goo

愛車の条件

「愛車の条件」

「長距離ライディングで疲れないために」を決して放棄したわけではないのですが、時間も気力もあまりないので、ツイッター連結みたいなブログ記事です。

もしかしたらGPZ1100の後継機を考えなくてはならないのか…。
そんなことを、仕事の合間や、寝る前にぼんやり考えたりもしています。

自分がバイクに求めるものとは何だろう。

僕にはこれまでも、たぶんこれからも複数のバイクを維持することはできないから、
バイクは一台体制だ。

用途は、
1.通勤
2.ツーリング
3.ワインディング
4.チョイノリ
5.ちょっとした買い物、荷物も少しなら積んで帰りたい
6.場合によってはサーキット走行。ジムカーナ的なことも。

走る道は、
1.高速道路
2.幹線国道
3.地方幹線道
4.混雑した市街地
5.田舎の地方道・農道(通れる場合)
6.舗装林道
7.場合によっては未舗装道(実はわりと走る…)

走る時は、
1.朝から、夜も昼も。
2.晴れの日、曇りの日、雨の日、風のない日、風の強い日。
3.暑い夏も、寒い秋も春も、積雪期は基本的に走らない
4.楽しい時も悲しい時も、怒りに爆発しそうな時も、無力感に打ちひしがれた時も。

何のために?
1.嫁さんに言わせると、「ひとりになりたいからでしょう?」
2.「走らないとおかしくなりそうだから」なんとかしようとして。
3.「あんまり疲れたから」なんとかしようとして。
4.「あんまり忙しいから」なんとかしようとして。
5.(昔あった、暇をつぶしたいから…というのが、最近ないなあ…)
6.行ったことのない場所・道・などを訪ねてみたいから。
7.なんでもいいから、逃げたくて。(29年間、逃げ切れたためしがない)
8.ぼーっとしたいから。(走った後、バイクを停めて、景色やバイクを眺めて)
9.etc…,etc…,etc….

それを、一台で、すべてまかなえる、それが次期候補車となる。

GPZ1100は、17年間、このすべてを、一台で、引き受けてくれて、引き受け続けてくれている。
親も、友人も、同僚も、嫁さんも、知らない僕を、知っている。

バイクと一緒の時にしか味わえない気持ちがある。
バイクと一緒の時にしかできない笑顔がある。
バイクと一緒の時にしかできない泣き方がある。

思い返してみれば、僕はそうやってバイクと付き合ってきた。
思い返してみれば、僕はGPZ1100と、そうやって走ってきた。

速いとか、遅いとか、
上手いとか、下手だとか、
それがどうしたというのだろう。

今日も、職場と自宅を往復した。
明日も、重い身体と、重い心を抱えて、GPZに支えられて、また仕事に向かう。

GPZの後継機、本当に見つかるのだろうか。
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )
« 徒然に。 街中のヒヤリ... »
 
コメント
 
 
 
現実的に。 (アフターマエスポ)
2012-09-03 23:26:30
ご無沙汰しております。

確かにこれだけの相棒とのお付き合いは私も勿論経験したことはありません。
実に考え深いものがあると思います。

「なんの為に」
って興味深いですね。
それぞれの乗り方付き合い方が違うのでやはり個人乗り物なのでしょうか?
お互い楽しく乗れれば一番なのですね。
 
 
 
十人十色 (樹生和人)
2012-09-04 19:01:18
アフターマエスポさん(改名されましたね、フリーマエスポさんとも…)、こんにちは。
こんなに長く付き合う気持ちはなかったのですが、8年くらい前からは買い替えるきっかけを失ったままに、だんだん長くなってきました。

バイクの楽しみは、本当に十人十色、ひとりひとり違いますし、違っていいし、どれが偉いとか、あんまりないと思います。
私のように独りがメインという人もいますが、ヨーロッパでは日本よりずっとタンデムで愉しむ人が多いと聞きますし、一緒に走る楽しさを、バイクで堪能している…というのも、立派にバイクの楽しみ方だと思います。

