タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

寄生獣

2014年12月05日 | 映画他レビュー
監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、池内万作、オクイシュージ、山中崇、大森南朋、余貴美子、豊原功補、北村一輝、國村隼、浅野忠信

【解説】
1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、『永遠の0』などの山崎貴。主演を務める『ヒミズ』などの染谷将太を筆頭に、『悪人』などの深津絵里や橋本愛、東出昌大ら実力派俳優が結集する。VFXを駆使したパラサイトの変形や人間捕食の描写、スリリングな物語に引き込まれる。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一(染谷将太)に寄生するが、脳を乗っ取ることができずに右手に宿る。自身の肉体にパラサイトが寄生して驚がくする新一だったが、彼をミギーと呼んで共生するうちに奇妙な絆を育むように。やがて、彼の通う高校に教師・田宮良子(深津絵里)に寄生したパラサイトがやって来る。それを発端にほかのパラサイトが次々と出現し、新一とミギーに襲い掛かる。(シネマトゥデイより)


 「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」の山崎貴監督に今作品も期待をして劇場に足を運びましたが・・・今回も大正解(笑)予告編の期待と寸分違わぬ内容の濃さに大・大・大満足でしたね。

 突然現れた寄生生物パラサイトに脳を支配されていく人類。その中でも泉新一だけは脳を乗っ取られず右手に住み着いた寄生獣『ミギー』との共同関係を余儀なくされる・・・。染谷クンはあまり意識してみた事がなかったんだけどこの前観賞した「神様の言うとおり」にも出演してたんですね。そう言われれば・・・っていうぐらいあっけなかった役柄のような気がしますが(笑)今作では(特に後半の)濃いぃ役柄を巧く演じてるなあって感じましたよ。段々変化していくその性格の見せ方がすっごくいいんだよね。最初はむっちゃ弱々しかったのにね(笑)ヒロインの橋本愛チャンはなんか顔つきが変わった?そんな気がしました。別人のようでしたもん。ちょっと痩せすぎなのかも。あとね、全然知らなかったんだけど「ミギー」の声が阿部サダヲさんだった事!妙にいいキャラしてると思ったよ(笑)この人も声だけなのに存在感スゴいよね、相変わらず。

   

 ストーリーはすっごい分かりやすい。そしてね、ちゃんと要所要所で見せ所があるんだ。ラーメン屋でのEP、警官AとのEP、お母さんのEPとかね。僕は原作の漫画を知らないから余計に良かったのかもしれない。最初から最後まですんなり!と入っていけましたもん。人間の頭が寄生獣に変化するところなんかは結構好き(笑)←ちなみにお分かりでしょうがこの作品もなかなかグロいです(笑)なんてったって人間(の姿をした寄生獣)が人間を食べるんですから。もうね、とにかく音がスゴい。グッチャグッチャ、グッチャグッチャ肉の音がね。それでね、もう当分肉なんかいいやって気に・・・はならず観賞後は焼肉弁当でした(笑)←今思い出した!

タケヤの絶対的偏見評価 8/10(10点中8点!)

コメント (8)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 菅原文太さん | トップ | エージェント・ライアン »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2014-12-11 11:49:39
私も原作は知らないで見たので比較することもなく見られたのは良かったと思います。
ミギーの声の阿部サダヲさん良かったですね。
見た目はアレですがだんだん可愛く思えてきました 笑
yukarinさん (タケヤ)
2014-12-14 20:17:26
原作知らない方が楽しめる
と僕は勝手に思ってマス(笑)

阿部さんはホント良かったです。
むっちゃ適役でしたね。

ミギーの見た目はアレ・・・(笑)確かにフツーに
見たらキモイですよね。

早く完結編が観たいです。
Unknown (ふじき78)
2014-12-27 23:56:00
そうですねえ。
私は原作、読んでたからちょっと抵抗のある差もありますね。後半もまだあるから、今は原作読まない方が楽しめると思うのですが、岩明仁先生のマンガはどれも面白いので他のを読むといいですよ。
ふじきさん (タケヤ)
2015-01-04 21:54:42
あけましておめでとうございます。
コメント年越ししてしまってホント
申し訳ないです。

今年も宜しくお願い致します。

マンガはこの前チラッと読みました。
結構シブいタッチでしたね。
イメージと全然違いました。

またゆっくり読んでみますよ~。
こんばんは! (ヒロ之)
2015-04-25 02:23:25
レンタル開始前にまさかのTV放映。
ということで久しぶりに地上波での鑑賞になりましたが、原作読んでなくても分かりやすいストーリーでした。
あと、キャスティングも良かったと思います。
VFX部分に関しては天下の山崎監督なので、その辺不安を持つ心配もナッシングでしたね。
後編、ていうか続きが凄く気になります。
ヒロ之さん (タケヤ)
2015-04-25 06:52:08
僕もこの作品はかなり面白かったし
完結編の前売りも買っちゃってるので
また観てしまいました(笑)

