タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ラスト・ナイツ

2015年11月13日 | 映画他レビュー
監督:紀里谷和明 出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ

【解説】
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハリウッドデビューを果たしたアクション巨編。君主の誇りを踏みにじった支配者に復讐(ふくしゅう)を果たそうとする、屈強な剣士とその仲間たちの姿を追い掛ける。『クローサー』などのクライヴ・オーウェン、『ミリオンダラー・ベイビー』などのモーガン・フリーマン、『硫黄島からの手紙』などの伊原剛志ら、国際色豊かなキャストが集結。壮大なスケールの物語や重厚感とスピードあふれるソードバトル、そしてロケを敢行したチェコの荘厳な風景を生かした映像美と見どころ満載。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
狡猾(こうかつ)な政治家が台頭し、戦士たちが追いやられようとしている帝国。ある日、強欲な大臣から賄賂を要求されるも、それを断った上に彼に刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)が反逆罪に問われるという事件が起きる。その後死刑判決が下され、自身のまな弟子であった騎士ライデン(クライヴ・オーウェン)の手で斬首されてしまう。1年後、ライデンは酒に溺れる毎日を送り、ほかの騎士たちも刀を捨てていた。だが、その裏で彼らは主君バルトークの敵を討ち、堕落した権力者たちへ報復する計画を進めていた。 (シネマトゥデイより)


 知り合いからいただいた先行ロードショーチケットにて鑑賞。西洋版「忠臣蔵」をどう魅せるか?宇多田元旦那は「CASSHERN」で大コケしてた事だけは強く頭に残っていました。だから斜にかまえて鑑賞に臨んだワケですが・・・果たして結果は如何に???(笑)

 前半はぶっちゃけダルい。会話のひとつひとつがチープ過ぎて笑ってしまう。(もうちょっと洒落たセリフを喋らせてよ。)←この傾向は最後まで変わらず。殺陣はカメラワークが左右にブレる事によって速さを意識しているのだろうけど正直観にくい。(るろうにの方が早いよ。)とは言うものの名優モーガン・フリーマンの最期の演説が始まるあたりから少しずつ面白味を増してきた。

 主君バルトークが亡くなってからのライデンの堕落ぶりがとにかく長い!どこかで忘れていた"騎士の心"を思い起こして敵討ちに行くのだろうと思ってましたが実は違ってたんですね。これには僕も騙されましたわ!けれどもここの尺の長さがこの作品のダルさを崖っぷちから救ったかなぁと。後は如何にしてクソ外道であるモットを倒すかなんですがそこまでの見応えもそこそこあり、それなりに楽しめました。ただラスト0.1秒前のあの演出の「思わせぶり」はどうかなあと思いましたが。そこは従わなきゃ"騎士"じゃないでしょ?ってね(笑)

P.S. 井原さん、すげーいい!自身の気持ちと立場の違いをわきまえていてね。これこそ武士道!って感じです。

タケヤの絶対的偏見評価 6/10(10点中6点!)

コメント (8)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« バクマン。 | トップ | やっと【STAR WARS... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daisuki-johnny)
2015-11-13 22:18:15
気になってました!
宇多田元旦那はん監督で
出演は豪華と思って♪凄いですよね~
時間が出来れば観たいけど
そう思ってるうちに上映時間も減ってきて
観れずに・・・ってなりますよね~。。。
Unknown (けん)
2015-11-14 11:56:03
正直「CASSHERN」の監督だしな~って偏見丸出し(汗
ただ、日本の監督がハリウッドの豪華キャストで映画を作ったことに感動☆
daisuki-johnnyさん (タケヤ)
2015-11-15 06:46:03
正直なところ、劇場鑑賞までは
どうかなあと。

(観なくていいですよ)とは言いませんが
レンタルで十分かと思います。

ぼちぼちは面白かったんですけどね!
けんさん (タケヤ)
2015-11-15 06:47:56
分かります分かります。(←って前作観てませんけど)

どういった力が作用したんですかねえ。
それなりに面白い作品でしたが(うわっスゴい!)
的な発見は少なかったと思います。

しいて言うなら物語の起承転結の「転」前後が
良かったかなあと。

どちらにせよレンタルして下さい(笑)
Unknown (ふじき78)
2015-11-22 22:32:14
紀里谷監督がどうというより、忠臣蔵が好きだからなあ。