私は私の、今までのいきさつやら、生き方やら、そんなものがいろいろあって、それで、バイクに求めるものも、だんだんこんなふうになってきたみたいです。

いずれにせよ、好きで乗るバイク、楽しいのが一番ですね。
 
 
 
お久しぶりです (ロッシネン)
2012-09-04 19:45:04
覚えてお気いででしょうか(笑)

普通は次の愛車選びって、悩んでるときが一番楽しかったりするんですけど、樹生さんの場合はちょっと違うんですね…


私事ですが、昨年長女が生まれてからあまり遠出が出来なくなったのですが、先日かねてから念願だった福島の磐梯スカイラインへ行くことが出来ました^^

朝方3時に出てお昼前に帰るという弾丸ぶりでしたが、久しぶりにバイクに乗っていて良かったと思う瞬間でした

樹生さんの心の炎が消えた訳じゃないみたいで、なぜかなんとなく?安心した次第で御座います
 
 
 
心に決めて (樹生和人)
2012-09-04 20:09:26
ロッシネンさん、こんにちは。
忘れられない名前です「ロッシネン」!

磐梯吾妻スカイライン、天気はいかがでしたか?
2009年に私が訪れたときは福島市側が霧で何も見えず、景色は楽しめませんでしたが、それでも、素晴らしい道でした。
必ず、いつかもう一度、バイクで走りに行く。
そう、心に決めている、道です。

朝3時で高速を飛ばせば、朝の気持ちいい時間帯に走れたのですね。
そういうふうに、もう一度、訪れたい道です。

忙しく、ブログも更新できず、ご心配おかけしまして…。
灰の下に、いまだ火は消えず、です。ライダーですから。
 
 
 
最高でした (ロッシネン)
2012-09-04 20:44:14
お天気にも恵まれ、平日だったこともあり景色も合わせて非日常を堪能出来ました(笑)

本当は被災地も見たかったのですが時間の都合上叶わず…

私も死ぬまでライダーでいたいと漠然と思います

お仕事忙しくて大変そうですが、また進展ありましたら、ご自分のペースで更新してください、楽しみにしていますから^^
 
 
 
現在も、これからも。 (樹生和人)
2012-09-04 21:13:03
ロッシネンさん、晴れたんですね、それは素晴らしかったことでしょう!

東日本大震災、そして原子力発電所事故の被害はまだ続いていて、それは今現在も、私たちの問題であり、私の問題であることは、いつも忘れずにいたいと思います。

仕事の合間に、ブログも少しずつ、更新していきたいと思います。
お心遣い、ありがとうございます。
 
 
 
Unknown (かねしん)
2012-09-05 00:34:19
なんだか条件を読むと、冬道以外はどこでもいつでも走るって感じですね(笑)

後継機、GPZと同じものは無いと思いますが、別の素敵なバイクライフが待っていることと思います。
変化というものは楽しくもあるものですが、寂しくもありますね。
「愛着」という感情、ぼくはとてもとても好きです。

ぼくはとてもわがままで色んな物を求めたくなってます^^;
次買うとすれば大型バイクですし夢は膨らむばかり。
もし買うときは樹生さんにも相談したいなーなんて勝手に思っています(笑)
 
 
 
へんてこな、 (樹生和人)
2012-09-05 19:11:19
かねしんさん、こんにちは。

冬道以外はいつでもどこでも…まあ、ずばり、そうですね(^^;)。

私の場合、「楽しいからバイクに乗る…」というのはそうなのですが、少し、違ったニュアンスがあるかもしれません。
これは私の世代の特徴でもあるかもしれませんが、バイクに関しては、自分の若い頃の情熱や、生き方と結びついて、娯楽としてはとらえきれないところがあります。
自分の生き方すべてをバイクに賭けるみたいなところがあるのは、認めないわけにはいかないでしょう。
だから、GPZくんに対しても、非常にずぼらでトホホで、わりと大事にしていないところがありますが、それは、自分自身そのものなのです。
GPZを見れば、私という人間がある程度分かると思います。

