Do be Ambitious! 日記館

あくまでも「Do be Ambitious!」の1コンテンツとして。

チアフルーツ、熱い最終回

2017年09月30日 | 漫画・アニメ
「アクションヒロイン チアフルーツ」最終回、昨日の配信に続いて今日はBS(日付を跨ぐが)、
その陽菜野文化会館での講演は期待通りのことを期待以上にやってくれた、と言うのが印象です。
やはりキャップが出演する前提のことで始めてきました。
そして何と美甘ちゃんが発端となってアドリブで御前を焚きつける、そう来ましたか。
しかしまぁ見ていて熱くなりますよ、あの展開は。
で、自転車で駆けつけようとしたキャップはCM前に路肩に転落、そしてリョウシンJV錠のCMってw
リョウシンJV錠はBSでチアフルーツを見てて、と言うかBSTBSのアニメでは毎回見ますが
チアフルーツはみんな身体張って膝腰肘に痛みを抱えることもあるだろうに、妙にマッチしてた感があります。

そして個人的にびっくりしたのは最後ラスボスの声で元さんが介入したことですかね。
でもって歌のステージに引っ張り出されてしまいました(何となく予想は出来てた)w
ただエピローグで元さんを演者転向(やるなら悪役だと思ってたら本当にそうなったw)ってのは
彼女のやってた仕事はどうするんだろうとなりますが、一応ビジュアルはそうだけど基本は
コントロール席にいる感じなんでしょうかね。あのホールだと露出してるし駅でも今後は…
そうすれば両立できますし。何よりただ安易に演者転向させてしまうのはこれまでの青山元気の描かれ方、
と言うか自分が青山元気という車椅子っ娘のプロフィールが「結局不幸だったんじゃん」ということに
なってしまいかねない、実際はそうじゃなくてもそう思われるんじゃないかと。
個人的にこれまで裏方仕事に対する元気の発言は全て本心であって欲しいし、そう信じてますから。
青山元気の足のことは「可哀想」とか「頑張ってる」、である必要なんて無いのです。
まぁ、この辺は大地丙太郎監督に感化された部分はあったりするのですけれども。
ただこの辺は視聴者が好きな方に取れるように描いた、と言うのが実情なのかも知れませんが。

ってだいぶ逸れたな、何にせよ熱いステージ、本当にありがとうございました。
まさに神謝神激…ってこれじゃカミダイオーだ(ノ∀`)

思えばうずらインフォさんのリストで今期観るアニメを決めるに当たって最後に存在に気付いて
(もっとも視聴決定の最後は開始後の「ひなろじ」でしたが。)
キービジュアルにえらいかっこいい車椅子に乗った眼鏡っ娘が居るな、と思ったのが視聴の切っ掛けで、
第1話から妙に引き込まれて(あの最初の杏のパンチラにはびっくりしたもんですw)、今最終回まで見て
このアニメを観ると決めて大正解だったと心から思えました。
そして視聴の最大の切っ掛けになった青山元気は滅茶苦茶良いキャラしてて大好きでした。
もう一つの切っ掛けでもあった広瀬ゆうきさんが演じていた緑川末那もちゃっかりしてるけどいい子で
気に入ってましたが。
本当チアフルーツ、今期一番か、と言うと「ひなろじ」があったため断言は出来ないのですが、
本当大好きなアニメでした、本当にありがとうございました。

しかしだ、これで今期のアニメで2クールの魔法陣グルグル以外は全部終わったわけですが、
まさか自分史上一番濃かった今年の冬クールを凌ぐ濃いシーズンになるとは思いませんでしたw

あ、メイドインアビスの最終回1時間スペシャルの感想忘れてた(ノ∀`)
原作で呼んでえぐいと思っていたミーティの一件はある程度マイルドになっていたのか辛くても
観ていられました、そしてミーティをレグの火葬砲で解放したところは本当泣けた…
その跡目を覚ましたリコとレグのお風呂でのあの衝撃的な、レグの度し難いところが度し難いことに
なっちゃって、リコがレグを初めて異性として意識したあのシーンまでアニメで観ることになるとは。
もっともその「リコがレグを初めて異性として意識する」描写は省かれてしまったのは物足りませんでしたが。
しかしエンディングは本当物凄かった、あそこはオリジナルらしいですが。
最初アニメ化と聞いて大丈夫なんだろうかと思ってましたが、正直本当に本当そこまでやるかってくらい
しっかりやってくれていて凄く良いアニメ化だったと思います。
コメント

