新専貨回想

平成の世を駈けたヤード系輸送の末裔

秩父鉄道のプラ製車票

2018-12-02 19:53:51 | 民鉄・3セク

 某大手私鉄の基地公開イベントでの物販コーナー、秩父鉄道が出店するブースが目に留まりました。そこにはセメント貨車の車票が陳列されているので、これいくら?と聞いたら、硬券つかみ取り1回(200円)に付き1枚おまけ、とのこと。それって車票1枚買ったらおまけとして硬券のつかみ取り1回出来る、の間違えじゃないか?と思いうつも、2回引いて、2枚貰ってきました。

何れもプラ製で、石油やセメント、鉱石等の定型輸送に良く見られる、復路は裏返して繰り返し使用を前提としたものです。右側のは懐かしくもお馴染みの高麗川→石和間です。何で高麗川の車票が秩父鉄道のブースに並んでいるんだ、と言うツッコミはさて置いて。(まあ同じ資本系列だから、高麗川の専用鉄道施設廃棄の時にでも使えそうな用品と一緒に回収してきたのでしょう)問題は左側の方です。到着側は信越本線の上沼垂駅、同駅の貨物扱いは58-X改正で廃止されているので、少なくとも1984年2月以前のもの、ということになります。随分と物持ちが良い会社ですね。

裏返して往路側は、何故か駅名を拭き取った形跡があります。到着駅の廃止で用済みになった車票を書き換えて再利用しようとしたのでしょうか? 紙製の車票は未使用のものがイベントで放出されることは時々ありますが、使用済みは目的地に到着した時点で捨てられてしまうため、放出品として出てくることは滅多にないので、こうやってまとめて出てくるのは再利用可能なプラ製ならではでしょうか。

コメント

濃硫酸タンク車都道府県別常備駅リスト(多分間違いだらけ)

2018-11-17 20:42:04 | Weblog

 ふと思い立って、濃硫酸タンク車の常備駅って過去どれだけあったのかな、と思いつくままに書き出して、都道府県別にまとめてみました。戦前の神話時代も出来るだけ拾ったつもりですが、多分間違いだらけなので、御指摘等はコメント欄にお願いいたします。途中変更になった駅名もありますが、常備車があった最終時の駅名で表記しました。予想通り東高西低の分布ですが、全体の約2/3の都道府県に分布していたことになりますね。東日本に多いのは、発送元の製錬所が内陸部に多く、また特に冬季の日本海側は海上輸送に気象的障害があるからでしょうか。逆に西日本は主要な製錬所が臨海立地で、しかも気候が穏やかな瀬戸内側に面するので、内航海運の方が有利になるのでしょう。その中でも幸崎(日鉱金属佐賀関製錬所)からの鉄道輸送が細々と続いたのは、冬季は海が荒れて、しかも港湾、道路インフラが貧弱だった益田、江津と山陰に大口需要家を抱えていたからでしょうね。

北海道(5) 豊沼 港南 国富 東室蘭 五稜郭
青森県(1) 北沼
岩手県(2) 東八幡平 釜石
秋田県(4) 八森 小坂 秋田北港 羽後牛島
宮城県(1) 細倉鉱山
山形県(1) 酒田港
福島県(5) 磐梯町 郡山 宮下 南宮下 勿来
茨城県(2) 日立 神栖
栃木県(2) 足尾 足尾本山
群馬県(2) 安中 渋川
埼玉県(0)
千葉県(2) 北袖 甲子
東京都(2) 須賀 平井
神奈川県(1) 新興
山梨県(0)
新潟県(6) 太郎代 新崎 新潟港 焼島 関屋 二本木
長野県(0)
静岡県(1) 岳南富士岡
愛知県(4) 笠寺 名古屋港 名古屋南港 昭和町
岐阜県(1) 神岡鉱山前
三重県(1) 塩浜
富山県(2) 速星 猪谷
石川県(2) 松任 東金沢
福井県(2) 武生 敦賀
滋賀県(2) 木ノ本 石山
京都府(0)
奈良県(0)
大阪府(1) 安治川口
和歌山県(0)
兵庫県(1) 別府港
岡山県(1) 南岡山
広島県(0)
山口県(1) 宇部港
鳥取県(0)
島根県(1) 益田
徳島県(0)
高知県(0)
香川県(0)
愛媛県(0)
福岡県(2) 黒崎 大牟田
佐賀県(0)
長崎県(0)
熊本県(1) 水俣
大分県(1) 幸崎
宮崎県(1) 南延岡
鹿児島県(0)

