タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ヘアスプレー(2007)

2018年08月20日 | 映画他レビュー
監督:アダム・シャンクマン  出演:ジョン・トラヴォルタ、ニッキー・ブロンスキー、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、クイーン・ラティファ、ザック・エフロン、ブリタニー・スノウ、アマンダ・バインズ、ジェームズ・マースデン、イライジャ・ケリー、アリソン・ジャネイ、ジェリー・スティラー、ポール・ドゥーリイ、ジョン・ウォーターズ

【解説】
ジョン・ウォーターズの同名カルトムービーを基にした大ヒット・ミュージカルを映画化。人種差別が残る60年代のボルチモアを舞台に、外見を気にしないビッグサイズのヒロイン、トレーシーが活躍する。監督は『ウェディング・プランナー』のアダム・シャンクマン。ヒロインの母親役で大胆な女装姿を披露するジョン・トラヴォルタを始め、新旧豪華キャストの歌とダンス、さらには60年代を再現したレトロでキュートなファッションなどが見どころだ。 (シネマトゥデイより)

【あらすじ】
おしゃれとダンスに夢中な女子高生トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)の夢は、人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになること。ある日、番組のオーディションが開催されると知ったトレーシーは、自分と同じく大柄な母親エドナ(ジョン・トラヴォルタ)の反対を押し切り、オーディションに参加する。 (シネマトゥデイより)


 可愛いオデブちゃん高校生が主役かと思いきや、なんとジョン・トラボルタママが主役とは!!!観るまで内容は全く知らなかったがひと目見た瞬間、(トラボルタ、何しとるん・・・)と(笑) なぜこんな配役になったのだろうか?まあタイトルからコメディ作品だろうとは予想が付いたがまさかトラボルタが女装してるとは夢にも思わなかったからさ!そういう点ではインパクトは抜群だよね!でもストーリーはそんなに心に刺さんなかった。。。いい流れのストーリーだと思うよ。"人種差別はいけない!"とか"人はみな平等"みたいなね。最後はみんなで一緒の舞台でワァァってさ。時代設定も60年代でちょうど公民権運動が盛んな頃だし。でもそれは僕の中では違う作品で観たい問題提起なのかも?って感じた。ミシェルはとっても魅力的でしたけどね!

タケヤの絶対的偏見評価 5/10(10点中5点!)

ヘアスプレー(2枚組) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« バンダイ ビークルモデル013... | トップ | レディ・プレイヤー1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事