ケンのブログ

日々の雑感や日記

沢尻エリカさん保釈

2019年12月09日 | 日記
沢尻エリカさん保釈されたとニュースになっている。肉声のお詫びの言葉がなかったとか報道されている。薬物って僕の場合、例えば薬局で一般的な薬を買うときでさえ、店員の方からあれこれ質問されて、それに答えるのもややもすれば面倒だなと思ってしまう。

それは違法な薬物をやっていて、いろいろ報道陣と肉声のやりとりをするなんてちょっと耐えられないだろうなと思う。まあ、保釈のときは報道陣に囲まれると言ってもお詫びだけで済んだかもしれないけれど、、、。

エリカさんのことほとんど知らなかったけれど今度の事件でネットにさかんにニュースがでるようになったからその写真を見るとやっぱりちょっとあやしいような魅力のある方だなと思う。

薬物をやっているからあやしいような魅力になるのか、そんな魅力のある人だから薬物をやりたくなってしまうのか、それはわからないけれど。

ラジオで浜村淳さんが、エリカさんは今度逮捕されていやでも薬物をやめなあかんようになった。こういう薬物はそれこそ薬やめますか、人間やめますかという話やから、ここで強制的にやめる機会を得たことは、いわばおかげさまなのだ、という趣旨のことを言っておられた。本当にそのとおりだなと思う。

エリカさん年齢が33歳と出ていた。57歳の僕から見れば、まだとても若いと思う。その気になれば立ち直れると思うし、そう思いたい。十二歳ころから芸能界で活動してきたとラジオでは言っていた。僕には考えれないような花の世界だけれど、それだけ注目されてしんどいかもしれないと思う。

エリカさんが保釈後に出したコメントがスポーツ新聞のサイトに載っていたので読んだ。薬物につながる人間関係を断つこと、専門家の指導を受けて立ち直ることなどが記されていた。また、そのために保釈後医療機関に直行したということも書かれていた。

エリカさんの出した文書でのコメントはきっと専門家に相談して出したものだと思うし、医療機関に向かったのもきっと専門家のアドバイスによるのもであるように思う。でも、そこで専門家に頼ると決めたのはエリカさんなのだし、こういう時こそ信頼できる専門家に思いっきり頼るべきであるように思う。

立ち直れば知名度が高いから同様の依存に悩む人にとってはそれがひとつのひながたになることもありえるし。

できればそうなることを祈りたい。


この記事についてブログを書く
« ど忘れの年頃 | トップ | 皇后陛下誕生日 »