コメント

初訪問

2018-11-04 23:56:57 | 民鉄・3セク

 昔から散々行っている筈の秩父鉄道ですが、そう言えば何故か大野原で降りてここまで来た記憶ないな…20年前なら山ほどセメントタキとホキで溢れ返っていましたが、今となっては大変寂しい状況になっています。

それでも結構頻繁に?鉱石列車が来て、入換作業が眺められるので見どころはありますが。ホッパーでの鉱石積み込み作業が非常に高速なのと、騒音や粉塵の発生がほとんど無いことに驚き。昔のイメージだと、石灰積み込みホッパーって、ガラガラと大音響を立てて積み込み、辺り一面石灰の粉塵で真っ白、というのがお約束でしたが、まあ住宅地も近いので、それなりに気を遣うのでしょうね。

  

ここの駅に隣接する秩父太平洋セメントの工場建屋、確か昭和30年代の建築ですが、何気に洒落たデザインで、駅の詰所とかも統一されたデザインコンセプトなんですね。

テキ218も相変わらずで。

 

構内入換用のDLは比較的新しめのタイプです。以前いたマルーン色の旧めの日立45tはもういないのかな?

(2018年11月3日 秩父鉄道線 武州原谷駅)

コメント

最後のカーバイド専用車考察(2)

2018-10-28 10:57:49 | Weblog

 再びホキ5900の話に戻すと、当時(昭和末期)の近鉄養老線貨物には、このホキ5900の他、西大垣発着の日本合成化学工業扱いのタキ3700(酢酸)、タキ9250(アセトアルデヒド)、タサ4500(酢酸ビニル)等が硝酸タンク車等と共にこれ見よがしに?連結されていたものだから、カーバイドはこの日本合成化学の工場に運び込まれ、これら酢酸誘導体の原料となるアセチレンの発生源となる、と誤解されてしまっていることが多いようです。運用の対岸となる武生、黒井はどちらとも信越化学工業の工場が立地し、同社もかつてカーバイドを造っていたメーカーだったので、余計に紛らわしい? 

 またちょっと脱線して、そのアセチレンから合成される主な製品をChemSketchでヘタクソな落書きをしてみました。(間違っていたらごめんなさい。これを貼ってみたかったからの企画?)

 

 しかし、これらの反応式で示される製品の原料は、60年代半ば~70年代にかけてカーバイド由来のアセチレンから、石油由来のエチレンやプロピレンに代替されていきます。その理由は、カーバイドは石灰とコークスをアーク炉で焼成するため、電力コストの高騰で競争力を失っこと、(1)の水と反応させてアセチレンを発生させた後に大量の廃棄物(不純な消石灰スラグ)が発生すること、止めは(2)のアセトアルデヒドプロセスで触媒として使われた硫酸水銀(II)が副反応で危険なメチル水銀を生成したことで、これらはホキ5900による輸送が開始された82年には工業的にはとっくに過去のものになっている筈です。

 しかも、日本合成化学大垣工場の隣にはカーバイドを焼いているメーカー、揖斐川電工→イビデン、が立地しており、ここに酢酸誘導体合成プラントを建設したのも、揖斐電のカーバイド在りきなので、わざわざ輸送コストを掛けて遠くから運ぶ理由が無いですね。と言う事で、ホキ5900の発送元はイビデン、荷受人は信越化学工業と推定されます。裏付けに「第三者使用 イビデン株式会社 臨時常備駅 西大垣駅」とおぼろげに読める画像も発見しています。次に信越化学では何に使っていたのか、と言う疑問ですが、同社では2002年まで石灰窒素を生産していたので、主にその原料と推定されます。信越窒素肥料として創業時から造っていたのに、82年になって何故いきなり輸送開始されたか?ですが、カーバイドの需要が減少したため、リストラで自社のプラントを廃棄して、外部調達に切り替えた、と言う事でしょうか。

 まあ恐らく古くからの貨車ファンには今更な話題で長々と能書き垂れましたが、鉄道友の会貨車部会の過去の資料でも漁れば運用面での疑問は簡単に解けるのでしょうが、今は会員じゃないので、現時点ではこの程度が限界かな?

