タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

犬はいないけど(多分)アートな「犬島」に行ってきたよ!(前編)

2018年03月06日 | 中国【街旅食】を楽しむ!
暖かい陽気(16℃)となった4日の日曜日
初めての「犬島」に行ってきました。

古くから銅の製錬業と採石業などで隆盛をきわめてきた歴史が
あるとの事で独特の雰囲気がある島です。


ちなみに犬島は岡山市唯一の「有人島」で東区に位置します。
ぶっちゃけこんな近くにこんなアートなスポットがあるなんて
いつもの如くつれあいが行こうと言わなきゃ
分からなかったよ(笑)


家から30数キロ。
宝伝港というところから犬島に渡ります。(約10分)
僕らは11時出航の船に乗りました。

意外と人が乗ってますねえ。ほおお~。


ですぐに着いた(笑)


港からすぐ左手(東側)に見える
この建物が「チケットセンター」です。
ここで「犬島精錬所美術館」に入館する為のチケットを買います。


で、海沿いを歩いていく。 うーーーん、気持ちいい!!!


海側を見渡すとこんな景色。石を切り出して並べているんですね。
うーーーん、とってもアート(笑)


まだ入口ではありませんが美術館のふもとに到着!


古びた煉瓦が敷き詰められているのですが・・・


近づいてみるとこんなカンジ。



ちなみに美術館内は写真撮影が禁止という事で
残念ながら写真はありません。

色んなモノを見る事ができるというワケでは
ありませんが・・・ここへ来たら行った方がいい!

なんかね、衝撃なアート作品(空間)に圧倒されましたよ。
ナビゲーターの女性もいてね、ちょっとテーマパーク的な
カンジもあるし。

土日はね、最後におばあちゃんの説教話付き(笑)
(えっ何それ?)という人は行ってみてちょうだい!
行けば分かるから(笑)




でいきなりですが美術館を出た後の景色。
ここ犬島のシンボル的な煙突デス。
煙突の周りに見えるのが美術館なのであります。


海側の景色。

で順路に沿ってこの階段を上っていく。。。

新しい煙突(崩れかけ)が見えてきた!

このインパクト大!な煙突に近づいてみます。

いつ崩れてもおかしくないこの煙突。
よく見ると途中半分から折れ曲がっているしね(笑)

数年後に来たら(もう無いかもしれない)と思うと
ちょっとだけ感傷的な気持ちになります。

あと、なぜかね、この写真を見ると
「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」を思い出す(笑)
なんとなく分かるかな~?この感覚。




とこんなあんなで思った以上に景色に圧倒されてしまった
アートな「犬島」ですがこんなところでは全く終わりません(笑)

けれど・・・

これ以上書く気力はありませんので後半に"つづく"
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
« ブラックパンサー(2D 日... | トップ | ゴースト・イン・ザ・シェル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国【街旅食】を楽しむ!」カテゴリの最新記事