たけじいの気まぐれブログ

記憶力減退爺さんの日記風備忘雑記録&フォト

ヒガンバナ(彼岸花)

2019年09月20日 20時50分38秒 | 庭の花・野の花

近所の細い水路の土手で 毎年 この時期 満開になる ヒガンバナ(彼岸花)、
どうも 今年は 少し遅れているようで、
遠くからでも目に付く 赤く土手を染める風景が見られません。
覗いてみると ちらほら咲いてはいますが、 
今のところ 例年のような勢いが有りません。
どうした?、どうした?

どうも 草刈機で 綺麗に刈った形跡有り、
もしかしたら 地元外の草刈請負人?が 雑草と一緒に刈ってしまったのかも?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼岸花(ヒガンバナ)

ヒガンバナ科、ヒガンバナ属、多年草、球根性植物、
別名 マンジュシャゲ(曼珠沙華)
仏典に由来し サンスクリット語で「天界の花」という意味で 「良い事の前兆」、お目出度い名前。
一方で 花、葉、球根、茎等全てに毒が有り、
「死人花」、「地獄花」、「幽霊花」等という 不吉なイメージの別名も持っている。

原産地 中国大陸
開花期 9月中旬頃、
お彼岸の時期を待つように一斉に咲き、開花期間は数日間、お彼岸が終わる頃には花は枯れてしまう。
花が咲き終わると 細い葉が出るが それも春になると枯れてしまい 完全に地表から姿が無くなり、
秋になると 茎だけががスーッと伸びて開花するという変わった植物。
花と葉が同時に出ることが無いことから 「葉見ず花見ず」とも言われている。
花色 赤色、白色、黄色、
赤い彼岸花の花言葉 「情熱」「想うはあなた一人」「あきらめ」「再会」「悲しい思い出」「また会う日を楽しみに」等

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年 ヒガンバナ(彼岸花)が咲く風景を見る度に 
戦前の古い歌謡曲 「長崎物語」、
「赤い花なーら 曼珠沙華ー♪」が 思い浮かんできてしまいますが、
それが どうしてなのかは 分りません。
もしかしたら 子供の頃、母親が口ずさんでいたのを聞いて、 
脳裏に焼き付いているのかも知れません。

作詞 梅木三郎、作曲 佐々木俊一、歌 由利あけみ 「長崎物語」 
(YouTubeから共有)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 葉ダイコンの種蒔き他 | トップ | 「庭の千草(The Last Rose o... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
彼岸花が咲かない・・ (sibuya)
2019-09-21 20:01:05
一昨年 静岡のブログ友から球根を30個ほど
送ってもらって植えたが3株ほどがやっと咲いた。
だが 昨年も今年も植えたが咲いてくれない・・
積算温度が足りないからだろう・・
水糸で編んだような美しい花の曼珠沙華だ。
北海道で毎年咲かせたい‥と願っています。
sibuyaさん、こんばんは、 (takezii)
2019-09-21 22:16:53
以前 sibuyaさんが 北海道では 彼岸花を見られない・・・と悔しがって?おられたことを思い出しましたが、 
静岡から球根を送ってもらって植えられたんですね。凄い!。
いつか 真っ赤に染める彼岸花の風景が見られるようになりますように、願っています。
もし そうなったら 観光名所になってしまうかも知れませんね。
コメントいただき有難うございます。 

庭の花・野の花」カテゴリの最新記事