たけじいの気まぐれブログ

記憶力減退爺さんの日記風備忘雑記録&フォト

「バラのタンゴ(Tango Delle Rose)」

2019年12月02日 17時10分50秒 | 懐かしいあの曲

当地 今日は 数日続いた快晴とは 打って変わって 終日 雨降りだった。
午前中 妻の通院の送り迎えで 出掛けただけで 今日はほとんど動かず、3連戦の畑仕事の後の骨休めと決め込んだ。

雨音のする夕暮れ時 久し振りにタンゴが聴きたくなり 
古いLPレコード盤「ベリー・オブ・コンチネンタル・タンゴ・アルフレッド・ハウゼ楽団」(全14曲)に 針を落とした。


その内の1曲、コンチネンタル・タンゴの中でも 最も古くから知られている傑作のひとつ、「バラのタンゴ(Tango Delle Rose)」を YouTubeから共有させていただく。
1928年(日本の昭和3年)に、イタリアの作曲家 フィリッポ・シュライエルとアルド・ポッテルが共作で発表したコンチネンタル・タンゴである。

「バラのタンゴ(Tango Delle Rose)」 演奏は マランド楽団(Malando and His Orchestra)

妻が今年 友人からいただいてきた鉢植えのバラ、
1週間以上前に 蕾を付けているのに気が付き 開花するのを待っているが、
その後 咲きそうで なかなか咲かない。
君は 蕾のままで終わるのかえ?


この記事についてブログを書く
« 徐々に、徐々に | トップ | 畠山健二著 「本所おけら長... »

懐かしいあの曲」カテゴリの最新記事