伊原剛志は良かった。あの役、ちゃんと演じないと単に強かったり単に頭が良かったりな役になってしまう。嫌な仕事をしながら彼の中にも忠誠心や誇りがあるのが分かる。
ふじきさん (タケヤ)
2015-11-22 23:36:30
ふじきさん、忠臣蔵が好きなんだ。
へーほー。

井原さん、良かったですよねえ。あの人が僕の中ではNo1です。ふじきさんがいうように演じ方が抜群でしたよ。
あの役が生きたのは井原さんだからだろうなあ。
こんばんは (yukarin)
2015-11-30 23:19:54
確かに前半はちょっと意識が....という所もありましたがわりと好みの作品でした。
伊原さんの存在感と演技はとても良かったですよね。
yukarinさん (タケヤ)
2015-11-30 23:32:24
段々と面白くなっていったから
いいんですけどね(笑)

大体「キャシャーン」観てないのに
エラそーな事言えませんよね。。。

井原さんは最高でした。
武士道を体現してる役と演技でしたね!

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

ラスト・ナイツ (あーうぃ だにぇっと)
ラスト・ナイツ@ギャガ本社試写室
劇場鑑賞「ラスト・ナイツ」 (日々“是”精進! ver.F)
心の絆は、断ち切れない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201511150000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】GOEMON【Blu-ray】 [ 江口洋介 ]価格:2,160円(税込、送料込)
ラスト・ナイツ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 意外と大作映画になってましたな~。
『ラスト・ナイツ』をトーホーシネマズ日本橋6で観て、とてもいいけど一つ疑問があるよふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★忠臣蔵が好きなので】 忠臣蔵が好きなので、これを翻案して上手く作ってあると「ええなあ」と思ってしまう。今回は日本人が脚本・監督を担った事で、かっ ...
ラスト・ナイツ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】従事していた主君を失い復讐の機会を待つ部
ラスト・ナイツ (だらだら無気力ブログ!)
今回は面白かった。
映画「ラスト・ナイツ」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ラスト・ナイツ』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 戦士の時代が終わりを迎え、悪賢い政治家がはびこるとある封建国家。高潔なバルトーク卿(モ...
ラスト・ナイツ (Akira's VOICE)
静かに荘厳に生きて戦い抜く!  
「ラスト・ナイツ」☆忠臣蔵には無条件に萌える (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
かつて大絶賛だった「GOEMON」の監督にして、過去最低!な「CASSHERN 」の監督でもある紀里谷氏。 日本映画界では鼻つまみ者らしいけど、初めから世界を目指していたのでしょうね。 さて、今回はどっちに転ぶか??
『ラスト・ナイツ』 (こねたみっくす)
騎士道で武士道を描く。これが世界を知る日本の魂。 日本映画界のしくじり先生こと紀里谷和明監督の実力がいよいよ発揮される時が近づいてきたのではないでしょうか。 もはやマス ...
『ラスト・ナイツ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラスト・ナイツ」□監督 紀里谷和明□脚本 マイケル・コニーヴェス、ドーヴ・サッスマン□キャスト クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志、クリフ・カーティス■鑑賞日 11月15日(日)■劇 場  TOHOシネマ...
ラスト・ナイツ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LAST KNIGHTS】 2015/11/14公開 アメリカ 115分監督:紀里谷和明出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ 今、日本の...
紀里谷版忠臣蔵はいかが?~「ラスト・ナイツ」~ (ペパーミントの魔術師)
相変わらず映像は暗め。ブルーグレーな色彩。 とっても美しいとは思ったけど見づらいっちゃ見づらいのよな・・・。 紀里谷流の、映像へのこだわりは半端ない。 ますそっから受け入れられるかどうかになっちゃったりしてね・・・。 話は忠臣蔵がベースで舞台を中世に置...
ラスト・ナイツ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラスト・ナイツ』を新宿バルト9で見てきました。 (1)クマネズミは、この映画を制作した紀里谷和明監督のこれまでの作品について、世に言われるほど酷くないと思っていて、本作も悪くないのではと期待し、ひどく遅ればせながら映画館に行ってきました。  本作(注1....