タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

2019 初めての沖縄はこんなにスゴかった!(2日目)

2019年11月03日 | 九州【旅街食】を楽しむ!
1日目はなんだかんだで疲れて
10時前には就寝したんじゃないかな?
(初めての土地での運転ですしね。)

2日目の朝はいつものように早朝起床(笑)
ホテルの朝食バイキングを食べてから
歩いて「美ら海水族館」へ。



水族館は8時半に開館となりますので
8時15分にホテルを出れば25分には
もうゲート待ちです(笑)

さすがに朝一番はお客さんも少ない!


こんなひとっ気一人いない写真も撮れちゃいます。


スタッフさんが掃除とかをしているみたいです。


ニョキニョキさん。なんだっけ?


これ、スゴーーーーーーい。
ホテルの部屋に飾られていた「ジンベエザメ」には
何も感じていませんでしたが・・・実物スゲー!

水槽デカいし、ジンベイ君もハンパないデカさ。
ここのゾーンね、足が止まっちゃって動けない。

それぐらいの魅力があります。
ジンベイ君にこんなにハマると思わんかった。。。





  



ちなみにこの水槽、上から見ることができます。
上から見ると施設スタッフになった気分(笑)
写真は上から見たジンベイ君。


この大きな水槽の素材であるアクリルは
60センチも厚みがあるんだって!




エサを食べるために"立った"状態のジンベイ君。
海水ごと飲み込んで海水だけ後で排出するみたい。

  





海岸側から見た水族館。

朝の水族館滞在は1時間半ぐらいだったかな?
また今日も近場で宿泊するので
再入場スタンプを手に押してもらって(笑)

ホテルに帰ってチェックアウトしたらいざ出陣!
少し北へ向かった「備瀬のフクギ並木」へ。

ここではどこのお店に入るワケでもなく
(レンタサイクルも借りず)
二人でひたすら歩きました。
その方がオナカも減るし、運動になっていいんだよねえ(笑)












本日宿泊予定のホテルが見えます。

  





本部からは伊江島が見えるんだけど
これがなんか絵になるというか・・・いいんだよなあ。
このフクギ並木からもボーーーっと眺めてました。

で少し汗ばんだところで「古宇利島」に向かいます。
「古宇利大橋」に近づくにつれ空はだんだん真っ青に。
最高の"沖縄日和"が到来です。




着いた!
ここでチケットを購入し、カートで
「古宇利オーシャンタワー」を登っていきます。
(ここも駐車場はタダ!)




景色サイコー!


この幸せの鐘を鳴らそうとしましたが
あちらの方々で溢れていたので
(人がいない瞬間の)写真で諦めました(笑)

で12時も超えたところでお昼ご飯!

レンタカーの運転なのでノンアルコールで乾杯です。
(写真的にはすっげービールっぽいよね。)
タワービールというらしいです。


でも美味しい。。。






写真は牛肉料理とエビ料理!ヤバかったなあ、この旨さ。

   


でこの後 ”嵐のCM” で有名になったという
「ハートロック」を見に行きました。






これです!
ハートかどうかは別として確かに映える!

ちなみにこちらの駐車場も(僕らが止めた所は)タダです。

もひとつ、ちなみに写真ではなんとか"映え"るように
撮りましたがスッゲー人だかりでした。
とにかく色んな人種が混じってスゴイ。
ただただ・・・そんな感じでしたね(笑)

でいい時間になってきたので本日のホテルに向かいます。
この2日目のホテルはとにかくすごかった。
現時点の人生で一番贅沢なホテルじゃなかったかな?

その名も
「ホテル オリオンモトブリゾート&スパ」

ホテル玄関に車をつけた時、女性に名前を
伝えると「●●の●●様ですね。」と。
(すげーー、プラン名とお客様の名前を憶えてんだ。。。)

そして素敵なコンシェルジュの女性に
ホテルの説明を受けます。

ウェルカムデザートがありますよ。
夜はおつまみとアルコール類を無料で提供します。
ルーム内のドリンク類は
すべて飲んでもらって結構ですと。(すんげえ!)

世の中のお金持ちはこういう事ばかりしているのか(笑)




これが宿泊するお部屋でーーす!

 


さっそくウェルカムデザートを食べに行きます。
(15:00~17:00)








ウェルカム~ってレベルじゃないだろ!
(お腹は一杯のはずなのに美味しいです。。。)

で夕方はまた美ら海水族館に散歩がてら出掛けました。
手にね、再入場スタンプを押してあったから(笑)
で御土産売場でガチャガチャに燃えました!!!

それからのんびりとホテルに帰ってくると・・・

今度はバータイムです。
(18:00~19:30)

おつまみって書いたけど、案内を見たら
"アペタイザー"って書いてある。ナニソレ???






これです。確かに見るだけでもおつまみレベルではない。

素材がわからない時点で庶民の悲しさを感じるが
お金持ちが食べる素晴らしいものだというのは
魂が感じてくれたのでそれで良しとしよう(笑)

この後、ビールのおかわりと泡盛の古酒をそれぞれ2杯いただき
予約をしていたホテル内の居酒屋で2杯ほど飲みました。

その後、つれあいはソッコーで寝てしまいましたが僕はなぜか
目が冴えて眠れず、ダウンタウンのチョイ飲み番組を見ながら・・・
素晴らしいお部屋で一人飲みを2時間ほどしてました。。。

3日目につづく。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019 初めての沖縄はこんな... | トップ | 2019 初めての沖縄はこんな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

九州【旅街食】を楽しむ!」カテゴリの最新記事