 

コメント

最後のカーバイド専用車考察(1)

2018-10-27 22:49:47 | Weblog

 次のネタを何にしようかと考えていたところ、少し前にネタ振りした西大垣のホキ5900、ちょい調べてみると色々興味深いことが判明。最後まで残っていた割には、趣味者的視点で詳しく語られた文献に乏しく、ただ西大垣と武生、黒井との間で運用されていたことが辛うじて分かりました。

 国鉄末期の昭和62年時点で残っていたカーバイド専用車の運用は、電気化学工業のホキ6000形による青海-八木原間の工場間輸送と、このホキ5900形による西大垣-武生/黒井間の輸送のみで、三菱化成は塩浜にホキ6000形1輌の車籍を残していたものの、その使用実態は永年無かったものと思われます。電化の輸送は国鉄民営化直前に消滅し、西大垣拠点運用も昭和63年に近鉄養老線の貨物扱終了と共に終焉を迎え、カーバイドの専用貨車による鉄道輸送の歴史に終止符を打ちました。

 ちょっと話を逸らして、カーバイドの用途として、
(A)ガス溶接、溶断、灯火用アセチレンガスの発生源
(B)有機合成原料
(C)カーボンブラック原料
(D)石灰窒素(肥料兼農薬)原料
(E)製鋼用脱硫剤

と言ったところが主なものでしょうか。昭和30年代は多くの化学メーカーや電炉メーカーが参入し、隆盛を極めましたが、2018年現在で日本国内で生産しているのは、デンカ(青海)とイビデンケミカル(青柳)、あと日本カーバイド工業(魚津)は現在はプラント停止かも? その中でも国内シェア90%を占め、工業的に大規模生産しているのはデンカのみです。有名な青海の原石線で運ばれる石灰石は、カーバイド工場で消費される分を輸送している模様です。(セメント工場は直結のベルトコンベアがあります)

コメント

新専貨編成記録(11) 4380~4381レ その9

2018-10-14 21:11:20 | 日本海縦貫線/上越線/信越線

 さて、信越スジはこれで取り敢えず打ち止めかな。前2車の緑のコキ250000も、今となっては懐かしいですね。

2004年3月26日 4380レ@黒井

機  EF64 1024
1   コキ250345            新井留め
2   コキ253130            新井留め
3  コタキ105470 日本曹達/能町    能町→新井 液化塩素
4  アタキ  3716 ダイセル化学/新井  安治川口→新井 氷酢酸
5  アタキ    3712 ダイセル化学/新井  安治川口→新井 無水酢酸
6  コタキ  37789 東亞合成/伏木    昭和町→新井 苛性カリ
7   タキ  3732 JOT/名古屋南港   中条→新井 酢酸
8   タキ  3775 ダイセル化学/新井  中条→新井 酢酸
9   タキ  3752 ダイセル化学/新井  中条→新井 酢酸
10   コキ  50271
11   コキ  50023
12  コタキ  17767 日本曹達/二本木   二本木→新潟タ/二本木 交検
13   タキ  22907 日本曹達/二本木   千鳥町→二本木 青化ソーダ
14   タキ  22928 JOT/郡山      千鳥町→二本木 青化ソーダ
15   タキ  11803 JOT/郡山      千鳥町→二本木 青化ソーダ
16   タキ  22919 日本曹達/二本木   千鳥町→二本木 青化ソーダ