でもカットされすぎで作品の面白さ半減で超!
残念でした。。。
あんなにカットしちゃあイカンでしょう!
もう今の日本ではテレビではグロエロは
全然ダメなんですね。

なら放映しなきゃいいのに。。。
こんにちは (maki)
2015-05-06 08:48:07
原作知らない方が純粋に楽しめるのかもですね~

私は原作ファンの原作スキーだったので(当然コミックスを当時集めてたし愛蔵版ももっている)なんじゃこりゃああああ!な部分が目立って目立って仕方なかったです
原作は数ある漫画の中でも突出した傑作漫画ですよね。
makiさん (タケヤ)
2015-05-07 06:02:47
makiさんは"原作こよなく愛する派"なんですね。
でも思い入れが強いと"アラ"ばかり見てしまうかも?
そのお気持ちすっごく分かります。

(人それぞれのイメージや思いがありますから)

原作はそんなに面白いですか?
一度読んでみますね~。

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

寄生獣 (Akira's VOICE)
面白いが、性急で勿体ない。  
劇場鑑賞「寄生獣」 (日々“是”精進! ver.F)
この種を、食い殺せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411290001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】キネマ旬報 2014年 12/1号 [雑誌]価格:918円(税込、送料込) 【寄生獣 ミギーのぬいぐるみマスコット ...
寄生獣 (Break Time)
今朝は、朝から雨模様で・・・
寄生獣 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(F) 染谷くんは映画の中で毎回逞しく成長していく。
「寄生獣」人間と融合した先で知った人間感情と誰かを守るための防衛本能と共存できると知ったパラサイト同士の弱肉強食の戦い (オールマイティにコメンテート)
「寄生獣」は岩明均原作の寄生獣を映画化した作品でパラサイトが人間の脳を乗っ取り人を食う事件が頻発し、その中で脳を乗っ取られず右手にパラサイトが寄生した青年がパラサイト ...
寄生獣 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、『永遠の0』などの山崎貴。主演...
映画「寄生獣」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『寄生獣』 (公式)を先日、試写会にて鑑賞。なお、原作も関連書籍は未読、テレビアニメも未見。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー ある晩、海辺に“パラサイト”と言う小さな...
寄生獣 (花ごよみ)
岩明均のコミックを 山崎貴監督が実写映画化。 2部作の前編です。 試写会で見ました。 主演は染谷将太。 深津絵里、橋本愛、東出昌大らが共演。 人間の脳を乗っ取り寄生し、 宿主に擬態。 そして他の人間を食う生物パラサイト。 脳を奪うことに失敗したその中の1匹の...
寄生獣 前編 (単館系)
寄生獣 ユナイテッド・シネマ浦和 11/29公開 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に 擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。 そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一(染谷将太)に寄生するが、脳を乗っ取ることが ...
『寄生獣』 (こねたみっくす)
一心同体なのに二人三脚。 あの伝説のコミック「寄生獣」がついに映画化された!ニューライン・シネマでも映画化出来なかった作品を山崎貴監督がついに実写化した!もうこの興奮 ...
「寄生獣」☆漫画実写化の成功例 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
漫画原作を実写化すると、「まあまあ」とかは存在せず、「超いい♪!」か「駄作」のどちらかになってしまうのが常。 この映画は、その中でも歴史に残るよい出来栄えなんじゃないかな。
『寄生獣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「寄生獣」□監督 山崎 貴□脚本 古沢良太、山崎 貴□原作 岩明 均□キャスト 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本 愛、東出昌大 ■鑑賞日 11月29日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆...
寄生獣 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/11/29公開 日本 PG12 109分監督:山崎貴出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、 豊原功補、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信 日常は、ある日とつぜん、食べられた。 岩明均原作の人気コミックを映画化したSFサスペンス。人間....
寄生獣  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  深津 絵里  阿部サダヲ(ミギー:声)  橋本 愛 【ストーリー】 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一に寄生す....
寄生獣 (映画的・絵画的・音楽的)
 『寄生獣』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)2部作の前半に過ぎないということで躊躇しましたが、まずは見てみようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公・新一(染谷将太)は、母親(余貴美子)の女手一つで育てられてきた高校生。  ある日、彼の...
「寄生獣」 対照的な二人 (はらやんの映画徒然草)
前日に「神さまの言うとおり」を観てしまったため、ちょっと既視感があったなあ。 最
『寄生獣』を109シネマズ木場3で観て、咀嚼しきれない感ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★殊更に悪い訳ではないのだが、何か一つマンガのように親身になれない】    なんでっすかねー、と答が出てないのだが、 普通に考えて上出来に近い筈なんだ ...
寄生獣 (銀幕大帝α)
2014年 日本 109分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2014/11/29) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: BUMP OF CHICKEN『パレード』 VFX: 山崎貴 出演: 染谷将太:泉新一 深津絵里:田宮良子 阿部サダヲ...
寄生獣 (あーうぃ だにぇっと)
寄生獣@有楽町朝日ホール
今、寄生虫なんだ  (もののはじめblog)
           【今、帰省中なんだ】 と 送ったつもりが誤変換 。  只今、「寄生獣」公開中
寄生獣 (いやいやえん)
【概略】 普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。 SF 原作は言わずと知れた漫画界の傑作。私も持ってて集めてましたもん。深いメッセージ性と心理...