タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

2019年09月03日 | 映画他レビュー
監督:クリストファー・マッカリー 出演:トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、ヴィング・レイムス、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセット、ヴァネッサ・カービー、ミシェル・モナハン、アレック・ボールドウィン、ウェス・ベントリー、フレデリック・シュミット、リャン・ヤン、クリストッフェル・ヨーネル

【解説】イーサン・ハント率いるスパイチームの活躍を描いた人気シリーズの第6弾。複数のプルトニウムを盗んだ犯人をイーサンたちが追う。前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に続いてクリストファー・マッカリーがメガホンを取り、トム・クルーズ、サイモン・ペッグらおなじみの面々が結集。飛行するヘリコプターにしがみついたり、ビルからビルへ跳躍したりするなど、トム渾身のスタントが今作でも見られる。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】盗まれたプルトニウムを用いて、三つの都市を標的にした同時核爆発の計画が進められていることが判明する。核爆発阻止のミッションを下されたイーサン・ハント(トム・クルーズ)率いるIMFチームは、犯人の手掛かりが名前だけという困難を強いられる。タイムリミットが刻一刻と迫る中、イーサンの行動に不信感を抱くCIAが放った敏腕エージェントのウォーカー(ヘンリー・カヴィル)が現れる。(シネマトゥデイより)


 2か月前に鑑賞した本作品。何がスゴいかって言えば新作が出る度に度肝を抜かれ、(もうこれ以上の面白い作品にはならないだろう。)という思いをいい意味で毎回裏切ってくれるところだよね。大体同じシリーズで5作も6作も製作すれば通常はいい加減飽きてくるのが普通。(そうならないのは)トムによるところが大きいんじゃないかな?MIシリーズは彼の(前作よりも更に面白くしたい!)という思いがひしひしと伝わってくるのです。ただね、やはりボーっとは観ていられない作品。2か月すると大筋を憶えていても大半は忘れてしまう。。。そういった点で評価7点なのです。。。←それは君の記憶力のせいだろう(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 7/10(10点中7点!)






コメント   この記事についてブログを書く
« グリンチ(2018) | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事