たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

川柳考

2018年08月17日 17時36分04秒 | 川柳・俳句・詩

最近は 新聞の記事を切り抜くこと等全くしなくなりましたが 若い頃は、結構していて 大量の切り抜き記事が押入れに詰まっていました。
結局は 何かの役に立つこともなく 数年前に全て廃棄処分したのですが 5年前の2013年2月9日の朝日新聞の記事 「川柳人気 にわかに急上昇」なる切り抜き記事が ファイルに挟まっていて ひょこっと出てきました。

多分 この記事に目が止まって、それまで まるで 「川柳」等に 興味も関心も無かった爺さん、「川柳」とは なんぞや?も分っていなかった爺さん、
「なんか 面白そう?」等と 記事を切り抜いて 取っておいたのだと 思います。
その記事の前後にも 朝日新聞で 「初めての川柳」、「写真に五七五」等という記事が 連載されていたように思います。
「とにかく作ってみよう!」等という 甘く、軽い誘いに惑わされて? その頃から 単なる 五七五並べ遊び?を 始めたような気がします。
閃かず、ユーモアセンスもまるで無しの爺さん、川柳の体を成していない駄句ばかり、とても人様にお見せするような句は無く 自己満足に徹していたものでしたが 今年になってからのこと、相互読者登録している のびた様から お誘いとご紹介が有り 生まれて初めて 人様の目に触れる FMぎんが、てんがらもんラジオの「川柳教室」に 投句するという 大それたことをしでかしてしまいました。
ど素人の駄句に対しても 歴とした川柳の先生 石神紅雀先生から評してもらえる・・・、
なんと 有難いこと、毎回 川柳とは なんぞや?について 語っていただけるので いちいち 目から鱗。
恥も外聞もかき捨てて 毎月出されるお題に投句すべく 錆び付いた脳に 発破を掛けているところなんです。

8月のお題は 「空」でした。
すでに 放送されましたが 先輩の皆さん方の 見事な川柳には 感じ入ってしまいます。
投句は 一人 2句、
川柳とは なんぞや?も分っていない爺さん、投句する2句を 自分で決めるのも 大変なことです。
何事も 切羽詰まらないと重い腰を上げない性分で、いずれも一夜漬けの感有りですが 一応 5句作って、その内の2句を投句したのでした。

「空振りで 試合終了 仰ぐ空」 (投句)
「そらみろと 言われて じいじ 空を見た」 (投句)
「同じ空 見ても あなたは うわの空」
「盆の夜 千の風から 母の声」
「小屋出でて 満天の星 仰ぎ見る」

考えれば考える程 難しい川柳、
奥が 深過ぎます。

 

コメント (2)

古い写真から蘇る山の思い出 その43 「初めての谷川岳」

2018年08月17日 14時59分18秒 | 山歩記

かれこれ25年前1993年10月9日に 初めて訪れた「谷川岳」の写真が貼ってあるアルバムも有り 久し振りに引っ張り出してみました。
職業柄 なかなか休み等 取れない時代でしたが たまたま 予定が入っていなかった土曜日が有って 急遽出掛けたような気がします。
毎年 9月下旬から10月上旬、必ずといっていい程、新聞紙上等に 「谷川岳紅葉真っ盛り」等という見出しや写真が踊りますが その年 その誘惑に負けて? 出掛けたんだと思います。
ほとんど メモが残っておらず 何時頃出発し 何時頃帰ったのか 記憶も有りませんが 園央道が無かった時代、もしかしたら真夜中に出発し、深夜 帰宅したのかも知れません。
バカチョンカメラ(小型フィルムカメラ)しか持っていなかった時代、拙劣写真ばかりですが スキャナーで 取り込んでみました。

歩行ルート・歩程等、
谷川岳ロープウエイ天神平駅→(天神尾根)→熊穴ノ頭→肩ノ広場→谷川岳山頂(トマノ耳)→谷川岳山頂(オキノ耳)→肩ノ広場→熊穴ノ頭→天神峠駅 (標準歩行所要時間 約4時間)

谷川岳ロープウエイ土合口駅、
駐車場に何時頃着いたのか等 全くメモが残っていませんが、紅葉真っ盛りの土曜日とあって すでに ロープウエイ乗車待ちの長蛇の列が出来ていました。

ロープウエイで 約10分、天神平駅に 到着します。
高度が上がると 目指す 谷川岳の双耳峰が見えてきます。

谷川岳ロープウエイ天神平駅、
ここから スタートとなります。

高度を上げていくと 展望も良くなり・・・、

天神尾根を辿り いざ あの谷川岳へ!

宣伝文句に偽り無し、紅葉満喫!

爽快、

爽快

谷川岳山頂(トマノ耳)(標高 1,963.2m)、
山頂は 老若男女で 超満員。

谷川岳は トマノ耳、オキノ耳、2つの山頂が有る 双耳峰です。
後方が オキノ耳(標高 1,977m)です。

往路を戻り 天神平に帰り着いた時間帯は 下山する観光客や登山者が ロープウエイに殺到する時間帯、
乗車待ちの列が 天神平駅から 延々と伸びていました。
その最後尾について 多分 1時間以上は 待ったような気がします。
くたくたに疲れ果てながら 渋滞の関越自動車道、一般道を 何時間位掛かったのか?
かなり深夜 家に帰り着いたような気がします。
あの頃は そんな無理も出来ましたが 谷川岳も 今では 遠い思い出の山となってしまいました。

コメント (2)

涼しい内に

2018年08月17日 10時21分46秒 | 野菜作り・畑日誌

昨日は 前線の影響等で 全国各地で激しい雨が降ったようですが、
当地は ここ数日 降りそうで降らず、
天気予報では 今日も 明日も 晴、
今朝は 湿度がぐーんと下がり すっきり、爽やか、ちょっぴり秋の気配を感じますが、
日中は やっぱり暑くなりそうです。

当地も先日までは 時々夕立が有ったりして しばらく 水やりをしないで良かった畑、
多分 乾いているはず・・・・、
涼しい内に・・、
ということで 早朝に行ってきました。

(1)トマト、ナス、キュウリ、シロナス、サトイモ、の水やり、
  畑の隣りのお宅の井戸水を使わせてもらっており ホースでひっぱり たっぷり浸み込ませます。

(2)トマト、ミニトマト、ナス、ナガナス、シロナス、ピーマン 収穫。

(3)サトイモの畝の草取り、

畑の周りに蔓延っているコスモスが 気持ちよさそうに咲いています。

お盆が過ぎれば 残暑厳しくても 秋がヒタヒタと 近寄っていますね。

 

コメント (2)