同日 4381レ@二本木、新井

機  EF64 1024
1   タキ  3772 ダイセル化学/新井  新井→?
2   タキ  3762 ダイセル化学/新井  新井→?
3  コタキ165478 日本曹達/能町    新井→?
4  コタキ105455 関西化成品/安治川口 新井→?
5  コタキ  27763 日本曹達/二本木   二本木→新潟タ/二本木 交検
6  コタキ  7771 日本曹達/二本木   二本木→新潟タ/二本木 交検
7  コタキ  14246 日本曹達/二本木   二本木→新潟タ/二本木 交検
8   タキ  22905 日本曹達/二本木   二本木→千鳥町 返空
9   タキ  22902 日本曹達/二本木   二本木→千鳥町 返空
10  コタキ  26005 JOT/郡山       二本木→千鳥町 返空
11   タキ  11802 JOT/郡山       二本木→千鳥町 返空
12  コタキ  57753 電気化学工業/青海  二本木→青海 返空
13   コキ  50534            二本木→南長岡
14   コキ  50574            二本木→南長岡

この日は下りも珍しく長かったです。内容的には変わり映えしませんが。

コメント

新専貨編成記録(10) 4380~4381レ その8

2018-09-30 22:04:12 | 日本海縦貫線/上越線/信越線

 信越専貨の記録もあと2つ、MMP積ISOタンクコンテナや、カラフルな日曹所有U19Aとかが出現する頃には、面白い私有貨車が激減してしまったため、ほとんど行かなくなってしまいましたが、間もなく二本木自体の貨物扱いが無くなっちゃったので、やっぱり行っとくべきだったかな?と。今回は上りの車票も記録しておらず手抜きですが、最初から読んでいけば、まあほぼ想像は付くかな?

 急行能登で夜明け前の直江津に着いてから、始発電車を待つのもじれったく、少しでも早く出発前の4380を見たくて、黒井までとぼとぼ1時間弱掛けて歩いたのも、もう15年以上前のこと。定宿だった直江津駅近くの某ビジネスホテルの窓から眺めた、駅を出てカーブして妙高の麓に向かう信越本線を見て、何時かはここの客室から4380/81を俯瞰撮影しよう、と思ったものですが、結局果たせず仕舞いでした。

2003年8月28日 4380レ@黒井

機  EF641014
1   コキ 52295
2   コキ 50401
3  コタキ   7058 東亞合成/伏木
4  コタキ165476 日本曹達/能町
5  アタキ   3744 内外輸送/中条
6   タキ   3732 JOT/名古屋南港
7   タキ   3728 JOT/郡山
8  アタキ   3730 内外輸送/中条
9  アタキ   3758 内外輸送/中条
10  コキ 53351
11  コキ104₋2683
12  コキ104₋1685
13 コタキ 47781 電気化学工業/青海
14 コタキ 47785 日本曹達/二本木
15  タキ 22906 日本曹達/二本木
16 コタキ 23633 JOT/郡山
17  タキ 22917 日本曹達/二本木
18  タキ 22925 日本曹達/二本木
19  タキ 22916 日本曹達/二本木
20  タキ 22905 日本曹達/二本木

同日 4381レ@二本木

機  EF641014
1   タキ 22907 日本曹達/二本木 二本木→千鳥町 返空
2   タキ 22924 日本曹達/二本木 二本木→千鳥町 返空
3   タキ 22908 日本曹達/二本木 二本木→千鳥町 返空
4   コキ106-414         二本木→広島タ
5   コキ104-1293         二本木→南長岡
6   コキ 51738           二本木→南長岡

 まあ当時は色々贅沢を言っていましたが、21世紀に入って、現車20輌の化成品主体のこれぞ新専貨という編成が堪能できただけでも有難いことでした。末期の3363なんて鵜殿紙コキに申し訳程度のタンク車が入る程度だったし。

