タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

人類資金

2013年10月24日 | 映画他レビュー
監督: 阪本順治 出演:佐藤浩市、森山未來、香取慎吾、観月ありさ、石橋蓮司、岸部一徳、ユ・ジテ、仲代達矢、ヴィンセント・ギャロ

【解説】
『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、その存在が議論されている旧日本軍の秘密資金、M資金をめぐる陰謀と戦いに巻き込まれていく男の姿を活写する。佐藤浩市、香取慎吾、森山未來をはじめユ・ジテやヴィンセント・ギャロら、海外からのキャスト陣を含む豪華な顔ぶれが結集。彼らが見せる演技合戦はもちろん、壮大で緻密な展開のストーリーも見もの。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会うよう迫られる。だが、財団のビルに足を踏み入れた瞬間、高遠(観月ありさ)が率いる防衛省秘密組織の一団に襲撃される。石の助けを借りて逃げ出した真舟は、そのまま本庄(岸部一徳)という男に引き合わされ、50億円の報酬と引き換えに某投資ファンドが管理する10兆円ものM資金の奪取を持ち掛けられる。(シネマトゥデイより)


 う~~ん、いきなりこの作品の事、一言で言っちゃっていいですか?久々に映画館で観たなあ、こういう駄作。もし今から観ようという人がいたら絶対に観ない方がいい。以前「アナザー」でも言ったんだけど、100円レンタルでも借りたくないね。もうさあ・・・見せ方が悪過ぎる。というか作品の作りがチープ。全然ドキドキしないんだよね、次へ向かう展開に対して。淡々とした描写を狙っているワケではないのだろうけど、別の意味で淡々としちゃってる(笑)

 その中でもピカイチの輝きを魅せるのは森山未來。彼のオーラ(演技)がホントに素晴しい。。。存在感抜群ですね、こんな作品なのにすっごく勿体無い!彼にはもっと素晴しい作品の経歴をつけてあげるべきだ!と感じたのは僕だけではないはずです。。。そして彼に対比して・・・慎吾ちゃん、やっぱ彼はバラエティー班だなあと感じました。ここんところジャニーズ系では生田斗真、松潤と好評価が続いてきただけにすっごく残念。普通のドラマならそんなに目立たないんだけど、森山君との共演では格が違いすぎて・・・あまりにかわいそうでしたわ。まあどうしても作品を観たい方は森山未來を観るという目的ならば・・・OKです。

タケヤの絶対的偏見評価 3/10(10点中3点!)
(森山君が出ていなければ-2点!)

人類資金 (The Human Trust) 2013 映画の予告編

コメント (8)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 我が家のハロウィン♪ | トップ | 欲望のバージニア »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2013-10-25 01:48:23
ありゃりゃ。
結構な酷評ですね(笑
それじゃ俺は旧作100円まで待つか。
もしかしたらこの酷評に怖いもの見たさで準新作辺りで観ちゃうかも(爆
けん様 (タケヤ)
2013-10-25 07:49:42
最初の30分で劇場をあとに
しようか本気で迷いました(笑)

正直、時間合わせで観た作品でしたので
(妥協はイカンな~)とつくづく思いましたね。。。

レンタルも・・・オススメしませんねえ。
もっといい作品たくさんあると思うので。
Unknown (daisuki-johnny)
2013-10-25 23:36:42
あああら~~
そうなんですかー
もしかして、今年1番の・・・でしょうか~~?
森山くんのみ!なんですねー(笑)
あら~~

それにしてもヴィンセント・ギャロが出演してるとは!
知りませんでした。
daisuki-johnny様 (タケヤ)
2013-10-26 07:41:34
今年の僕のワースト1決定です(笑)

ギャロも(もう少し見せ方がよければ)
生かせる配役だと思うのですが・・・
全てがチープに感じてしまいました。

残念です。。。
このメンツなら~ (cyaz)
2013-10-26 08:14:34
タケヤさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

スケールの割に内容はショボかった感は否めません。
描き方と演出の仕方は、このメンツなら、
もっとエンターテイメントな作品に仕上がったハズで、
監督の仕上げ方がイマイチだったように思います。
森山クンの力量は認めますが^^
cyaz様 (タケヤ)
2013-10-26 18:24:18
こちらこそいつもありがとうございます。

そうなんです。もう少し見せ方が
あった気が・・・
監督は「北のカナリア」の監督さん
なんですね。

次回に期待です。
「人類資金」の話題 (iina)
2013-11-23 09:27:13
50億円は本物を撮影したのですね。
http://dogatch.jp/news/etc/18955

