50歳の子育て奮闘記

2004年にフィリピンで再婚
その後日本に帰って子育に翻弄する
男としての最後の生きざまを綴る。

世間話の長い皮膚科

2012-06-30 00:08:32 | 日記

今日、愛ちゃんが 幼稚園から 帰るのを待って 皮膚科に 連れて行きました

受付で 問診表を書いて 待っていますが 5人しかいない 患者なのに なかなか順番が

進みません 私より先に妻が言いいます ここの先生何を 診てるのかな?

2時間は 待ったでしょうか ようやく 愛ちゃんの名前が呼ばれ いざ診察です

先生は ちらっと見るだけで 湿疹、アレルギィー、うう~ 塗り薬で 治しますね! だって!

それから 薬の効能の説明、塗り方の説明、世間話で 25分 これやで この病院がスローペースなんは

先生も お歳で 看護婦さんも お歳です 戦時中の話が 飛んで来ます。。 あらら

これは いけませんね~~~ 話が脱線していますわ

昨日の 

病院は 患者が多過ぎて 待ち時間が長く 予約制です

この先生は 患者は 少ないが 話が長過ぎて 待ち時間が長い!

どちらにしても 時間が掛るのですわ たまりまへんな””””

薬もどうせ ステロイドの子供用(キンダべート)なんでしょに。。。。  ハイ! 袋を開けて! ピンポン ですね

これなら 薬屋で買えるのですが でも7才まで 500円ですからね 薬屋で 買うよりは 安いし

ベテランの先生ですから 診る時は 診るでしょう とりあえず これでOKとしましょう

この先生は ここの場所で 皮膚科を30年近くしています 泥船に乗ったつもりで 任してみます

汗疹が かゆい 愛ちゃんですわ。。。

 

土曜日は少し大きめの プールを買いに 大阪まで

愛ちゃんの 誕生日会を 我が家で行い プール遊びを するのだと 勝手に決めた 愛ちゃんです

ママ連中の ランチはなぜか 私が担当で すでに スリランカ風カレーと メニューまで 決められて

居ます 日本人の奥さんは カレーが大好きなのだ 

これでいいのだ 馬鹿 ボンボン。。

 

 

コメント (4)

愛ちゃんの汗疹が!

2012-06-28 10:18:51 | 日記

段々と 愛ちゃんの 汗疹が酷く成り 困っています

愛ちゃんは 夏場に毎年 この様に なってしまいます 冬場は無いので 汗疹かも?

なんて 勝手に思っていたのですが 思い込みでは 危険ですし 今年は少し 例年に無く

ひどく 感じますので フィリピンに行く前に 診察を受ける 事にしました

でも 皮膚科はなかなか 近くに無く 有って も評判が悪い ようです

実家の近くに 妻も行った 皮膚科が有るのですが 評判が良過ぎるのか 

妻の時も 100人以上の診療待ちでした

今日は覚悟を決めて キャンピングカーで 行き 順番を持つつもりです

多分 前と同様で 診察は 午後9時ごろに 成る予想ですので キャンピングカーで テレビでも見ながら

夕食をしながら 気長に待って見ます

最近の子供は アトピーや喘息、色々なアレルギーを 持った 子供が 多過ぎますね

私の子供の時代は 栄養が足りない子供は 少しいましたが アレルギーの子供は 少なかったようです

又、私も妻も 皮膚関係に アレルギーは 無いのですが

私がペニシリンなどの薬に 反応するぐらいです 又、妻は日本に来て3年位から 花粉症と手の先に 

水虫のような 感じの物が 冬場に多く出来ます

日本に来て 体が段々と 弱く成ったのかも??

行って来ました 16:00に でもでも!

結果は 最悪でした 何でかと 言いますと 昨年から午後の診療が 予約制となり 門前払いです

そんな事は 当方は 知る余地も 有りません 診察カードには 診療時間が 書いてあります

有名に成り過ぎて 患者が増え ドクターが ギブUPしたのでしょう

でも 窓口の 対応が 今一でしたね あれでは 有名に成り過ぎて 頭が 高いと言われる事でしょう

何でもそうですが 引き受ける時より 断わる時の方が 難しいのです。。

今回は病院を 帰る事にします。。 残念無念。。。

残念そうな 愛ちゃん!!

 

 

コメント (8)

そろそろ 妻は帰国する準備です。

2012-06-27 10:22:31 | 日記

妻は 帰る為の BOXを作り始めます

食料や 医薬品、日常品を 詰め込んで 先に BOXで 送ります

妻の心は もう フィリピンですね! 気持ちは 私にも 解ります

他の姉妹は皆が 両親の近くで暮らしていますから。。。。

 

BOXは 現着まで 約4週間 ほど掛ります この時期は船便ですので 台風が 発生すれば 現着が

ずれ込みます。。。 

7月5日までに 送らなければ 8月初めには 現着しません

今日は その為の 買い出しです

安売りの 業者用スーパーに 大量買い出しです

又、薬は 愛ちゃんを 病院に連れて行き 訳を話して 多目に 風邪薬と 解熱剤を 手に入れます

旅費は安くても その他もろもろが 相当かかります

これも 国際結婚の 悩みでしょうか? でも 男も何か重荷が無いと 頑張れませんので 私には

丁度良いのかもしれませんね!