コメント

新専貨編成記録(9) 4380~4381レ その7

2018-09-20 21:00:30 | 日本海縦貫線/上越線/信越線

 信越専貨、鉄道利用では不便な場所なのに、我ながら良く通ったものですね…

2003年3月29日 4380レ@黒井

機  EF64 1009
1. コタキ  47785 日本曹達/二本木   二本木→新井 カセイカリ
2. アタキ    3702 ダイセル化学/新井  安治川口→新井 無水酢酸
3. コタキ  95475 日本曹達/能町    能町→新井 液化塩素
4.  タキ    3728 JOT/郡山(臨新井)   中条→新井 酢酸
5.  タキ    3761 ダイセル化学/新井  中条→新井 酢酸
6.  タキ  11250 NRS/越中島貨物   椎津→新井 アセトアルデヒド
7.  コキ  50220 (空車)         南長岡→二本木
8.  コキ104-2239 (空車)        福岡タ→二本木、北九州タ
9.  コキ104₋848 (UT11C-5042,52,39) 大竹→二本木
10  コタキ    5122 日本硫炭/安治川口   安治川口→二本木 返空
11  コタキ  47787 日本曹達/二本木    二本木→新潟タ→二本木(検)
12  コタキ    7771 日本曹達/二本木    二本木→新潟タ→二本木(検)
13  コタキ  23628 JOT/郡山(臨根岸)    根岸→二本木 溶融硫黄
14   タキ  22916 日本曹達/二本木    千鳥町→二本木 青化ソーダ
15  コタキ  26000 JOT/郡山        千鳥町?→二本木 青化ソーダ?
16   タキ  22926 日本曹達/二本木    千鳥町?→二本木 青化ソーダ?
17  コタキ  26005 JOT/郡山        千鳥町?→二本木 青化ソーダ?

同日 4381レ@二本木

機  EF64 1009
1. コタキ  32640 関東電化工業/渋川    二本木→渋川 返空
2.  タキ  23651 JOT/郡山(臨根岸)     二本木→根岸 返空
3.  タキ  22918 日本曹達/二本木     二本木→千鳥町 返空
4.  タキ  22908 日本曹達/二本木     二本木→千鳥町 返空
5. コタキ125497 JOT/名古屋南港(臨能町)二本木→能町 返空
6.  コキ104-184 (UT11C-5051,45,47)  二本木→広島タ
7.  コキ104-1131(UT11C-5064,58,32) 二本木→福岡タ
8.  コキ  52670              二本木→南長岡

本日の珍客は関東電化のタキ2600かな? 普段あまり見なかったので、これもスポット的な運用でしょうか。日曹二本木工場が豊富な水力電源を背景にした電解ソーダ工場、と言う中途半端な固定観念で見ていると、酒田港や青海、能町などからの苛性ソーダや塩酸、液化塩素等の到着が多いのが不思議に思えるかもしれません。編成調査で車票調査を重ねるうち、実際にはこの工場での電解事業は大半が臨海立地の工場に移転し、カセイカリなどを小規模に生産しているのみと見えてきます。

余談ですが、他の例だと、ホキ5900を使用した西大垣のカーバイド輸送とかかなり曲者です。一見すると、専用線を持っている会社が酢酸や酢ビモノマーの原料として使うのでは?と思われがちなのですが...

コメント

新専貨編成記録(8) 4380~4381レ その6

2018-09-10 21:41:42 | 日本海縦貫線/上越線/信越線

 今回も上りだけです。しかも後ろの方は調査不完全…

2003年2月1日 4380レ@黒井

機  EF641045
1. コタキ  10703 日産化学工業/速星 速星→新井 乙硝
2.  タキ    3728 JOT/郡山(臨新井)  中条→新井 酢酸
3.  タキ  11252 NRS/越中島貨物  椎津→新井 アセトアルデヒド
4. コタキ165477 日本曹達/能町    能町→新井 液化塩素
5.  タキ  18702 ダイセル化学/新井  安治川口→新井 氷酢酸
6.  タキ    3774 ダイセル化学/新井  安治川口→新井 氷酢酸
7.  コキ  50667            南長岡→二本木
8.  コキ104-947           福岡タ→二本木→北九州タ
9.  コキ104-16           大竹→二本木
10  コタキ  57768 日本曹達/二本木   昭和町→二本木 返空
11  コタキ  57769 日本曹達/二本木   東港→二本木 返空
12  コタキ  57765 日本曹達/二本木   昭和町→二本木 返空
13   タキ  10120 日本硫炭/安治川口  安治川口→二本木?
14  コタキ  23630 JOT/郡山(臨根岸)   根岸→二本木?
15   タキ  22906 日本曹達/二本木   千鳥町→二本木?
16  コタキ  26004 JOT/郡山       千鳥町→二本木?
17  コタキ  26002 JOT/郡山       千鳥町→二本木?
18   タキ  22916 日本曹達/二本木   千鳥町→二本木?

