タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

キングスマン:ゴールデン・サークル

2018年08月17日 | 映画他レビュー
監督:マシュー・ヴォーン 出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ハル・ベリー、ジェフ・ブリッジス、ペドロ・パスカル、エドワード・ホルクロフト、ソフィー・クックソン、エルトン・ジョン、チャニング・テイタム、ハンナ・アルストロム、ポッピー・デルヴィーニュ、ブルース・グリーンウッド、エミリー・ワトソン、マイケル・ガンボン、ビヨーン・グラナート、キース・アレン、サマンサ・ウォーマック

【解説】
コリン・ファースが粋なスパイを演じてヒットした『キングスマン』の続編。スパイ組織「キングスマン」の本拠地が壊滅状態に陥る中、敵を追ってアメリカに渡るスパイの奮闘を描く。マシュー・ヴォーン監督、タロン・エガートンやマーク・ストロングらが続投し、新たにハル・ベリーやチャニング・テイタムらが参加。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織「キングスマン」の根城がつぶされてしまう。残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエグジー(タロン・エガートン)と、教官でありメカ担当のマーリン(マーク・ストロング)だけだった。二人は敵を追い、同盟組織の「ステイツマン」の協力を求めてアメリカへ渡る。(シネマトゥデイより)


これやっば、面白いじゃん!と思った初作からの続編。主役はハリーからゲイリーに・・・と思いきや、生きてんじゃん!!ハリー!あの死に方でどうやって生き返ったのか不思議だったけどその理由を聞かされても全然納得できず。これってSFだったっけ?(笑)←まあ道具はSFだけど...

 今作でもエグいシーンはそれなりに有。けど人間ミンチや機械犬のガブガブ人体真っ二つ!は案外キライじゃない(笑)エルトン・ジョンもいいキャラだったしね~。でもラストがイカンわ。なーんか呆気ないっていうかさ。え、あのポピーが素直に吐くんだ?みたいなところも含めてすんなりと行き過ぎ感満載。もう少しハリーとゲイリーが苦戦しないとね。まあ次回作に期待という事で。。。

タケヤの絶対的偏見評価 8/10(10点中8点!)

キングスマン:ゴールデン・サークル 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 北海道に初上陸してきたよ!... | トップ | 亜人 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2018-09-04 14:30:51
コリン・ファース復活がドラえもんがポケットから出しそうなミラクル・アイテムなのが驚きました。
ふじきさん (タケヤ)
2018-09-05 16:54:09
あれはマジびっくり。
これはSFか?というカンジです。

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事