たけじいの気まぐれブログ

記憶力減退爺さんの日記風備忘雑記録&フォト

特定外来生物 「オオキンケイギク(大金鶏菊)」

2020年05月22日 11時26分56秒 | 庭の花・野の花

ブログを始めた頃からのことになるが、散歩(ウオーキング)する際にも、
必ずコンデジを持ち歩き、途中、道端や空き地、河原や公園、民家の庭先等で咲いている花の写真を やたらカシャ、カシャ、撮って帰る習性?が身に付いてしまった。
「ブログネタ何か無いかと爺散歩」 
「君の名を花に尋ねつ爺散歩」
「今日のネタ探し探しの爺散歩」
塵も積もれば山となる・・・・、
写真のほとんどは、記憶力減退の老脳の記憶を補助するためのようなもので、写っていれば良しという類であり、長期保存しておくに値するような写真ではないが、面倒臭がり、取捨選別もせず、とりあえずは、PCから外付けHDに転送して保存している。何万枚?、見当が付かない程の量になっているはずで、家籠りが多くなっている昨今、保存ファイルを順番に開きながら、不要、無用の写真を バサバサ削除しているものの、気が遠くなるような作業、
「外付けHDの容量、たっぷり余裕有るし・・・」
「そんなに急ぐことも 無いか・・・」
ちょこっと取り掛かってはみるものの、手が止まり、なかなか進展はしない。
まるで草花に疎い爺さん、自分で撮った写真をみても 名前も知らず、分からず、
教わったり、自分で調べたりしたはずの花でも、そのそばから忘れてしまうため、
その都度、「君の名は?」である。


今頃、道端や河原のあっちこっちに咲き乱れている黄色い花がある。
改めて ネットで調べてみると
「オオキンケイギク(大金鶏菊)」
一見 きれいな花だが 「特定外来生物」に指定されている花なのだそうだ。
「特定外来生物」とは 「外来生物法」により 生態系等に被害を及ぼすものとして指定された生物のことで、
「飼育」「栽培」「保管」「運搬」「販売」「譲渡」「輸入」「野外に放つ行為」等が 原則禁止されている。
これらに違反すると 個人の場合で、最高 懲役3年以下もしくは300万円の罰金、法人の場合は 最高1億円以下の罰金が課せられるというものだ。
「オオキンケイギク」は 2006年に「特定外来生物」に指定されたようだ。

 

オオキンケイギク(大金鶏菊)

キク科、ハルシャギク属、多年草、
    金鶏とは 天上に住むという想像上の黄金の鶏、
    花びらの形が鶏冠(とさか)を思わせるところから付いた花名。
原産地 北アメリカ、
    明治時代中頃、園芸植物として持ち込まれ、各地で野生化した植物、
    いったん生えると 旺盛な繁殖力で 一気に広がり、
    そこに生息していた他の植物を駆逐してしまう。
草丈 30cm~70cm
花色 黄色、オレンジ色、
    オレンジ色のコスモスと似ており紛らわしい。
開花期 5月~7月頃、
花言葉 「いつも明るく」「きらびやかに」


結構 きれいな花なので、
もしかしたら、知らないで、あるいは 気が付かないで 
無届けで、庭で花を楽しまれている方がおられるかも?、
自治体によっては その処理の仕方、手順まで 
厳しく定めているところが有るようだ。



 


この記事についてブログを書く
« 映画 「チャップリンの独裁者」 | トップ | 「君の名は?」・・最近はス... »

庭の花・野の花」カテゴリの最新記事