タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

トラック野郎 熱風5000キロ

2016年10月02日 | 映画他レビュー
監督:鈴木則文 出演:菅原文太、愛川欽也、小野みゆき、地井武男、金田龍之介、春川ますみ、せんだみつお

【解説】
おなじみ、一番星の桃次郎、ジョナサン、玉三郎のトリオが活躍するシリーズ九作目の今作のマドンナには、化粧品CM“燃えろ、いい女”で人気の小野みゆきがむかえられた。脚本は「トラック野郎 一番星北へ帰る」の掛札昌裕、同作の中島信昭、同作の鈴木則文の共同執筆、監督も同作の鈴木則文、撮影は「喧嘩道 けんかみち」の中島芳男がそれぞれ担当。(映画.comより)

【あらすじ】
桃次郎、遠くに浅間山を見ながら疾走していると、パトカーがやってきて停車を命令。桃次郎は当て逃げの犯人と間違われたのだ。被害者である西沢夏の野性美に見とれる桃次郎だが、当て逃げなんて、まったく覚えがない。結局、桃次郎が腹痛のとき頼んだ代走屋の仕業と分った。(映画.comより)


 ぶっちゃけ、(この作品には妥当な表現であろう(笑))ボーイッシュな小野みゆきが苦手である。酒に強く男勝り。役柄も見た目そのままにグイグイくる。今までのヒロインとは反対に位置する彼女は・・・やっぱり無理ですわ。。。

 作品としても悪い意味でシリアス?僕の持つ印象とは逆方向の役柄である反逆的な地井ちぃ。(でも役柄名はノサップ(笑))ラストでは敵対する男から全てを奪う為に村と町を繋ぐ橋をダイナマイトで爆破してしまうという・・・なんかちょっとトラック野郎路線から外れましたね~。やはりこのシリーズはね、くっだらないギャグを連発してところどころで人情味のホロリが入るっていう王道パターンが一番じゃないかな?

タケヤの絶対的偏見評価 5/10(10点中5点!)

トラック野郎 Blu-ray BOX2<完>(初回生産限定)
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« トラック野郎 一番星北へ帰る | トップ | シックス・センス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あっちで見たぜ)
2016-10-03 07:42:07
はい、ノーギャグの熱風5000キロ鑑賞お疲れさまでした(笑)ドンマイドンマイ!!
あっちで見たぜさん (タケヤ)
2016-10-03 22:41:45
きびしいコメントだな~(><)
ところでファミコンは予約できましたか?(笑)

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事