パスピエの新曲2曲

2017年09月29日 | 音楽
先週22日0:00から「音の鳴る方へ」を、そして今日の同時間に「正しいままではいられない」を
配信開始した、私の大好きなバンド「パスピエ」、来月リリースの4人体制最初のミニアルバム「OTONARIさん」から
3週連続先行配信というぶっ飛んだことをやってくれている最中ですが、いずれもその5分前からYouTubeの
ライブ配信で先行放送をやってくれていまして、1回目の「音の鳴る方へ」はPVのショートバージョンを、
今回の「正しいままではいられない」は何とフル音源を流しておりました。


[Spotify]
アルバムのトップを飾るこの「音の鳴る方へ」、冒頭からいきなり露さんことベース・露崎義邦のスラップが
炸裂、PVでは珍しく長い髪を後ろで縛ったギター・三澤勝洸の姿、実はパスピエの顔出し以前に某楽器屋の
宣伝動画で彼だけは顔見せでエフェクターなんかの紹介などをやっていたのですがその時に似たような髪型の
時があったような…意識したのでしょうか。大胡田なつきはいつも通りかなぁ、エレベーターガール風ですが。
それよりナリハネことリーダーでキーボードの成田ハネダ、パイロンの上のライトを回収してどこに持って行くのか、
街頭を取り外そうとする三澤氏もですが、PVのフルでこの後どんなことになってるのか気になって仕方がないのですが。
アルバムの発売に合わせて公開されるのでしょうか?「あかつき」もそうですが。
楽曲の雰囲気としてはサビの入りの感じはどこか今回のアルバムで意識しているメジャーデビューアルバム
ONOMIMONO」収録の「デモクラシークレット」っぽくありながら、直近アルバム「&DNA」にあった
マイ・フィクション」や「ヨアケマエ」を思い出させるナリハネのキーボードのサウンド、当時をリスペクトしつつ今のパスピエをやっていることが
印象づけられます。ちなみにドラムは「あかつき」に続いてBOBOさんが叩いておられるそうです。


[Spotify]
こちらの「正しいままではいられない」はまぁナリハネのピアノがいきなり暴れまくっておりますなぁ。
割と短めな曲ですが印象深い曲です。エンディングでは三澤氏のギターも暴れまくっておりますが
やはりナリハネのピアノのインパクトが強い。そしてパスピエの曲としては初めてフェードアウトしているのも
新しい事への挑戦の一つか。こちらのドラムはやおさん脱退後メインでサポートで入っている佐藤謙介さん。
ちなみに佐藤さんはこの曲と、5曲目の「空」を叩かれているそう。BOBOさんは先に上げた2曲の他に
3曲目の「EVE」を、残りの「(dis)communication」と「ポオトレイト」はナリハネ氏のトラックメイクだそうです。
特にこの2曲、どんな感じになるのか気になります。間違いなくパスピエの新領域ですので。
このうち「(dis)communication」は次回10月6日に先行配信なので待ち遠しいです。
そう言えば先行配信は+BOBOさん、+佐藤さん、4人だけと綺麗に別れてますがやはり意識したのでしょうか。

それと、[こちらのインタビュー]も併せて紹介しておきます。
コメント

「ひなろじ」に関して、不覚!

2017年09月28日 | 漫画・アニメ
と言いますのも、最終回の卒業式の背景描写ですよ。
不覚にもその風景でちゃんと雪が残っているのを、柑橘類さんという、ひなろじに限らずブシロード関係を
追っかけておられてひなろじに関しても色々考察されている方のツイートで見るまで気付けなかったことです。
リオンが桜を咲かせちゃって、向こうの平原も草が覆われているシーンの印象のせいなのかなぁ、
でも考えたらあの草もリオンが生やさせたのかも。卒業シーズンにあそこまで青々とした草原は見られませんし。
まぁ、でも実際の卒業シーズンにしては雪が少ないのも事実なので温暖化が進んだことには変わりなさそうですが、
とはいえ北海道らしさをここまでこだわってくれたのは改めて嬉しいです。
コメント

