タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

銀魂

2019年01月03日 | 映画他レビュー
監督:福田雄一  出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、やべきょうすけ、長谷川朝晴、志賀廣太郎、中村有志、六角精児、酒井健太、今井隆文、古畑星夏、清水くるみ、原金太郎、一ノ瀬ワタル、長澤まさみ、岡田将生、山田孝之、高橋美佳子、丹沢晃之、山本格、藤吉浩二、岩澤俊樹、山寺宏一、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛

【解説】
空知英秋の大ヒットコミックを、小栗旬を主演に迎えて実写映画化。宇宙からやって来た天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む風変わりな侍・坂田銀時と仲間たちの周りで起こるさまざまな事件をコミカルに描く。メガホンを取るのは、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一。銀時のもとで働く志村新八に菅田将暉、神楽に橋本環奈がふんするほか、長澤まさみ、岡田将生、柳楽優弥、中村勘九郎、堂本剛ら豪華キャストが勢ぞろいする。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
宇宙から襲来した天人(あまんと)に支配され侍が衰退した江戸時代末期、いまだに侍魂を堅持する男・坂田銀時(小栗旬)は、廃れた剣術道場の息子・志村新八(菅田将暉)や、戦闘種族である夜兎(やと)族の少女・神楽(橋本環奈)と共に万事屋を営んでいた。江戸では、謎の妖刀を使った辻斬りが横行し、銀時の旧友である攘夷志士・桂小太郎(岡田将生)がその凶刀に倒れ、行方不明になり……。 (シネマトゥデイより)


 銀魂のアニメ版はよく家族で観てたんだよなあ。確か日曜日の朝だっけ?ギャグが多いストーリーの時は結構好きでした。(あの泣きじゃくり会見を行った兵庫の元県議のギャグは家族全員大爆笑であった(爆))シリアスストーリーの時はあんまりかな?そうやって考えるとギャグとシリアスの振り幅が激しいアニメだよねぇ。まあそれも含めて好きな人は多いんだろうけど。

 さすがは福田監督!(「今日から俺は」見てましたよ!)銀魂熱烈ファンとかではない僕にとってはスバラシイ表現力の作品だと感動してしまう。この人じゃなかったらここまでリアル実写な「銀魂」はあり得ないんじゃない?フツーに何度も何度も笑ってしまう。一番のお気に入りは長澤さんのドラゴンボール読み聞かせ場面。新幹線の中での鑑賞にかかわらず大爆笑!出演陣もハンパない超豪華仕様じゃん。エリザベスの贅沢な配役を先程知り超驚愕・・・。(恐るべし福田監督と●●●之!)また撮影地で鞆の浦が出てくるのもいいやね←超個人的意見だけど!「銀魂命!」の人達にどう写ったかしらないけど、無垢な僕(?)にはとても楽しめた作品でした!

タケヤの絶対的偏見評価 7/10(10点中7点!)


銀魂 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ファンタスティック・ビース... | トップ | 銀魂2 掟は破るためにこそある »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2019-01-03 10:51:17
ドラゴンボールの下りいいよねー、超くだらねー。

私、この映画の予告編で
「800円の価値はあるあるよ」
「1800円な」
というボケとツッコミも好きでした。
こんばんは! (ヒロ之)
2019-01-03 20:04:58
新年明けましておめでとうございます。

「銀魂」観られたんですね。
かなり楽しまれたようで良かったです^^
兎に角ギャグやパロディネタが楽しかった。
あそこまで吹っ切ってくれると観ている自分としても笑いを堪えるのが大変てもの。
その路線で最後まで突っ走ってくれたので、楽しい!面白い!と思える作品でした。
しかしまあ橋本環奈ちゃんも元アイドルという肩書を捨てて、体張って変顔しまくる、こういう子に好印象持てない人てのは天邪鬼なのかもしれません。

という訳で本年もどうぞ宜しくお願い致します♪
ふじきさん (タケヤ)
2019-01-08 05:51:43
僕の一番のお気に入り(笑)
あまりにくだらな過ぎるって最高だと思う。

ちないに予告編、憶えてません(悲)
ヒロ之さん (タケヤ)
2019-01-08 05:54:36
新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

くっだらねー作品で年末年始と笑わせて
いただきました(笑)

カンナちゃんは僕の中ではかなり好印象に
変わったなー!やはりカッコいいだけ、
可愛いだけじゃ人間はダメです(笑)
中身が伴って初めてイキイキしますよ!

というワケでこちらこそ宜しくお願い致します。

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事