タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

県庁おもてなし課

2013年11月11日 | 映画他レビュー
監督:三宅喜重 出演:錦戸亮、堀北真希、関めぐみ、甲本雅裕、松尾諭、高良健吾、船越英一郎

【解説】
「図書館戦争」などで人気の有川浩の小説を、『阪急電車 片道15分の奇跡』の三宅喜重監督と脚本家・岡田惠和の再タッグで映画化。高知県庁に実在する「おもてなし課」を舞台に、職員たちが高知の観光振興のためひた走る姿を描く。主演は関ジャニ∞の錦戸亮、彼と一緒に数々の難題に立ち向かうヒロインにはNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の堀北真希。共演には高良健吾、関めぐみに加えて、ベテラン船越英一郎らがそろう。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
観光の促進を円滑にするために高知県庁は「おもてなし課」を設立。若手職員・掛水(錦戸亮)を中心としたメンバーたちが何をすべきかわからず困惑していると、地元出身の作家・吉門(高良健吾)から役所気質と民間感覚のズレを痛烈に批判される。発奮した掛水は柔軟な発想力を持つアルバイトの多紀(堀北真希)と共に、本当のおもてなしを見つけ出すべく奔走する。(シネマトゥデイより)


 僕が今イチオシの高知観光を題材にした有川浩原作の映画化作品。劇場で観たい観たいと思いながら時間がどうしても合わず・・・。でも今ってソフト化するの早いですもんね。さっそく新作を借りてきて観ましたよ。先週は日帰りだけど高知旅行に行ってきたばかりなのでまさしく我が家では"旬"なお話です。


 主な登場人物はこの7人。物語は至ってシンプルです。高知県庁に開設された"県庁おもてなし課"がいかにして高知県を観光立県にしていくか?というもの。またその過程での紆余曲折(はおおげさか。)を描いた作品です。以前、こちらの小説もレビューしましたがこの映像作品も原作に対して忠実に描かれているなあという印象ですね。ただ小説版では掛水君と多紀チャンのいい関係を描いた"馬路村の描写"が映画の中では完全に省かれていたので少し残念でした。。。



 小説を読んでいるとどうしても頭の中で勝手に描いてしまう人物像が出来上がってしまうのだけれど・・・配役は結構しっくりときていたと思います。頼りなげな錦戸君、しっかりした真希チャン、クールな高良さん、勝気なめぐみさん、そしてこの作品の実質の主人公、清遠を演じる堀越さん、皆、僕にとっては全然違和感はありませんでしたね。その中でもやっぱ堀北真希チャンは本当にカワイイ!清楚な雰囲気が抜群で(ああ、日本の綺麗な女優サンだなあ。)という感じがぷんぷんします(笑)


 物語は最初にお話したようにシンプルですし、大きな見せ場にも欠ける気はします。でも高知に観光に行ってみようかなあという気持ちにさせるには十分な作品です。掛水君と多紀チャンが二人で歩く様々な高知の場面(場所)に訪れてみたいなあと思いましたもんね。この前日帰り旅行した時は日曜市や黒潮ラインには行けなかったもんなあ。。。(そーゆー事に全然興味ないよ!)って思う人には・・・むむむな作品でしょうねえ(苦笑)

小説レビューはコチラ ⇒ 「県庁おもてなし課」 有川浩


※セットのおもてなし課。僕も高知県庁は何度か訪れた事がありますが実際にはもっと人が多くて和気あいあいとしています(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 8/10(10点中8点!)

県庁おもてなし課 Blu-ray コレクターズ・エディション(本編Blu-ray1枚&ビジュアルコメンタリーDVD&特典映像DVD付き3枚組)
東宝


県庁おもてなし課 Blu-ray スタンダード・エディション
東宝


県庁おもてなし課
角川書店(角川グループパブリッシング)


堀北真希|錦戸亮「県庁おもてなし課」予告


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« タイタニック | トップ | 桂浜にやってきた~日帰り高... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2013-11-12 02:23:56
この作品はまさしくタケヤさんみたいに高知に行った後に観たらリアルタイムで面白いだろうな~。
俺は未だ高知県には一歩たりとも足を踏み入れたことがないけど、今後のために?観たいと思ってます♪
けん様 (タケヤ)
2013-11-12 07:40:50
そうなんです、僕にとっては
ホント旬な作品です(笑)

そちらの北陸からは遠いですもんね。
四国・・・でもけんさんの住んでいる場所に
同じく魚も酒も美味しい地域です。

一度お越し下さいませ。あっ映画も(笑)
よく出来た~ (cyaz)
2013-11-12 08:13:04
タケヤさん、おはようございます^^

原作は映画公開前までに読みたいと思っていたのですが、
間に合いませんでした(汗)
でも、この映画はよく出来た映画だと思いました。
正直、四国には一度も行ったことがないのですが、
四万十川周辺は一度行きたいと思っていました。
もう少し、まとまった時間が出来るようになったら、
かみさんと2人、訪ねてみたいと思います!
cyaz様 (タケヤ)
2013-11-12 22:45:22
もう原作は読まれたんですか?
あちらも素晴しい作品ですよね。

こちらの映画化作品も予想以上に
良かったのですごく満足です。

四国は入られた事ないですか?
(京都のお話は時々拝見しています。)
もう少し足を伸ばして奥様とぜひどうぞ。

情に厚く素晴しい県民性です。
四万十のウナギの白焼きは最高ですよ!
高知&堀北の魅力 (メビウス)
2013-11-13 23:16:02
タケヤさんこんばんわ♪TB有難うございました。

自分は高知県には一度も行ったことが無いだけに、その高知の魅力をドラマ仕立てで紹介してくれる本作はキャスティングの好演などもあってとても見応えがあったと思いますね。
あとタケヤさんも仰ってるように堀北真希の清楚さに自分も胸がトキめいてしまいまして、高知だけじゃなく彼女の魅力も再認識出来た気がしましたw
メビウス様 (タケヤ)
2013-11-16 11:44:10
返信遅くなりましてすみません。
コメントありがとうございます。

この作品は有川センセイのほんわかと
した魅力をよく描いているなあって思います。
高知に行きたくなる人増えるんじゃないかな?

それと・・・
やっぱりメビウスさんも思いますよね。
真希チャンすっごくかわいいです(笑)

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事