プリンセス・プリンシパル最終回

2017年09月27日 | 漫画・アニメ
どうなるかと思った最終回ですが、ひとまずプリンセスの救出には成功し、
Lが追い出されたコントロールも7ラノ暗躍があったようで奪還、
最終的には白鳩5人がカサブランカで療養という名のバカンスだけど任務が入ったエンド
と言う結末自体は個人的には良かったんじゃないかな、とは思います。
ただここから女王陛下の暗殺阻止だ!と盛り上がったところでアンジェがプリンセスを連れ出したまま
エンディングに入り、コントロールにLが戻ってきて奪還するぞ、と思ったら次の瞬間には
取り戻されたコントロールの部屋の風景になっていたのはちょっと拍子抜けだったかな、と言うか
「えーそこで終わっちゃうの!?」と言う感じで。
いえ5人でカサブランカエンドは凄く嬉しいんですよ?ベアトのいちいち可愛い涙目でピョコピョコもまた
見られましたしドロシーはやっぱいい奴だし。まぁあとあれだ、序盤お約束になってたドロシーの色仕掛けと
大御所声優が何故かモブにいてベアトが変声でその人の声真似と言うのが無かったのも寂しいのも。
この辺は望みすぎたのかな、AKIBA'S TRIPのスカッとする最終回やひなろじのお約束を詰め込んだ最終回を
見てたから。決してダメな最終回じゃなかったってのは書いておきます。

キャラの立った5人、女子高生xスパイxスチームパンクの世界観、洒落た言い回しなど
なかなか好きなアニメでした。プリンセス、プリンシパル。
地味にラジオがめちゃくちゃ好きだったりしました。こちらはまだまだ続くそうで何より。
コメント

「けものフレンズ」どーなってまうの?

2017年09月26日 | 漫画・アニメ
たつき監督がプロジェクトを降りる、と言うツイートに動揺しているのは自分も一緒です。
自分もこの人無くしてけものフレンズのアニメは有り得ない、と思っていますゆえ。
キャラデザもそうですが、やはりアフリカで幼少期を過ごし動物好きのたつき監督だからこそ
あそこまで動物の動きを取り入れた動作を作れたのでしょうから。「としょかん」で、カレーにがっつく
フクロウコンビを上から見た動きが完全に本物のフクロウそのものだったのには目を見張ったものです。
といいますか公式側のリリースも何というか釈然としないですしね。
まだまだ静観する必要がありそうでもありますが。
コメント

10周年のその先へ

2017年09月25日 | 漫画・アニメ
昨夜、深夜27:00、厳密にはその少し前ですが、「アイドルマスターXENOGLOSSIA」の
TVhでの最終回の放送が終わってから10年が経った、と言うのでそれに合わせて1枚描きました。
本編中にはこの4人、春香、伊織、雪歩、真で「4人組」となるシーンはなかったけれど、
最終回のエピローグにあった写真の中に4人で仲良く卒業式の後の記念写真を撮ったのがあって
いいよね、って感じで。地味にこの4人だけの絵も、バックショットだけの絵も初めて描きます。

ともあれ、放送から10年が経ち、そしてこれからまた10年。、20年と月日が流れていく。その先まで、
アイドルマスターXENOGLOSSIAというアニメが愛されていきますよう、いちファンとして願います。


[Pixiv]
コメント

「ひなろじ」万感の最終回、超特大花丸ですっ!

2017年09月24日 | 漫画・アニメ
「ひなろじ」、テレビでも遂に最終回の放送となってしまいました。
本当、改めて綺麗な最終回だったと思います。色んな意味で。

毎回ではないけどこのアニメでは万博の爆発とお風呂がお役でしたが最終回にはがっつり。
万博の爆発は前回無かったぶん今回は2回ありました。そして最後のお風呂。
個人的に水面から顔を出した華凛にグッと来ましたが、それ以外にも二人きりで内湯で背中を流し合う
万博と弥生のやりとり、ささやかなカットですが弥生が交代ですわ、と言わんばかりに万博の背中をパンと
叩いて万博がクルッと身を翻すのは本当幼馴染みらしい阿吽の呼吸を感じました。
ちっちゃい頃からずっとこうやってたのかなぁ。

ニーナがALCAに戻るかも知れない、と言うことでリベンジを果たしたいと意気込む弥生&万博、
ちゃっかりトランス姿を見せてくれた華凛&華恋、さてさて戻る前提では梨を勧める弥生&万博への
ニーナの反応、完全に本人は残る気で居るそれじゃないですか。この4人にはこの時点で残ることは
伝えたんでしょうね。

