タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

2015年11月23日 | 映画他レビュー
監督:ジョージ・ルーカス 出演:ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクディアミッド、サミュエル・L・ジャクソン、ジミー・スミッツ、クリストファー・リー、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー、テムエラ・モリソン、アーメッド・ベスト、ピーター・メイヒュー、ブルース・スペンス、サイラス・カーソン、デヴィッド・バワーズ、マット・ローワン、グレーム・ブランデル、トリシャ・ノーブル、クローディア・カーヴァン、キー・チャン、ジェームズ・アール・ジョーンズ、フランク・オズ

【解説】
シスの暗黒卿ダース・ベイダー誕生の秘密が明かされるシリーズ完結編。アナキン役のヘイデン・クリステンセンをはじめ、『クローサー』でゴールデン・グローブ賞を受賞したナタリー・ポートマンのほかユアン・マクレガー、サミュエル・L.ジャクソン、クリストファー・リーなど前作の豪華キャストが集結。映画史上最大の2100カットというデジタル処理は超絶な映像美を作り出した。アナキンとオビ=ワンの最終決戦シーンは映画史に残る迫力。 (シネマトゥデイより)

【あらすじ】
クローン大戦が勃発し、アナキン(ヘイデン・クリステンセン)とアミダラ(ナタリー・ポートマン)の秘密の結婚から3年後、分離主義者の勢力はますます拡大。共和国側は窮地に追いこまれていた。アナキンはシス卿のダース・ティラヌス(クリストファー・リー)を死闘の末に倒すが……。(シネマトゥデイより)


A long time ago, in a galaxy far, far away

 EP4はSWファンなら誰もが思い入れの強い作品。本作はそこに着地させなければならない重要な位置を占める作品なんですよね。下手をしたら最悪の作品になってもおかしくない。でもそうさせないところがルーカス監督のすごさなんです!また善の心を持った人が如何にして邪悪に染まるか?をアナキン・スカイウォーカーという人物を通して非常に巧みに描かれているのも本作の醍醐味です。

  
 ぶっちゃけ新3部作の中で公開前に一番楽しみにしていた作品です。冒頭からいきなり3D感がハンパないオビワンとアナキンのジェダイ・ファイターの追跡シーン。リパブリックスター・デストロイヤーの周りを(2機が同じ動きで)ぐるんぐるん飛行していく様は感涙ものでした。このシーンだけで100回は観たな(笑)CGは今観ると少し劣るけど魅せ方は最高に上手いシーンのひとつです。

  
 そしてアナキンがヴェイダーとなるまでの人間ドラマがね、また好きなんですわ。パルパティーンが巧みな洗脳で少しづつ少しづつアナキンをダークサイドに誘っていく様がね。「君程の才能のある者が認められないとは」「ジェダイは人を死から救えない」こういったシス卿の言動に乗せられた若きスカイウォーカーは自身を過信していく事に・・・「なぜ僕が認められないんだ!」ってね。(若くて才能のある人間が陥りやすい落とし穴だよね、これって。)

  
 とうとうジェダイであるメイス・ウィンドゥの殺害に加担しヴェイダーとなったアナキン。ここからずーーっとクライマックス(笑)オーダー66の発令とはよく考えたものだよね。パルパティーンの両手の内で誰もが踊らされてたんだから。この辺も物語の進み方がすごく巧みでさ。独裁者が如何にして帝国を作り上げていくか?ほとんどの人達は心の底から平和を望んでいる。でもその人々が心に持つ正義を巧みに操作して世界を色濃く染めていくんだ。悪の世界へとね。(この作品はいつもそんな事を考えながら観てる。へー、ほーってね(笑))

  
 でアナキンがダークサイドに落ちた後のラストでもっとも盛り上がりを魅せるのは惑星ムスタファーでのオビワンとアナキンの19分にも渡るライトセーバーでの戦い。これも100回は観たな(笑)(当たり前か!)元々二人は師弟同士だから戦い方がほとんど同じなんだ。ライトセイバーの振り方、フォースの使い時、攻撃の仕方とね。だからお互いになかなか致命傷が与えられない。でもね、誰もが知るように最後の最後にはオビワンが勝ってアナキンに致命傷を与える。戦いの決着後の言葉は・・・相当に胸をえぐったよなあ。「選ばれし者だった!」「弟だと思ってた」オビワンが溢れる想いを吐き出していたよね。。。その後、アナキンは皇帝に助けられ本当のダース・ヴェイダーとなり、ルークとレイアの二人を産んだパドメは生きる気力を無くし死んでいく・・・。

 この作品もね、ホント感無量だった。。。当時はこれが最期のSWだと思っていたから。まさかEP7が作られるなんて思いもよらなかったよね。そういう点では健康で毎日を生きるって大切かな(笑)新しい作品がどんな方向性となるのか全然わからないけれど・・・また一つのお気に入りの作品に加えられたら・・・それはホント最高だと思う。公開まであと1ヵ月弱。何回も言うけれどすっげぇ楽しみです! 

タケヤの絶対的偏見評価 10/10(10点中10点!)

スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 岡山市中央卸売市場でぶらぶ... | トップ | スター・ウォーズ エピソー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daisuki-johnny)
2015-11-26 22:29:52
まだまだだ・・・と思っていたのに
もう直ぐ12月・・・早い~~!

このエピソード3は最高でしたね~
オビワンの「選ばれし者だったのに・・・」には
私も泣けました。。。

タケヤさん、着々とSWの日に準備整えてますね♪
タケヤさんのレヴューも今から楽しみです♪
daisuki-johnnyさん (タケヤ)
2015-11-29 06:47:46
早いですね~
もう明後日から12月。。。(笑)
楽しみでたまりません!

この最後のやりとり(アナキンが大分イッてますよね。)
と戦いがホントにググッときますよね。

毎日SWで頭がいっぱいです(笑)

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事