タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

オートマタ

2017年10月30日 | 映画他レビュー
【解説】 ゴヤ賞やサン・セバスチャン国際映画祭などに出品されたSFサスペンス。人間に代わる労働力として人工知能搭載ロボットが使われている近未来を舞台に、ロボットたちの異変に気付いた男の姿を追う。監督は、『シャッター ラビリンス』などのガベ・イバニェス。『マスク・オブ・ゾロ』などのアントニオ・バンデラス、『ゴースト・ハウス』などのディラン・マクダーモットらが顔をそろえる。人工知能が発達する未来を予見したような物語に加え、随所でさく裂する迫力のアクションも見もの。 (シネマトゥデイより) . . . 本文を読む
コメント

家族はつらいよ

2017年10月29日 | 映画他レビュー
【解説】 『男はつらいよ』シリーズや『たそがれ清兵衛』などの名匠・山田洋次監督によるコメディードラマ。結婚50年を迎えた夫婦に突如として訪れた離婚の危機と、それを機にため込んできた不満が噴き上げる家族たちの姿を描く。ベテラン橋爪功と『御手洗薫の愛と死』などの吉行和子が騒動を引き起こす夫婦にふんし、その脇を西村雅彦、夏川結衣、妻夫木聡、蒼井優といった実力派が固めている。彼らが繰り出す濃密なストーリー展開に加え、笑いをちりばめながら家族の尊さを表現する山田監督の手腕も見もの。 (シネマトゥデイより) . . . 本文を読む
コメント

ブレードランナー ファイナル・カット

2017年10月24日 | 映画他レビュー
【解説】 SF映画の金字塔として誉れ高い、巨匠リドリー・スコットの1982年監督作『ブレードランナー』に、最新技術のデジタル処理を加えた“ファイナル・カット”版。当時、衝撃的な近未来映像と評された本作を、美しい映像でよみがえらせ、最新デジタル上映で公開する。主演は『スター・ウォーズ』旧3部作シリーズのハリソン・フォード。先駆的な映像美のみならず、初公開から25年を経た現在も色あせない哲学的要素の濃いドラマにも驚かされる。 (シネマトゥデイより) . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

パッション

2017年10月23日 | 映画他レビュー
【解説】 世界中で大論争を巻き起こす一方、全米初登場第1位の大ヒットを記録した衝撃作。『ブレイブハート』のオスカー監督メル・ギブソンが私財2500万ドル、構想12年を費やし、イエス・キリストの最後の12時間と復活を描く。主人公イエス・キリストを演じるのは『ハイ・クライムズ』のジム・カヴィーゼル。マグダラのマリア役には『マトリックス レボリューションズ』のモニカ・ベルッチがあたっている。あまりにも残酷な拷問シーンの先に控える監督メル・ギブソンの熱きメッセージに注目。 (シネマトゥデイより) . . . 本文を読む
コメント

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2D 字幕版)

2017年10月15日 | 映画他レビュー
【解説】 『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーの心の葛藤も映す。シーザーは、前2作に続きアンディ・サーキスが演じる。共演は、ジュディ・グリアとウディ・ハレルソンら。監督は前作と同じくマット・リーヴスが務める。(シネマトゥデイより) . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (15)

遊星からの物体X (1982)

2017年10月14日 | 映画他レビュー
【解説】 氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。(allcinema ONLINEより) . . . 本文を読む
コメント (2)

猿の惑星 (1968)

2017年10月12日 | 映画他レビュー
【解説】 未知の惑星に不時着した宇宙飛行士たちは、そこでは猿が人間を支配している事を知る。主人公テイラーはコーネリアスとジーラというチンパンジーの協力者を得て逃亡を計るが……。設定のユニークさや、ショッキングなラスト・シーンが受けて本作は大ヒットとなり、4本の続編と2本のTVシリーズ(実写とアニメ)が作られた。(allcinema ONLINEより) . . . 本文を読む
コメント (2)

銀河鉄道999(1979)

2017年10月10日 | 映画他レビュー
【解説】 松本零士原作の壮大なスケールのスペース・ファンタジー。TVシリーズとは別のキャラクターデザインで作られた劇場用オリジナル作品。監督はりんたろう。ゴダイゴの歌う主題歌もヒットした。高価な機械の体を手に入れた富裕層が、生身の体のままの貧しい人々を迫害している、未来の地球。貧しい少年・星野鉄郎はスラム街で、機械の体を無料でくれるというアンドロメダ星に行くことを夢見て暮らしている。鉄郎の母は、鉄郎が幼いころ“機械伯爵”の人間狩りに遭い、殺されて剥製にされた。機械の体を手に入れたら、機械伯爵に復讐を果たす。それが鉄郎の生きる目標だった。(allcinema ONLINEより) . . . 本文を読む
コメント (2)

センター・オブ・ジ・アース

2017年10月09日 | 映画他レビュー
【解説】 ジュール・ヴェルヌ原作の冒険SF小説を、最新技術で実写化した冒険ファンタジー。『メン・イン・ブラック』の特撮の監修をしたエリック・ブレヴィグが、立体デジタル撮影装置を駆使して色鮮やかな地底世界を表現。主演は『ハムナプトラ』シリーズのブレンダン・フレイザー。浮かんでは消えるマグマの海、巨大キノコ、人食い植物などのスペクタクル映像が圧巻だ。(シネマトゥデイより) . . . 本文を読む
コメント

美女と野獣 (2017)

2017年10月08日 | 映画他レビュー
【解説】 ディズニーが製作した大ヒットアニメ『美女と野獣』を実写化した、ファンタジーロマンス。美しい心を持った女性ベルと野獣の恋の行方を見つめる。メガホンを取るのは、『ドリームガールズ』や『トワイライト』シリーズなどのビル・コンドン。『コロニア』などのエマ・ワトソン、『クリミナル・ミッション』などのダン・スティーヴンス、『ドラキュラZERO』などのルーク・エヴァンスらが顔をそろえる。幻想的なビジュアルに期待が高まる。 (シネマトゥデイより) . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (19)

スーパーガール(1984)

2017年10月07日 | 映画他レビュー
【解説】 「スーパーマン」シリーズの番外編。失われた秘宝オメガヘドロンを追ってアルゴ・シティから地球へやって来たスーパーガールと、ジェラシーから彼女を狙う魔女の戦いを描く。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)