たけじいの気まぐれブログ

記憶力減退爺さんの日記風備忘雑記録&フォト

徐々に、徐々に

2019年12月02日 14時33分16秒 | ブログ考

数年前に それまでずるずる引きずっていた自営の仕事を完全にやめた。
後期高齢の域に達し、体力、健康面の不安、さらには 記憶力減退、変化に対応する脳力の限界、等々を感じ始めて
「スケサン、カクサン、モウ イイデショ!」
の境地になっていたこともあり、次第に減速、低空飛行を続け、最終 ソフトランディング(軟着陸)したつもりであった。
その意味では 世間でよく言われる退職時の喪失感、がっくり感、戸惑い等々の急激かつ大きなショックは微塵も無く 
スムーズに老後の暮らしに切り替えが出来たと思っている。
ただ 例えば 現役の内には なかなか難しかった旅行、山行もしよう、まだまだ挑戦してみたいことも多々有る等と 当初意気込んでいた程の暮らしは出来ていないと言える。
時間的余裕が出来、精神的な余裕が出来た半面、次第に 体力的余裕が無くなり、経済的な余裕が無くなり 結局は 身の丈に合った自分流の暮らし方に収まってきた感有りだ。

仕事を続けていた頃から仕事をやめて以後現在までを 改めて振り返ってみると、まるで変化していない部分も大いに有るが 自分ではあまり意識せずとも 多少変化している部分が有るのではないか? 
探してみた。

〇365日、気が休まることも無かった自営の仕事を続けていた頃は 仕事一辺倒。朝から夜まで、夕食後さえも デスクでパソコン作業、遅い時間帯にテレビを点け 「ニュースステーション」等を見てから 深夜就寝が常習だったが 仕事から解放された後は それが無くなり 徐々に、徐々に、特別見たい放送番組が無い限り 夜 長時間テレビを見る習慣は無くなってきている。遅寝の習慣は いまだに残っているが。

〇完全に仕事をやめて以後、徐々に、徐々に、朝の目覚めが早くなり 季節によっては 早朝散歩や朝飯前(あさはんまえ)の畑仕事をするようになった。仕事を続けている頃には 考えられなかったことである。

〇朝昼夕、三食 家で食事するようになった分けで 徐々に、徐々に、食後の後片付け、食器洗い、食器収納等するようになり、平均したら週に2回程度だが 居間の掃除や浴室、浴槽の掃除等を担うようになっている。出来そうな家事を分担するようにしている。

〇妻が育てている庭の花や鉢植えの花に目が行き 「写真を撮るだけ係」(記録係)になっている。実は ブログネタにしているのだが。

〇仕事を続けていた頃は 時間的、精神的余裕無く 読書する習慣等 まるで無かったが 最近になって、図書館に通うようになり おおかた肩の凝らない時代小説の類ばかりだが 本を読むことが 徐々に、徐々に 身についてきた。

〇そして、8年前にひょんなきっかけで始めたブログ。当初は それほど思い入れが有った分けでもなかったが 完全に仕事をやめて以降、徐々に 徐々に、自分の暮らしの中心になってきている気がする。当初から 記憶力減退爺さんの老脳に代わる記憶補助ツール、自分のための備忘雑記録の類と決め込んでいるブログではあるが、今では 「キョウヨウ、キョウイク(今日 用が有るか、今日 行くところ有るか)」を促してくれる存在にもなっており 自分の暮らしをコントロールしてくれているような気がする。サッカーで言う「司令塔」のような存在とも言える。

こんな暮らしを あと何年、続けることが出来るのか・・・・分からない。
ブログに書き込みが出来なくなった時が 本当のお終いだな・・・、
ふっと そんな思いがよぎる今日この頃である。


この記事についてブログを書く
« 平岩弓枝著 御宿かわせみ5... | トップ | 「バラのタンゴ(Tango Delle... »

ブログ考」カテゴリの最新記事