又、 妻が 先帰り 私が 後で帰る パターンですから 約30日は 独身に帰れます

少し 羽を伸ばすか?

ですが 2年前の妻の帰国では 途中で体調を くずして 実家へ 帰りました

 1人に成ると リズムが狂うのか?

特に この2年は体調が 不良ですから 気を付けなければ。。。

そうでした 今日は愛ちゃん お弁当の日 なのでした

今日は 残さず 食べれましたか??

今年から 水曜日1回だけに なった お弁当です。。。。

 

 

 

 

コメント (4)

妻が怒っています!

2012-06-25 23:01:36 | 日記

妻がブツブツ言いだしました

それはジェニーちゃんが 思うように 動かず 何も言わない限り 動こうとしません

又、毎日する事を覚えず 何時もTV見ています。。

自分だけの部屋も 自分から掃除をしようとしません! 2日一度は掃除機を掛けて 

洗濯を干したり たたんだりと 主婦の仕事は色々と 大変です

私は言います 自分の子供でも 今では 家事を手伝わず 遊びまわります

今の19歳は こんなもんだよ!

でも 妻は聞きません 自分はこんなのじゃ 無かった もっと家の手伝いを 一杯した

掃除も洗濯も 炊事も全て 手伝いました。 来年は呼ばない お金の無駄だと 妻が 吠えています。。。

昨日も深夜に コーヒーを飲みながら 話し合いました

毎年 ジェニーちゃんを呼ぶ 理由をしかっりと 本人に 自覚さすべきだと!

日本に 何を求めて 何をしに 来ているか ただ 単に 美味しい物を食べ 遊びに行って お客さん 扱い

こんな事をさす 為に 高いお金を掛けて 呼んでいるのでは ない事を 教えるべきと 2人の意見が まとまりました

私は 自分なりに理由を持って 呼んで居ます

将来にジェニーちゃんの為に 何か 学んで 欲しい事、 日本語をしっかりと学んで 日本の精神や習慣など 良い所を

多く学び これからの人生の知識として習得して欲しいなどですが!

妻の田舎では 海外に出ること自体 夢のまた夢です でも 叔母さん(妻が)日本に暮らすので

その夢が かないます このチャンスを 何とするかは 本人次第です

ジェニーちゃんの場合は 長女でまだ下に 3人も弟、妹がいますので しっかりと して欲しいのが

妻の望みだそうです。。。

私も 日本語をしっかりと マスターして 話し相手に成って欲しい所です。。

でも 多くを期待するのも 重荷ですね!

日本成れば 花の女子大生ですからね 何か学んで帰るでしょう?

残り後 1カ月ですが 今後の努力を期待しましょう。。。

 

 

 

 

 

コメント (7)

米が無く成った!

2012-06-24 20:59:09 | 日記

米が無いと 妻が言っている

実家へ突撃だ、、、 愛ちゃんが爺、婆に電話をします お婆ちゃん 買い物に行きたい~~と 愛ちゃん。

お婆ちゃんは 2つ返事で お出で、お出で ママに米も有るでと言って!

何で 愛ちゃんが電話したか 先を読まれたか? 

爺、婆が元気な内は 甘えときましょう これも 親孝行です

実家へ 行ってみると 墓の話をして来ます 天王寺の一心寺が 安いだとか 都会だから 

行きやすいとか 言って来ます 私は天王寺は 1週間に1度は行きますが

まだまだ 墓の話は早いで する事して 残すもの残してからに してや!

こんな話を する歳に成ったのかと 親子共々 考えさせられました。。。。

でも 祖父は京都東山です この正反対の方角では 私は忙しくなり 出来れば 代々一緒か 近くにして下さいよ

先祖代々と 石清水八幡が我が家系にゆかりの神社です

この近くでまとめて 欲しい所ですが

 私が死んだら何処に 墓を作るのか?

フィリピンの共同墓地の 丘の上で穴を掘って 埋められるのでしょう 

なんでも OK 何処でも OK 気にしない方です

でも 私はそこに居ません! 千の風に乗って 飲みに行きます。。あはは。。 それが生きがいです

あっ! 死んでからか!! 

こんな 罰当たりな 奴なのですが 神様~ ながいきさせてくださ~~~い。。 お願いします。

この小さな娘と 一緒に飲める ぐらいまでは 頑張ります

四天王寺で 長いロウソクを買って火を付けました 40円もしたのだぞ!

願いがかないますように。。。。

 

 

 

 

 

 

コメント (6)