goo

クシタニ 「ロングゴートグローブ」購入

         (クシタニのグローブは大切に梱包されて配達された。)

懸案だったグリップスワニーの次期グローブ。
27日に宅配便で我が家に到着しました。
クシタニのロングゴートグローブ(税込み10500円)、サイズはLL。色は黒です。

クシタニのインターネットの通信販売で購入。代金は「代金引き換え」でカードは使用せず。

最終選考に残っていたのは、このグローブの他に、
JRPという四国のグローブ専門メーカーの3シーズンノーマル丈のもの
ペアスロープブランドで販売している、やはり四国のグローブメーカー(というか、小さな工房)の製品
の2つでした。
決められない私は、4月24日日曜日、再び無理やり時間を作って札幌市内のバイク用品店へ、店内のグローブを片端からチェック。

JRPの「DRN」モデルは在庫があったのですが、嵌めてみて、グローブの型と、自分の手の形との違いを感じました。
JRPのグローブは天然皮革を用いており、最初から使っているうちに伸縮するのを見越して製作してあります。本物の革靴などと同様に、馴らしをして、初めて合ってくるものなのです。しかし、今回の違和感は、手の型の違いによるものと思われました。
こちらが大本命だったのですが、今回は断念。
しかし、個体差やもしれず、いつの日か、再びトライしてみたいと思います。

ペアスロープのグローブは店内に見当たらず。

店内に合ったクシタニ製のグローブ、鹿革のディアスキングローブがあり、嵌めてみました。
1万5千円以上する、クシタニツーリングショートグローブとしては最高峰のものです。
嵌めてみて、との手の内がしっくり来る感じに、おお!と思いました。
しかし、手首あたりのすそというのか、その部分が、服の袖に入れるにしても出すにしても、手首とウェアの間に隙間ができ、風が入りそうでした。
かなり寒い中でも長距離、長時間走ることの多い私の場合、ここは譲れない。ここからの侵入風にライディング中の意識を少しでも持っていかれたくないし、手首を冷やすと全身の疲労度もかなり変わってしまうのは、経験上実感しているからです。

しかし、私の手とグローブの型が合うのはクシタニ製らしきこともわかりました。
グリップスワニーを買う前、ライディング用としていたのは、『ライダースクラブ』がぷリデュース、販売した「ベーシックグローブ」。製作はクシタニでした。それは10年使っても使い心地のよさに毎回感動できるもので、12年目、ついに指先の革が破れて引退したのですが、もともと私の手と相性がいいのは、わかってはいたのでした。

後は帰って、ウェブで検索。札幌にはクシタニショップがないのです。
そして注文。
「ロングゴートグローブ」の「黒」にしました。
ゴートグローブは、現在のクシタニ製ツーリンググローブの基本的な位置にあるモデル。

注文したのが25日夜。
到着したのが27日でした。



ウェブで見ると、「ロング」は相当スソが長くて使いにくいのでは…とも考えてしまいがちですが、実物はそれほどなが~いというわけでもありません。
現在のグリップスワニーG2と比べても、少しだけ長い程度。長さが邪魔になることはなさそうです。
感心したのは、グローブのカット、というか型。手を入れたときの形。
以前のグローブよりさらにカッティングが進化し、グリップを握ったときに自然な感じになるように作られています。
このカットはさすがレーシングギヤをずっと作り続けているクシタニ。
同じような手の形のカットでも、嵌めてみるとやはり違う、一日の長を感じる部分です。



多分、私はヤギ革(ゴートスキン)のグローブは自身初の使用となると思うのですが、まず、革が薄い!そして全体が軽い!これはもちろん、へヴィーデューティーなグリップスワニーと比較しているのですから、何を持ってきてもそうなるのかもしれませんが、ファッション用の皮手袋かと思うほどに、薄く軽いのです。
革については全く詳しくないのでわかりませんが、確かにきめが細かい感じがします。薄く、軽くても、簡単に破れたりということはまず心配ないでしょう。
また当て革の位置、形も以前のものからかなり変わっています。
転倒して手を着くときに衝撃を受けやすい掌の下の部分、小指側には、当て革だけでなく、ソフトな衝撃吸収材が入れられています。
そして掌の当て革が小指側に来るにしたがって下(手首側)へ曲がり込むように当てられていることがわかります。
バイクのグリップを握るときの角度に合わせ、掌と小指・薬指でくるみこむようにグリップを握った時の形が一番ラクに、ストレスなく握れるように作られています。
この按配はさすがというべきで、グローブが正しいフォームをさりげなく導くように作られているとも言えるでしょう。
このつくりは、ライディングをラクにしてくれるはずです。