卒業式、そう言えばアシュリーは生徒会カルテットの中で一人だけ6年じゃなかったんですね。
来年は彼女が生徒会長になるのでしょうか。
そして夕子さんが結局ALCAに入ったのにはびっくりしました。しかし盟約者を持たない瑞希と
一緒の部署なのでALCAに入りつつ自分の目標を叶えるつもりでいるのでしょうか。
しかしアレだ、「困ったわ」とか言いながらも自分から瑞希の腕に手を回す夕子さん、
瑞希会長ようやく報われましたな…

リオンxローザの花を咲かせる能力がここに来て最高の仕事をしてしまいましたね。
北海道の卒業式は桜と無縁、むしろ雪が残っているくらいなのは帯広でも同じですが、
(追記:よく見ると橋の脇などにちゃんと雪が残っている!)
そこで桜並木に花を咲かせてしまったリオンは凄い。
それを見てすぐリオンの仕業だと気付いて駆け出し、橋の上でヴェロニカ局長を一別するだけで
リオンを選んだニーナ、物凄く象徴的なシーンです。
そして止めようとする副学園長を軽く制する局長、判っております。
そしてその桜の下で、桜の影から出てきた時点で目がローザのツリ目じゃない、普段のリオンの目だった時点で
完全にトランスのバランスが取れていることを確信できました、その後の口調もリオンそのもの。
本当胸が熱くなりますよ。そして残ることを告げる前にリオンに一言謝ったニーナ、それはかつて
ALCAに戻ることを応援してくれたのに残ることなのか、それとも4人には前日に伝えたのにリオンにだけは
言えてなかったことなのか果たして。

学園長、そして肩に乗っているベル、そしてその会話…学園長、前々から疑ってはいましたが
あなた絶対フォーリナーでしょう、しかもベルと一緒のテトラヘヴンの!!
となるとアレなのかな、副学園長は元々ロジカリストで学園長と盟約していたのかな?
しかし学園長のミステリアスで指摘で美しい佇まい、いつもハープで奏でる音楽、凄く素敵で好きでした。
もし学園長が本当にテトラヘヴンのフォーリナーなら、この曲もテトラヘヴンの音楽なのかな。

友達がいるから残る、友達ってリオンだけじゃなく万博、弥生、華凛、華恋も含めてだと言ったことを
リオンにバラされちゃったニーナ、感激しちゃって抱きついちゃう4人、続いてリオン…
そう、この橋は第1話でニーナがリオンに抱きつかれて落水し、第10話では受け止めて持ちこたえた橋。
リオンを受け止められるようになったニーナは、今度は5人分の友情を止めきれずに結局落水、
そうきたか、と思いましたよ、すばらしい。水浸しで説教を受ける万博、弥生、華凛、華恋、
アレ、リオンが居ない。これは絶対アメマス捕まえて出てくるな?
その期待に完璧に応えてくれた「ひなろじ」が大好きです。やっぱり最高のアニメだと、改めて再確認できました。

本当お約束は外さない、感動させるところではしっかりさせてくれる、そしてほっこりさせてくれる、
安心と信頼のアニメでした。舞台が北海道の、自分が昔住んでいたところに近い帯広近辺で、現実の
その辺の建物もモデルになってたり、寮が白樺寮で周りが白樺林だったりと凄く親近感もあるアニメで
魅力的なキャラクター、秀逸な伏線と回収、期待を裏切らないお約束、毎回楽しませてくれた、本当に
超特大花丸の素晴らしいアニメでした。スタッフ、関係者、声優さん、皆さんに心からありがとうを何度も叫びたい。


最終回に合わせて1枚描きました。「ひなろじ」に心からの感謝の気持ちを込めて。
ちなみにトップ絵にもしています[トップページへ]


[Pixiv]
コメント

アンチョビ誕2017

2017年09月23日 | 漫画・アニメ
「ガールズ&パンツァー」のアンチョビちゃんお誕生日おめでとうございます、と言うことで1枚描きました。
いい笑顔が描けたんじゃないかな、と我ながらに。


