タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2D 日本語吹替え版)

2018年12月24日 | 映画他レビュー
監督:デヴィッド・イェーツ  出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラヴィッツ、カラム・ターナー、クローディア・キム、ウィリアム・ナディラム、ケヴィン・ガスリー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ

【解説】
『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手掛け、エディ・レッドメイン演じる魔法動物学者を主人公にしたファンタジーシリーズの第2弾。パリの魔法界にやって来たニュート・スキャマンダーたちの戦いが展開する。敵役のジョニー・デップ、若き日のダンブルドア役のジュード・ロウらが共演。監督は、前作に引き続きデヴィッド・イェーツが務める。新たに登場する魔法動物も活躍。 (シネマトゥデイより)

【あらすじ】
ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、学者として魔法動物を守るため、不思議な空間が広がるトランクを手に世界中を旅している。ある日、捕まっていた“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃亡する。ニュートは、人間界を転覆させようと画策するグリンデルバルドを追い、魔法動物たちと一緒にパリの魔法界へ向かう。 (シネマトゥデイより)


 22日、ニフラーが大好きなつれあいと長男の3人で鑑賞。まあ確かに可愛い。ちなみに彼、今作ではとても重要な役割を果たします。それは映画を観てからのお楽しみという事で・・・(^^ 

前作より全然面白かった!やっぱコアなファンじゃなくともダンブルドアやホグワーツのあの光景が現れると(おおっ!)と誰もが思うはず。予想通り少しずつ「ハリー・ポッター」の世界に近づいていますよね~(と言いながらも100%理解してませんけど(笑))ナギニがあんな美女だった事にも驚いたし、リタの「レストレンジ」姓も気になった。(え、あの人に関係あるの)的なね。まあ前作に引き続き(出し惜しみ)感はまだまだあるけど、ようやく面白みを増してきて次回作が気になってきたところです。けど登場人物は多いよね~。予習復習は必須の作品ですな。

タケヤの絶対的偏見評価 7/10(10点中7点!)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 傷だらけの悪魔 | トップ | 銀魂 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (maki)
2019-01-02 11:57:05
あけおめです!
今年年末は弟一家がボイラー壊れて避難してきて、
8人家族で過ごしていたので子供たちが絡んできて映画がほぼ見れない状態に…。
ボイラー修理するまでうちにいることになるので
叔母(私)さんは大変です;

本作の映画もお嫁さんと子供たちが観たいみたい言っていたのですが、私はレンタルでいいや…と^;
復習が大変なんですよねえ、どこかでまとめられてあったらよいのだけれど。

とはいえ、昨年に続き
今年も宜しくお願い致します。
makiさん (タケヤ)
2019-01-03 07:24:03
あけましておめでとうございます。

大人数は楽しくていいですよ(^^
映画も大事ですけど健康ならばいつでも
再開できますから。

我が家も皆復習をしてましたが僕はそれを
怠ったのですが結構楽しめました。
それは今作が単品としても立っているから
じゃないかな?

なんにせよ今年も宜しくお願い致します。

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事