常連中心の中にも少しずつ変化があるから目が離せない列車でした。昭和町(東港)へのカセイカリ3輌はあまり見かけない輸送ですが、スポット輸送かな?

コメント

新専貨編成記録(7) 4380~4381レ その5

2018-09-02 22:53:38 | 日本海縦貫線/上越線/信越線

 4380/81まだまだ行きます? 1号車のタキ8700が珍客です。

2002年3月30日 4380レ@黒井

機  EF641010
1.   タキ  8701 ダイセル化学/新井   大竹→新井 プロピオン酸
2.  アタキ  3708 ダイセル化学/新井   安治川口→新井 氷酢酸
3.  アタキ  3710 ダイセル化学/新井   安治川口→新井 氷酢酸
4.  アタキ  3703 ダイセル化学/新井   安治川口→新井 無水酢酸
5.  アタキ  3729 内外輸送/中条     中条→新井 酢酸
6.   タキ  3723 内外輸送/中条     中条→新井 酢酸
7.  コタキ145459 東北東ソー/酒田港   酒田港→新井 液化塩素
8.  コタキ  23632 JOT/郡山(臨根岸)    根岸→二本木 溶融硫黄
9.   タキ  11802 JOT/郡山        千鳥町→二本木 青化ソーダ
10    タキ  22913 日本曹達/二本木    千鳥町→二本木 青化ソーダ
11    タキ  11803 JOT/郡山        千鳥町→二本木 青化ソーダ
12    タキ  22915 日本曹達/二本木    千鳥町→二本木 青化ソーダ
13   コタキ    5129 日本硫炭/安治川口   安治川口→二本木 返空

前方の酢酸アタキ×4も壮観ですが、青化ソーダもタキ11800と22900が交互に入るのも面白いですね。日曹タキ22900の常備駅、一時は倉敷タに書き換えられていましたが、青化ソーダの調達先が千鳥町の旭化成に変更となったため、いつの間にか戻っていましたね。青化タキ、過渡期には新潟臨海鉄道の藤寄発着もありましたね。

同日 4381レ@新井

機  EF641010
1.   タキ  3754 クラレ/中条      新井→中条 返空
2.  アタキ  3758 内外輸送/中条     新井→中条 返空
3.   タキ  3763 ダイセル化学/新井   新井→中条 返空
4.  コタキ  18701 ダイセル化学/新井   新井→安治川口 返空
5.  アタキ  3717 ダイセル化学/新井   新井→安治川口 返空
6.   タキ  3774 ダイセル化学/新井   新井→安治川口 返空
7.   タキ  3775 ダイセル化学/新井   新井→安治川口 返空
8.  コタキ  85496 日本曹達/能町     二本木→能町 返空
9.  コタキ  32660 日本曹達/二本木    二本木→新井 カセイカリ

末尾のコタキ32660以外は全部空車、しかも唯一の積車も隣の駅までしか運賃は貰えない(貨車自体は一度黒井まで行きますが)とあって、JR貨物としては頭が痛くなりそうな内容ですね。旅客と違って、同じ性状の貨物がそのまま同一ルートで戻ってくることはまず無い貨物輸送の宿命でもありますが。あと、二本木、新井共に濃硫酸積みタンク車の発着があったはずですが、不思議とこの列車に硫酸タンク車が連結されているところをほとんど見たことが無いので、発着日は平日限定だったのでしょうか?

コメント