[Pixiv]
コメント

チアフルーツ第11話、キャップまさかの…

2017年09月22日 | 漫画・アニメ
「アクションヒロイン チアフルーツ」第11話、
予告でキャップの連絡が付かなくなる、と言うのがあって何故、と思ったら何と陽菜野のホール取り壊しが決まってて
しかもよりによって自分の誕生日の8月9日に決定が下ったとあって自分から身を引こうとしたと言う流れは
そう来たか…と思いました。しかもお祖父ちゃんが倒れたのも誕生日だったというのが…
そりゃ自身の不運を呪うのも一層納得がいくというか、それで逃げるなと軽々しく言うのは重すぎます。
とはいえ見た感じ、結局汽車には乗らず自室に閉じこもっているっぽいのでこれはネット生中継、TVでも生放送と
いうことで、キャップが出るプランB、出ないプランAの二択で冒頭から違うと言うことはやはりあれだろうな、
プランBをやって家にいるキャプがもう出るしかなくなって駆けつけるんだろうなぁ…
とか言いつつ違うかも知れませんけど、でも悪い最終回にはならないと期待しています。
そして元さん、久々の鬼演出家モード見せてくれましたね、あのノリノリさ加減好きです。
コメント

ここのところのアニメ感想

2017年09月21日 | 漫画・アニメ
といっても火曜日のプリンセス・プリンシパルとアホガールくらいになってしまいますけど…
プリンセス・プリンシパルは最終回までの繋ぎ、と言う感じですが何と言いますか、
アンジェがまさかカサブランカ言い出すとは思いませんでした、まぁ何だかんだ疑われてたアンジェの
弱さと言いますかそう言ったモノなのかも知れませんがそれでプリンセスとあんな事になるのは何というか
ミスリードなのかも知れないけどどうしても大河内一楼先生と言うことで12年前のネギま!のアニメ1期の、
アレも最終回1回前だった、あそこで夕映とのどかが仲違いを起こしたシーンを思い出して、
大河内先生のシリーズ構成を担当した作品を見るのはネギま!以来だったのだけど耳にした評判もありますし
変わってないな、とか思っていたらこの11話だけ別の脚本家だったのはどういう事でしょうか。
まぁここからスカッとするいい結末に持って行くのならいいのだけど白鳩5人のうち誰かが死ぬみたいな
悲しい結末は勘弁願いたいところであったりします。

そんなこんなでしたがこのアニメがBSで放送される火曜日はその後「アホガール」もあるわけで、
そちらでは毎回酷いギャグに笑わせて貰ったり嫌な気分を吹っ飛ばさせてもらっておりました。
しかし今週が最終回だったのですが、あっくんのよしことの馴れ初めはそれはそれはひどいですな…w
とりあえずさやかちゃんは天使でした。

ああそうだ、先週金曜日のメイドインアビス。
ナナチのあの喋りはアニメで見ると一層癖になります。
そしてミーティ、冒頭にあったナナチの回想にあった女の子の成れの果てなんでしょうかね。
原作のあの辺の話は何か全然覚えてないです、Webで読んだっきりで単行本は話のえぐさを理由に
結局買うのを躊躇したまま今に至ってしまったので。
しかしこのアニメは本当にアニメ化して良いのか?と言うところを容赦なくアニメ化してしまってる感がありますが
1クールで切りよく終わらせられるんでしょうか、分割2クールだとしても連続2クールでもなければきちんと
終わらせる必要はありますし…ってこれは前回も初いたっけか?
コメント

はつり爆誕2017とミサキちゃん

2017年09月20日 | 漫画・アニメ
「アクションヒロイン チアフルーツ」のニトロピンクこと爆発天使こと桃井はつりちゃん
お誕生日おめでとう、と言うことで1枚描きました。
彼女らしく爆発エフェクトで決めてみましたよ、と。
前回お披露目されたチアフルーツの新規コスチュームで描いてみました。


[Pixiv]

「バトルガールハイスクール」のミサキちゃん、本当は昨日付の記事で
一緒に入れたかったけど完成が遅れたので今日の記事で。
何だかんだバトガで一番好きなキャラに落ち着きました。
最終回のあの格好ですが、映像だけじゃ完全には衣装を把握できず、
自分が認識できる限りのモノで(何


[Pixiv]
コメント

バトルガールハイスクール、王道の最終回!