こんな「バイクとの付き合い方」は人に薦められるものではありません。

こと、自分に関して言えば、不誠実なライディングは自分で許せない部分があります。
たとえ、バイク以外のほかの場面でどうであっても、最も自分らしくいられるバイクの上で、自分に対して不誠実なら、僕は何事にも誠実にはなれないだろう…という(考えではなく)感覚が、私の中にあります。

へんてこな、困ったおっさんなんです。

昔、先輩が私に「僕みたいになっちゃだめだ、君は、君になるんだろう」と言ったことがありますが、その意味が、やっと分かりかけてきた気がしているこの頃です。
 
 
 
その時の自分を持ってこれからの自分を見る (kaori)
2012-09-05 23:52:48
樹生さんこんばんわ、残業中一息ついてます。
夜も遅い朝も早く最近はいつ寝ているのか良くわかりません。

愛車の条件。。
樹生さんはきっとどうなんだろうと思いつつ、
わたしの場合は、結局バイクに乗り出した10代20代の頃のバイクを
乗り続けていて、きっとそれは その時の自分のまま感じたまま、
今の自分を感じて、先の自分を思いを馳せるライディングの時が
今も捨てがたく、その気持ちが女性ライダーとして珍しいくらい
永く乗り続けていられる理由かもしれません。
もちろんカワサキがあまりにも頑丈で壊れないことや、
元来ものを傷めず永く使う性格も基本にありそうです。

GPZくんをみたり、ナゼナゼしたりすると、何か話しかけて
いるような気がするのは、なぜかしら。。。
そこに樹生さんの愛車の条件があるような気がします。




 
 
 
原点 (樹生和人)
2012-09-06 00:40:33
kaoriさん、こんにちは。
kaoriさんも、ハードワークな日々なのですね。
どうぞ体をいたわってください。

kaoriさんのバイクに乗る理由、バイクで走る理由、もしかしたら、私もそうかもしれない…と、なんとなくですが思いました。
原点。自分の中の原バイクのイメージ。
それが、今も自分を照らすものとして、自分のこれカラを照射するものとして、生きているのかもしれません。

次期機種、予算が限られ、しかも10年は相棒として付き合えるものと考えると、なかなか悩ましい問題です。
でもまあ、楽しみながら悩みたいと思います。
 
 
 
Unknown (こばま)
2012-09-06 22:02:17
樹生さんこんばんわ、ご無沙汰です。

2年ほど前にカウル付きのが良いといって乗り換えたはずなのですが、DCTのが長距離移動しても楽そうだということでネイキッドタイプのに戻ってしまいました。

GPZくんに替わるお気に入りの一台、
見つかるといいですね。
 
 
 
お久しぶりです。 (樹生和人)
2012-09-07 18:48:32
こばまさん、お久しぶりです!

相変わらず、すごい距離数ですね!
そして素晴らしい旅をなさっているご様子。
うれしいです。

新しい相棒(=HONDA NC700S DCT<ABS)もかなりいい!みたいですね。

GPZクンの後継機種、ゆっくり探したいと思っています。
 
 
 
続きです。 (樹生和人)
2012-09-10 05:08:10
こばまさん、コメントが途中で切れてしまいました。
すみません、失礼しました。

新しい相棒(=HONDA NC700S DCT)、やはり燃費性能はすごいですね。ホンダの技術力の高さには本当に驚かされすし、敬意を感じます。

もう気が付けば秋。
シーズンも残り2か月を切ってきた感じですが、実りの秋に、素晴らしいツーリングができますように。

こばまさん、これからもよろしくお願いいたします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。