タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ファミリー・ツリー

2013年05月26日 | 映画他レビュー
【あらすじ】
マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボートの事故に遭い、そのまま昏睡状態となってしまう。それをきっかけに、妻が彼と離婚するつもりだったことや、そのことを長女(シャイリーン・ウッドリー)だけでなく友人たちも知っていたことが判明しショックを受ける。(シネマトゥデイより)



妻が生死を彷徨う状態となって初めて知るたくさんの(知らなかった)真実。案外、よくある話かもしれません。マットも職業は弁護士。多忙な毎日を送っていたと思う。もちろん彼にとって家族をないがしろにしてきたつもりはない。でも家族の思いは違っていた。。。


 結構、内容は重いです。妻は事故による昏睡状態でいつ死んでもおかしくない。しかもその妻は浮気をしていた。。。また浮気の事実はマット以外の者達は以前から知っていたという。。。文章にするとどーーーーんと重い内容ですが実際に観賞するとそこまで重さを感じません。多分それはハワイが舞台という事でずっと陽気なハワイアン・ミュージックがバックで流れている事、マットを演じるジョージ・クルーニーの落ち着きながらもどこか息の抜けた雰囲気のある演技による所が大きいかなと。


 また、このストーリーには伏線があります。マットは先祖から譲り受けたカウアイ島の広大な土地を売ることにより弁護士を辞めて悠々自適な生活を妻と送ろうとしていた事がそうです。でも実際のところ、妻の思いは違っていたし、妻が亡くなろうとしている事により娘達との絆を深めていくワケで。。。人生ってこういうものかもしれません。矛盾なんだけれど失いたくないものを失う事により、(また別の)失われそうになっていた大切なものに気付く、あるいは取り戻していく。大きな抑揚のある作品ではありませんがそういった事を考えながら(もし自分だったら・・・)と思わせる佳作でありました。

ファミリー・ツリー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


映画『ファミリー・ツリー』 - オリジナル予告編 (日本語字幕)

コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 「陽だまりの彼女」 越谷オサム | トップ | 「Magic of Love」 Perfume »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daisuki-johnny)
2013-05-27 20:37:36
重い内容でしたね、一人ひとりの
思いに切なくて涙がでました。
でも、ハワイのゆるやかな感じの音楽と
徐々に娘達と父親が心が繋がっていくところが
良かったです。
ラストシーンが好きです♪

daisuki-johnny様 (タケヤ)
2013-05-27 22:11:11
ラストシーン良かったですね。

あれは動画で観ないと良さが
わかんないですよね(笑)

重い作品ではありましたけれど
僕は好きな部類です。

根本的な救いの無い暗さでは
ないからかな?
Unknown (cyaz)
2013-05-27 22:33:15
タケヤさん、こんばんは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m

大きな変化がなかった映画でしたが、
二人の娘役、長女・アレクサンドラを演じた
シャイリーン・ウッドリーと次女・スコッティを
演じたアマラ・ミラーが印象的な映画でした^^
cyaz様 (タケヤ)
2013-05-28 06:20:07
確かに抑揚という部分では
変化はなかったかもしれませんね。

僕は長女の方が印象強いですね。
歳が近くなってきた娘がいるせいかも
しれません(笑)

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

『ファミリー・ツリー』 ささいな違いが大違い (映画のブログ)
 『マイレージ、マイライフ』と同様なことが、またしても起きている。  『マイレージ、マイライフ』の公開に際して興味深いと思ったのは、日米のポスターの違いだった。  日本のポスターは、主要な登場...
ファミリー・ツリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファミリー・ツリー』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作は、『スーパー・チューズデー』で監督・出演したばかりのジョージ・クルーニーの主演作であり、かつアカデミー賞の5部門にノミネートもされましたから、期待して見に出かけたのですが、残念ながら思...
『ファミリー・ツリー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ファミリー・ツリー」 □監督・脚本 アレクサンダー・ペイン □脚本 ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ □原作 カウイ・ハート・ヘミングス □キャスト ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、    ...
映画「ファミリー・ツリー」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ファミリー・ツリー』(公式)を本日のTOHOシネマズデーに劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 弁護士の仕事に明け暮れ...
映画:ファミリー・ツリーThe Descendants ハワイの偉大な「癒しパワー」にひたすらひれ伏す。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
クルーニー演じる主人公が冒頭でぼやく。 「ハワイ暮らしはパラダイスだろうって、皆言うけど」と。 確かに展開されるプロットは、「死」「相続」「不倫」「家族不和」etc...憂鬱なものばかり。 「人生そういうもんだよね」と自分を納得させつつ、物語が進んでいく。 ...
ファミリー・ツリー 家族の絆の脆さと強さ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=21 -1-】 金環日食、雨にならなくて良かったね~見れたね~すごかったね~俺たちってもう次がないもんね~!(泣) しかしスマフォでは上手く撮影は出来ないよ~。 で、この映画、試写会当たったのに仕事で行けなくて、妻と次女が行ってきたが感想がちょっと微妙やっ...
『ファミリー・ツリー』 ここほど過酷な世界はない・・・ (コナのシネマ・ホリデー)
“末裔たち”という名の原題通り、カメハメハ大王の末裔を演じたG・クルーニー。人生最大の過酷な事態にダサ男ぶりを発揮。笑って泣ける感動の物語。A・ペイン監督は、今年のカンヌ国際映画祭の審査員。
ファミリー・ツリー  (♪HAVE A NICE DAY♪)
いや~良かったわぁ~ 重い内容だけど・・・ 前半・・・・。ゆったりとした音楽と疲れのせいか・・・ 久々、睡魔との戦い!をして少し負けた! ネタバレしてます マット(ジョージ・クルーニー)はボートの事故で妻が昏睡状態になってしまう・・・。 妻の希望も...
「ファミリー・ツリー」 雨降って地固まる (はらやんの映画徒然草)
主人公マット(ジョージ・クルーニー)はハワイ在住の不動産専門の弁護士です。 妻、
[映画『ファミリー・ツリー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまた面白い。  私、今年はジョージ・クルーニーに魅かれっぱなしになっちゃうのかな?    ◇  仕事一筋に生きてきた弁護士のマットが、妻のボート事故による脳死状態を前にし、家族について真摯に考えなくてはならなくなる。  目の前には、反抗期の長女、...