昔に出会う旅

歴史好きの人生は、昔に出会う旅。
何気ないものに意外な歴史を見つけるのも
旅の楽しみです。 妻の油絵もご覧下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

琉球王朝時代「中村家住宅」の油絵

2007年02月08日 | 妻の油絵
この写真は、2005年春に妻が描いた「中村家住宅」の油絵で、2004年4月、2005年3月と、二回訪問してそれぞれ同じシーンを描いたものです。

門を入って左に行くと、裏庭に続く小路の途中にある井戸と、その後ろに畜舎がある場所です。紅い花、石垣のある井戸、赤瓦の畜舎など、妻がとても気に入った場面です。

中村家住宅」は、沖縄県北中城村にあり、国指定重要文化財にも指定されている琉球王朝時代の建物です。琉球王朝時代の18世紀中頃に建てられたと伝えられています。
赤瓦の屋根上に迫力のあるシーサー、どっしりとした石塀、フクギの生垣など、古きよき沖縄の魅力を感じさせてくれるスポットです。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 恵美寿神社に「子連れの唐獅子」 | トップ | 三原市本郷町の「菅公手堀井戸」 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (中村家住宅)
2008-04-17 13:41:55
掲示板の投稿ではお世話になりました。
素敵な絵をご紹介いただきありがとうございます。
プログ開設のお知らせもかねてトラックバックさせていただきました。
油絵の写真の掲載に感謝します (tako_888k)
2008-04-19 06:07:23
沖縄「中村家住宅」のブログ開設のメッセージにこの油絵の写真や、リンクを掲載して頂き、妻と一緒に喜んでいます。ありがとうございます。
「中村家住宅」は、本当に素晴らしい屋敷で、昔の人の暮らしを感じるようです。
国の重要文化財を守って行かれることは、大変なことと拝察します。
陰ながら応援させて頂きます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

妻の油絵」カテゴリの最新記事