2017年09月19日 | 漫画・アニメ
日曜日の「バトルガールハイスクール」最終回、俺が変身少女モノに求めていたのはこれだ!!!
というのは大げさかも知れませんが、ともかく王道で熱い最終回だったと思います。
そしてミサキ&みきの新コスチュームの美しさよ。
ミサキのいた世界の神樹様に関してはこちらから鉢分けすることで解決しましたか。
そしてそうなったらミサキは向こうに戻っちゃうことを危惧していましたが、そこは残ってくれました。
ゲームの方で色々動機が明らかになっては居たようですが、それを知らない自分として感じたのは
元々お姉ちゃん以外に親しい人も居なかったであろう向こうより、本当の仲間を得たこっちで
やっていきたいってのは当然でしょうし、それに大好きなf*fのこともあるでしょうしw
最後あちらのみき=ミサキのお姉ちゃんが最後、「頑張ってね、***」と最後口だけでセリフを聞こえなくしたのは
やっぱりあそこはミサキの本名、多分「みく」なんだろうけどそれを言ったんだろうなぁ。
そのミサキの本当の名前が「みく」なのか「ミサキ」なのか、はたまた運命が分かれて別の名前なのかは
視聴者の想像に委ねますって言う感じで。
でもまぁ、最後のエピローグで「結局ミサキちゃんってみくだったのかな?」と言ったみきに対して
あの返答に困った反応からかっこつけて「さぁ、どうかな?」って完全にそういうことですわなw
しかしみき、ミサキ、みくが3人でいると完全に3姉妹ですな、みくのセリフからしてミサキは別の所に住んでる
ようだけどそこは星月家にお世話になるわけにはいかなかったのかしら。
クラスに入ったミサキはすっかりもうみんなに溶け込んだ感じですね。そして歓迎パーティー第2回やったんですね。
そのスマホの画面に映った記念写真ではみきの横で誰よりもはしゃいでいる魔女コスのミサキが。
これにはグッと来ましたよ、本当よかったなぁ…

しかし、最初はそこまで期待していなかったアニメでキャラがいいのとBSが同時なので見始めた作品で
最初はすばるが何かいいかな、とか思ってたら第5話あたりからミサキに惹かれ始めて彼女の変化を通して
見ていくとどんどん作品が魅力的に感じていって気付けば今期特にお気に入りの1つになっていました。
一応「ひなろじ」「チアフルーツ」と並んで今期の三大お気に入りに落ち着いた感があります。
しかしだ、気付いたのは途中になったのだけどこのアニメ、脚本は3人で持ち回っていてそのうち二人が
雑破業先生と兵頭一歩先生ですよ。AKIBA'S TRIPのコンビですよ。最終回も雑破先生ですよ。
何だかんだ自分好みになる下地はあったんですねぇ…(何
スタッフ・キャストの皆様、本当にありがとうございました。
コメント

チアフルーツ、末那は本当いい子

2017年09月18日 | 漫画・アニメ
金曜日に配信、土曜日にBS-TBSで放送された「アクションヒロイン チアフルーツ」第10話。
チアフルーツと、カミダイオーの神栖真心さんの対談が実現、と言いますか神栖さんが陽菜野に来る、
と言うのですが、神栖さんが実際はどんな人かと思っていたらめちゃくちゃいい人じゃないですか。
しかもチアフルーツを気に入ってくれていて、というか地味に杏と同類のにおいが…
とはいえそこはトップの人、その意識の高さや、杏はファンじゃなくて同業のライバルだから、と
サインを断られたのもあったのだろうけどチアフルーツの半分以上のメンバーが意気消沈してしまい
モチベーションを喪失し次の講演でミスを連発してやはり自分の運の悪さが、とキャップまで意気消沈、
そんな中でムラムラちゃんと末那、そして言い訳がましいメンバーに憤る元気の3人は
まだ前を見ている感じでしたが、ムラムラちゃんは新体操で常に1位の杏を追い続けてもへこたれなかった
だから杏への説教にも物凄く説得力がありました。
元さんは帰る、と言いながらも翌日生徒会室ではちゃんと自分の作業やってるような感じでした。
いや実際あの画面の中で何やってたのかは知りませんが。
あそこでキャップは何を言い出そうとしていたのでしょうか、チアフルーツをやめるか、はたまた
自分が抜ける、とでも言おうとしたのか、そんな状況を救ったのはおそらくメンバーで確実に一番明るい末那だった。
まぁ、10位浮上に乗じて新衣装を作っちゃってグッズも発注済でチアフルーツをやめるわけにいかなかった
というオチはあるのだけど、でもチアフルーツはプロなのです、プロとはそれでお金を回すものであり、
それ故にそこに責任が発生する、と言う点で末那はキャプに内緒でやっていたとはいえある意味チアフルーツで
一番プロ意識がある子だと思います。
それに街の声を目にしてそれをみんなに見せたかったってのは本心だろうしね。
お節介な感はありつつもメンバー思いのいい子だし。前々から気に入っていた末那が一層好きになる、そんな回でした。
さてさて今回は末那謹製の新コスチュームが登場したわけですが、次回はこれでやるのでしょうか、そして
こちらも衣装を貰った元さんは本番で着るのかどうか、それも気になりますが。
コメント