このことは、映画を観た後に知りましたが、よく銀行が公開してくれたものと思います。
万一、映画のように詐欺しょうとして持ち去られたら、話題沸騰したことでしょう。もっとも、警備員がガードするでしょうが、これを騙してかっさらうことだって、或いは出来るかもしれません。

こんな風に「人類資金」の話題をするというのも、他に持ち上げようがありません。
iina様 (タケヤ)
2013-11-26 20:31:50
そうなんですか!
初めて知りました。。。

これで映画が面白かったら
素敵な話なんですけどねー(笑)

他に持ち上げようがない。。。
確かに・・・。

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

劇場鑑賞「人類資金」 (日々“是”精進! ver.F)
世界のルールを変える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310220001/ 【送料無料】「人類資金」オリジナルサウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,500円(税込、送料込) 【送料無料】人類...
人類資金 (2013) 140分 (極私的映画論+α)
なんとも大雑把な映画(笑)
映画 「 人類資金 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
まず、この映画は、余りにもテンポが速く、目的やそれに繋がる人間関係は、全く分からないまま進行してしまいます。でも、それが徐々に分かってくるから不思議です。  敗戦を不服とする反乱兵たちが、笹倉大尉率いる日本軍が、秘密資金である金塊を海に沈めてしまうとこ...
人類資金 (花ごよみ)
監督は阪本順治 原作 脚本 福井晴敏。 佐藤浩市、森山未來、香取慎吾、 岸部一徳、観月ありさ等が出演 M資金をネタに詐欺を 行っていた真舟には佐藤浩市。 第二次世界大戦直後、 旧日本軍からアメリカ軍が 接収したといわれている莫大な資産。 今でも何年かに....
「人類資金」みた。 (たいむのひとりごと)
敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝:通称「M資金」をめぐる日米の陰謀を描いたサスペンス大作。ロシア、タイ、日本、アメリカの4ケ国で撮影が行われたということでスケールのデカさを楽しみにしていたのだ
映画 人類資金 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    序盤に派手なアクションシーンがあり、銃の打ち合いが一杯あるかと思ったら、格闘シーンが多くありました。中でも観月ありさのハイキックは、見ものでした。   あそこまで足が上がるとは、...
人類資金 (勝手に映画評)
『M資金』。第二次大戦終戦時の混乱期に隠匿された大量の貴金属類と噂されるもの。その実在は不明。 平成の今、M資金と言って、一般に通用するんですかね?もはや、陰謀論、都市伝説の類になっていると思いますが・・・。しかし、リーマン・ショックで拝金至上主義の世...
『人類資金』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「人類資金」□監督・脚本 阪本順治□原作 福井晴敏□キャスト 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、仲代達矢、     オダギリジョー、寺島進、石橋蓮司、豊川悦司、ユ・ジテ、ビンセント・ギャロ     ■鑑賞...
『人類資金』 2013年9月17日 東商ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『人類資金』 を試写会で鑑賞しました。 森山未來の演技に注目 【ストーリー】  終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文...
人類資金 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、その存在が議論されている旧日本軍の秘密資金、M資金をめぐる陰謀と戦いに巻き込まれていく男の姿を活写する。佐藤浩市、香取慎吾、森山未來をは....
「人類資金」 未来の可能性 (はらやんの映画徒然草)
福井晴敏さんが原作で、阪本順治監督というのは「亡国のイージス」以来でしょうか。
人類資金 (単館系)
人類資金 ユナイテッド・シネマ浦和 10/19公開 終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。 それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)と いう青年から彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会う...
人類資金 (みすずりんりん放送局)
 『人類資金』を観た。  【あらすじ】  終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会うよう迫られ...
人類資金 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人類資金』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)『許されざる者』で活躍したばかりの佐藤浩市が主演だというので、映画館に行ってみました(注1)。  本作の冒頭では、1945年のこととして、映画『日輪の遺産』で描かれたのとほぼ類似する財宝(注2)が、東京湾に沈....
人類資金 (もののはじめblog)
旧日本軍の隠し資産がGHQによって接収され、極秘に運用されてきたといわれる通称「M資金」をめぐって繰り広げられる陰謀を描いた作品。 「亡国のイージス」でも阪本監督とタッグを組んだ福井晴敏による書き下ろした小説を、福井と阪本監督が共同で脚本を執筆したとい....