言われてみれば久しぶりのベロベロ度のような気もする。後に合流した飲み屋の男の子たちをイジって楽しむ黒田。彼らは自らの早めの退店で難を逃れるが、あのまま続いていたら 「カメラ目線の伝授」 「痛くない叩き方の伝授」 「叩かれた後のリアクションの伝授」 などが素人の彼らに対して行なわれるところであった。

同業者っぽい4人組来店。

注文の仕方、料理の受け取り方など完璧な彼たち、間違いなく同業者である。しかし、荷物で空席を大量に占拠する行為はいただけない。仮に他のお客さんが来られた場合、席につくまでに面倒な作業を要するし、入店時の印象にも影響を与えかねない。荷物で席を占拠するならグループで1つにすべきである。

遅出のため、体力が有り余る。テキパキと明日の仕込み。

閉店間際に木村君来店。

遅い時間ではあるが、ほぼ素面。最近のはしゃっぎぷりが影を潜める大人な木村君。これでいいのかもしれないが、個人的には周囲にひんしゅくを買う木村君がおもしろい。

久しぶりにスムーズな閉店。


死刑存続

2006年03月17日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は早めの出勤でした。

到着。ひまそうであるが、一服なしで厨房へ、おおみぞさんと交代。

竹若君、カプコンの男の子と来店中。

配属部署柄、携帯電話に詳しいカプコンに新機種の発売時期を伝え聞く。機種変更予定の僕と竹若君はドコモユーザー、本日ノキア製FOMA、21日にソニーエリクソン製FOMAの発売であるという。趣向が似ている2人にとっては迷うところである。携帯電話に詳しいカプコン曰く、おしゃれ度はノキア、機能性はソニーエリクソンとの事。う~ん、迷うところである。

みやんとケンカ娘来店・合流中。

仲良しの2人、昨夜も一緒に宴。酒癖の悪い彼女であるが、それを受け止めるみやんの偉大さに脱帽である。この懐の深いみやんが脚光を浴びる時代が訪れるのだろうか・・・。

ひまなまま夜中へ、外はまだ雨模様。

滑舌の悪い野性爆弾・城野から電話。

たぶん 「6人ほどで行きたいのですが・・・」 風な事であったように思い、「15人ぐらいは入れるよ」 と返答。 「じゃあ、いきます」 のような返答をもらう。本当に城野はメールが世に現れてよかったタイプである。

千原ジュニア、売れっ子・陣内智則、サバンナ・高橋、城野、フットボールアワー・後藤、リアルキッズ・長田、トータルテンボス・藤田、千鳥・大悟、ダイアン・津田らにカリスマ社員たちと総勢10人超での来店、一挙にほぼ満席。

藤田が前へ出る宴。東京組には珍しい勇気ある行動に拍手、しかし、なんとなく 「惜しい」 の藤田評である。その後、ブラウン管を通してでは、普段のかわいげがまったく伝わらない千原ジュニア、このままではダメだとの結論でジュニア改造計画に長田が動く。ついこの間までは子供だった長田、しかし、昨夜の彼は素晴らしい活躍を見せた。「どんぐり」 よりも強烈な諸先輩たちからの殴打に耐えてのノリの敢行に、大拍手。昨夜の宴、かなりおもしろかった。

睡魔との闘いの閉店。


リュカ & クラウス

2006年03月16日 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は睡眠不足が祟ってか大寝坊、慌てての出勤でした。

到着。落ち着いた状況にホッとしながら着替えて厨房へ。

飛田娘来店。

ひまなので彼女の将来を考える。いろいろ語り合ったが、結論としては 「小舟のように流れに身を任せながらの人生」 に達する。そう、自然体である。

2度目の来店、風俗案内所の男性たち来店。

この仕事の魅力の一つに、自分の仕事に対しての結果がすぐに現れるという部分がある。この再度の来店というものが、僕たちの仕事に対しての姿勢の肯定につながる行為であり、明日への活力になるものである。しかし、肩の力を抜いて無理のない接客に徹する。

一見さんカップル来店。

「以前から気になっていたのですが、テレビを見て来ました」 との告白に、即答で 「おもしろかったでしょ?」 と応えられる自分がいる。引き気味のお笑いファン娘もいるようであるが、かなりおもしろかった。まったく意味のない番組であるとの批評もあるだろうが、僕らが知りうる、普段の自然な芸人の表情が時折垣間見れた貴重な番組であったと思う。

キタ新地から飲み屋さんたち来店。

昨夜は過去に数度来店のあるキワモノの男の子もいる。彼に僕らの知らない世界の話を詳しく聞かせてもらう。大変興味深い話ではあったが、遠慮したい世界である事には違いない。

遅れた分を取り返す仕事量に、なんとか合格点の閉店。