ダー誕2017

2017年09月17日 | 漫画・アニメ
ガールズ&パンツァーのダージリンさんお誕生日おめでとうございます、と言うことで描いた1枚。
彼女を描くときはとにかく美しさを前面に出すことを念頭に置いているのですが、
今回こんな感じで。清楚な白いシルクの服装で、と言うイメージですがタンクトップみたいに
見えかねない問題をどうしましょう。それともチアフルーツのキャップがステージ上で臨時的に着た
女神様みたいなあんな感じに…と言うのは来年また考えましょうか。


[Pixiv]
コメント

百合の花咲きすぎのひなろじ第11話

2017年09月16日 | 野々村の日常
「ひなろじ」第11話、凄いことやってくれたという感じの回でした。
年越しの瞬間のキスなんか序の口で(ってかあの両親ともやってたって事なのかな、リオンはほっぺただろうけど。)
しかしだ、先生達のカニを間違って食べちゃった件はニーナも食べる前に気付かないとかすっかり染まっちゃった
のか、それともリオンと一緒に蟹を食べられるのが嬉しくてそこまで考えが回らなかったのか、いずれにせよ
ニヤニヤしてしまいます。
リオン&ニーナ以外の年越しを過ごすそれぞれの面々のなかで、万博のカットで一緒にいたのはやはり両親でしょうか。
万博に爆発遺伝子を遺伝させたお父さん意外と童顔ですね、マスクで口元は隠れてたけど。
しかし北海道でコタツというイメージはないのですが温暖化が進んだのかな?
(と思ったのは今日先行配信の最終回絡みの話にもなってくるのでそれはまた1週間後に)

Bパートは一気にバレンタイン回までんだので配信当時は面食らったモノです。
しかしこれがまたぶっとんでいた。
最初オーブンが壊れて万博が修理したので「つまり爆発か」と思ったのは浅はかでした。
と言いますかリオンを直撃しそうになったとはいえニーナが何とかしてなかったらそれを回避しても
そのあとに爆発はあったのかも知れませんが、ともあれアモルの矢で止めたことであんな事になるとは。
ニーナもそうですが自分からあのチョコを食べて弥生に迫っちゃった万博、好奇心と言ってたけど
華凛華恋にはチョコをあげるのに自分にくれなかったことに内心ヤキモチ焼いてたのかな?
そんなところを目撃してしまった華凛華恋はチョコの力を借りずにドサクサ紛れに弥生にセクハラってあんたらおいw
で、危ないからと夕子さんにチョコを隔離させる、と言う流れから瑞希会長の手にチョコが渡る流れ見え見えだよ、
そして本当にそうなっちゃったよ。でも瑞希会長はいつものノリな訳ですが、これは何なんでしょうね。
盟約できなかった瑞希は実は能力キャンセルの力があった説もありますし、
一方で普段相方への好意を表に出さないニーナや万博がああなったのを見るに隠してる想いの強さの
反動とすれば普段から夕子への愛情を隠さない瑞希が変わらないと言うのも道理が通るのでそっちかな、
なんて思ったりもして。もっともその想いはチョコの力と勘違いした夕子には届きませんでしたが(ノ∀`)
でも最大の爆弾は最後のCパートでしたよ。これまで藤崎先生が言っていた憧れの人、藤崎先生の本命が実は
男性ではなく神楽先生だったと。アレはやられた。
配信のあと月曜日にAbemaで一挙配信があったのを見たときに改めて見返したのですがなるほど納得です。
そしてそれを見守って「フッ」と薄ら笑いのベル、第1話の予告で見せたあの表情が最後の予告でまた見られるとは。

最後と言えばOPとEDの映像も最後なんですよね、特にOPの映像は大好きなのですが、
EDも挿入されているキャラ原案の永田杏子さんのあのイラストがもう見られないのかと思うと
後半にあるメイン7人の絵を見ていてふと思ってしまったり。
コメント