小指側のパッドと手首周辺のカット、肘の骨の端あたりに来るクシタニの立体エンブレムは衝撃吸収材の上に乗っていて、これも防護の役割を受け持っています。同時に薄くて軽く非常にしなやかなヤギ革のグローブのスソが長さゆえにめくれたりよれたりすることのないように、成形の役割も担っている、という、機能パーツ。



掌と手首を分けるシャーリングも、掌に対してやや斜めに入っています。
これも、まっすぐよりもライディング時の姿勢には自然でストレスの掛からない角度で、掌を包み込むような安定したやさしい嵌め心地となります。

実はこの写真、親指が長く見えませんか?
今回、どのメーカーのグローブを嵌めても、他の指は新品時としてちょうどよくても、親指の革が余ってしまって不自然な感覚を覚えたのでした。メーカーにかかわらずということは、私の手の親指は他の人より短いのでしょうか?
このグローブでも親指の革余りが気になる部分でした。
しかし、グローブは遣っているうちに革が縮んだり伸びたりするもの。指に関しても1㎝くらいは縮むものです。
それを見越して、カット上、親指が長くなっているのだろう…、ということにしておこうと思います。
このままでもライディングに全く支障はきたさないと思われるので。

さて、まだ一度も実車で使用していないニューグローブですが、もし連休中にバイクに乗れる日が作れたら、そのときに使用して、使用感をレポートしたいと思います。

え?ウェアは決まったのか?
これがまた…、難航しているのです…。









  *     *     *      *     *     *     *     *






     


今日最後の写真は、我が家の洗面所に置かれた鉢、アジアンタムを管理してくれているのは妻です。今年で5年目のアジアンタム。去年大幅な切り戻しを経て、また緑の葉を伸ばしています。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« GPZのわけ... 「IPONE... »
 
コメント
 
 
 
ゴートレザー (ada)
2011-04-29 21:26:04
私も皮革には詳しくはないのですが、
ゴートは、山羊革ではなかったかしら?

やわらかくても丈夫なレザーですね。

私は、ブルゾンでこのゴートレザーのライダジャケットを冬場、愛用しています。

最初から手になじむ感じたと思います。
素敵ですね!

バイク操作も、良いと思います。
このグローブでたくさんツーしてくださいね。

では~
 
 
 
テストライドして (樹生和人)
2011-04-29 22:29:14
adaさん、こんにちは。
ゴートスキン、山羊革ですね。
それでブルゾン、贅沢な一品ですね。うらやましいです。

さて、グローブは実際に使ってみないと評価は出せないので、走ってみてから、またレポートしたいと思います。
操作性の他にも防寒性、ウェアとの相性などもレポートできればと思っています。
ただ、このGW、走れるか、ちょっとビミョーなところです。
 
 
 
クシタニ (プルプル)
2011-04-30 11:54:48
こんにちは、樹生さん。
今日は早い時間に、ご近所の方のツーリングに出かけるバイクの音が聞こえてました。
ひでGは勤務明けなので、お預けです。

樹生さんのグローブと私のジャケット、同じメーカーですね(^^)。
バイクを操縦しない私は、生意気にもブーツもクシタニなんです。
以前は他のブーツを履いていたのですが、足先が冷えて、冷えて……。
8年ぐらい前に、ひでGが買ってくれました。
クシタニのブーツを履いて初めてタンデムで乗った時、足があったかい!と感動したことは今でも覚えています。

連休中にバイクに乗れる日があるといいですね。

我が家のムスカリ、花が咲きました。

 
 
 
「最高峰」の愛情 (樹生和人)
2011-04-30 16:04:17
プルプルさん、こんにちは。
プルプルさんのジャケットはクシタニのクロスウェアの中でも最高峰のコーデュラ・ゴアテックスのものだったと思います。
ブーツも防水のものでしたね。
国内最高峰の技術と意識で作られた逸品。
ひでGさんがいかにプルプルさんを大切に思われているか、初めてお会いしたときに、そのウェアからでも伝わってきました。

人により、好みも違いますし、一概には言えないのですが、私はクシタニ製品を手に取ると、そのクォリティの高さにうならされることが多いです。

町内会、ぼちぼち活動を始める頃あいかもしれませんね。
今日は自宅での仕事で動けませんが、明日はオイル交換に行ってこようと思っています。

我が家はムスカリ君はまだ姿を見せずです。
桂の枝が、ほんのり若芽を広げて、紅くなってきました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。