たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

コオロギの うたげ尽きない 長き夜

2018年09月13日 20時17分16秒 | 懐かしいあの曲

9月も中旬、朝夕の気温がかなり下がり、寒い位になってきました。
静かに静かに秋の夜は更けて・・・♪、
庭や周辺の叢からは コオロギの鳴き声が 絶え間なく 一段と賑やかに聞えてきます。
さてさて いよいよ秋本番、
秋の夜長をどう過しましょうか。

なんとなく タンゴが 聴きたくなり・・・、

  LPレコード、

タンゴと言えば 「ラ・クンパルシータ」と答えてしまう程 「ラ・クンパルシータ」は タンゴを代表する曲だと思っていますが その実 いつごろ 誰が作曲した曲なのか等 詳しく知らないままできました。
ネットで調べてみると どうも 元々は 1914年頃 ウルグアイのヘラルド・エレナン・マトス・ロドリゲスが 行進曲のつもりで作曲した曲なのだそうです。
それが タンゴの楽団に アルゼンチンタンゴとして演奏され、さらに アルフレッド・ハウゼ楽団等の演奏によって知れ渡り、コンチネンタルタンゴの代表曲ともなったようです。

古いLPレコードにも収録されていますが そのジャケットには 1937年公開のアメリカ映画 「歴史は夜作られる」の中の踊りのシーンで 「ラ・クンパルシータ」が 使われていたと 解説されています。
もちろん 映画は 観ていませんので どのようなシーンで どのような「ラ・クンパルシータ」だったのかは分りません。
昭和50年代?、60年代?、中高年の社交ダンスブームがやってきましたが、 「タンゴ」を踊るのに 「ラ・クンパルシータ」も 良く使われていたのではないかと思います。 

「ラ・クンパルシータ(La Cumoarsita)」・アルフレッド・ハウゼ楽団、
Youtubeから共有させていただきました。

Let's Dance ! Tango !

 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今はー、もう秋 | トップ | 「風に吹かれて(Blowing in ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
takeziiさんへ (のびた)
2018-09-14 09:21:54
素敵なタイトル 俳句かな?
夜に聴く音楽 タンゴも良いね
アルフレッドハウゼなど 以前は良く聴いたものです
今日のブログにも書きましたが 若い頃には 新宿にタンゴホールがあってライブです
20数人以上のバンド編成で本格的でした
今はレコードもお荷物 2.30枚のクラシックやジャズ ぶれやーも無いのでそろそろ断捨離対象です(笑)
のびたさん、おはようございます、 (takezii)
2018-09-14 10:40:47
全くの思いつきで 俳句になるのか、川柳になるのか 本人も分らずでして・・・、
単なる五七五並べ遊びをしております。
現在も尚 音楽に関わっておられるのびたさん、当然 若い頃も 音楽にはまっておられたんでしょうね。
私は たいしたレコード等持っていませんし やっぱり廃棄処分対象なんですが、最近 古いレコード盤にも人気が出ているなんていう話を聞いて まてよ!、もうちょっと置いておくか・・になっているところなんです。 
もちろん プレーヤーも ろくなものではないのですが・・・。
コメントいただき 有難うございます。

コメントを投稿

懐かしいあの曲」カテゴリの最新記事